2月発売のえちかわ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、学校で風紀委員に所属している男子生徒。
そんな彼は、新入生の女子の校則違反を注意する事になり、ふたりの女生徒と知り合う事に。
その後、ある出来事をきっかけにして、親しくなる内に、何故か後輩相手に性的に誘惑される事になってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

相馬 由佳」(そうま ゆか)
佐藤 こふみ」(さとう)がいます。

由佳は、1年生の女生徒です。
間延びした話し方が特徴的な緩い雰囲気を持っています。
マイペースで細かい事を気にしない所があります。

こふみは、由佳の友人で同じく1年生の女生徒です。
小柄でツインテールが似合うのですが、小柄な体格には見合わない様な立派な胸を持っています。
これまた由佳とは違ったノリの持ち主であり、意外とノリが良い性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公がふたりの後輩と知り合い、親しくなってHな事になっていくって流れですね。
…凄いザックリした表現ですけども(汗)

元々の出会いは、主人公が学校の風紀委員に所属している事から始まる事に。
そこで主人公は、服装チェックで目に付いた女生徒に話しかけたのですが、それが由佳とこふみのふたりだったのです。

まぁ、服装チェックで引っかかっているとは言え、少しスカート丈が短いとかしっかりボタンをしておらず胸が見えるという、不良とまで言わないレベルな可愛いものだったのですが。

そんな所から、ふたりと知り合った訳ですが、この時点では先輩後輩なだけ。
その関係に変化が起こったのは、ある日の出来事がきっかけでした。

その出来事は省きますが、このお互いにとって共通の話題が出来たことから一気にふたりの後輩と親しくなっていったんですね。
それこそ、主人公の家に入り込むくらいになるまで(汗)

これまで女っ気のなかった主人公としては、やはり美少女ふたりが家にいるって状態には落ち着かないものを感じる訳ですが、彼女たちは至ってマイペース。
いつのまにか、由佳には下の名前で呼び捨てにされたり、こふみにはからかわれる様になったりと、大分彼女たちのペースに。
そんな中、後輩らの話は何やらHな方向へと…。

主人公も、結果としてそれに巻き込まれる形で絡んでいく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

最初、タイトルで「小悪魔」って書いてあったので、小悪魔的なヒロインたちに振り回されるって感じのを想像していたんですが、ある意味合っている様な違う様な感じだったかな?
個人的には、あまり小悪魔って感じではなかったんですよね、読んでいて。
何だかんだ素直なんですよね、彼女たちって。

数々の言動にも決してからかうとか悪い感情は、そこには含まれていません。
なので、小悪魔的な感じは薄いんじゃないかなと思いますね。
そもそも、あんなに顔真っ赤になって、行為に耽る彼女たちの姿を見たら、そんな感じは受けませんよね。

そこに挿絵の効果もあって、また見ているこっちが照れちゃう様な恥じらった表情を見せるのが、たまりませんね♪

個人的には、彼女たちが垣間見せる表情、態度にドキッとしましたね。
場面によって、ふたりが女性らしさ、母性というか、大人びた表情を見せるんですね。
それが、普段の賑やかなノリとは全く違った彼女たちの一面を感じさせて、凄いギャップ、印象を与えています。


また、主人公との初体験などの描写は、中々の力の入り様を感じる描写で見応えがありましたね。
初々しいのもあるんですが、妙に読んでて照れちゃうというか、気恥ずかしさ、興奮などが入り混じった感情を植え付けると言うか…。
綺麗なんだけども、それだけではない描写は、珍しさを感じました。

それに加えて、会話のやり取りなんかもリズム良くて、読んでいて小気味良かったです♪

それぞれふたりの初体験は、見所ですね。
その後は、基本ふたり一緒での行為になりますね。
仲良しふたりなので、修羅場って感じではないですけども、たまに抜け駆けしようとしたりする行動は、可愛らしくてニヤニヤできますねぇ。

挿絵


挿絵は「ハル犬」さんが手がけています。
ラノベの挿絵や同人活動などをされているみたいですね。

ぷにっとしてムッチリな肉感さが、魅力的な絵柄ですね♪
これは後輩な彼女たちとの相性も抜群ですね。

とにかく、今作ではこの挿絵が凄い合っていたのが全てかなって思いますね。
可愛らしいだけではなくて、とろんと惚けた表情など、普段と行為での落差のある描写などは色気が凄い出ています。

個人的には、こふみが結構好みでしたね。
普段はどちらかと言えば、あまり表情が変わらない感じかなと思いきやの、あの蕩ける表情でしょう?
あれにはやられちゃいますよねぇ♪

勿論、由佳も魅力的ですけどね(汗)
彼女も行為の時は、ちょっと雰囲気が変わる所があったりで、そのギャップにドキっとする所はありましたしね。
でも、こふみのがギャップは強いかな? イメージ的に。

ふたり一緒に胸合わせてのパイズリシーンなども見所ですね。
胸は、こふみのが大きいはずなんですが、こうしてみるとふたりとも大きく見えますけどね。


ちなみに、ハル犬さんのブログでは、由佳、こふみのデザイン案が掲載されていますね。
髪色などが違う3種類のバリエーションがあって、金髪、緑、ピンクなどの彼女たちを見る事が出来ますね。
色が違うと結構印象が変わりますねぇ。
…あー、正直、どの色でも可愛いですな(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、かなり面白く読めた作品でしたね。
良く考えると話としては、そんな何かがあったって訳でもないんですが(汗)

前作よりも、だいぶクセがなくて読みやすくなっていたのが印象的でしたね。
まぁ、前作はキャラにクセがあったってのが大きかった様な気もしますが、今作のヒロインたちは素直なだけにそこら辺で大きく違ってきたのかなって気がしましたね。

派手さはないかもしれませんが、じっくり読める仕上がりになっているので、楽しめるのではないでしょうか。
タイトルから受ける印象とは結構違うので、意外な感じを味わえるかと思いますよ。
まぁ、この記事を見たら大体分かってしまっているでしょうが(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】小悪魔な後輩コンビに「誘惑の練習相手」として選ばれた...

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ