子作り教室 ライバルお嬢さまの幸せ計画 (二次元ドリーム文庫)
木森山水道
キルタイムコミュニケーション (2015-02-13)

2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、自身の将来のためにひたすら勉強に励むガリ勉男子です。
周りの評価などなんのその、目的の為に努力を続ける彼でしたが、そんな彼に突っかかって来る存在が…。

それは学園で、誰からも人気なお嬢様「エレクトラ」。
何故か彼女にライバル視された主人公は、彼女の策略にハメられてしまい、謎の子作り教室なる教室に参加させられてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

花園・P・エレクトラ」(はなぞの・ぴゅあら)
百花繚 蘭」(ひゃっかりょう らん)がいます。

エレクトラは、文武両道でお嬢様で、美少女という文句なしな存在です。
誰にでも優しいはずなのに、何故か主人公をライバル視しており、事ある毎に突っかかってきます。

蘭は、特別教室の教師です。
普段からサングラスを着用しており、生徒に対して厳しい態度で接するスパルタ系でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が何故かライバル視されているお嬢様のエレクトラの罠にかかってしまい、謎の子作り教室なる教室に強制参加する羽目となる流れですね。

…色々おかしい話ですねぇ(汗)

まずは、話を整理していきましょう。

主人公は、これまで馬鹿真面目にひたすら勉強を続けてきた、ガリ勉なんですね。
今時、ガリ勉なんて言葉、久しぶりに耳にした言葉な気がします(汗)

その努力の甲斐もあって、主人公の成績は学年でトップと言う存在になっていたのです。
そうなると、学園でも特別視されそうなものですが、それはなかったんですね。

主人公は、それこそ勉強にだけ力を入れて生活しており、そのストイックなスタイルは、周りの人間を遠ざける結果となっていたからです。
彼自身も、そんな反応にはお構いなしであり、積極的に自分から他者に接触する事もなく、過ごして来たのです。


そうなると気になるのが、何故にそんな勉強に拘るのか?
それは、このまま良い大学、良い会社に入り、安定した生活を送るという何とも現実的過ぎる将来を夢見ていたから(汗)
それだけに、こんな友達付き合いとか、何も役に立たないものなど彼には無駄な事でしかなかった訳ですねぇ。

さて、こんな主人公でしたが、最近ある悩みが…。
それは、学園で主人公とは比べるまでもない人気のお嬢様であるエレクトラの存在でした。

彼女は、文武両道、お嬢様、美少女という恵まれた存在であった訳ですが、妙に主人公には突っかかって来るんですね。
唯一、彼女は主人公に勉強の成績で勝てた事がなかったんですね、万年、2位で。
それゆえ、彼女は事ある毎に主人公の前に現れては、宣戦布告してくるのが恒例となっていたのです(汗)

そんな中、主人公はエレクトラから差し入れを受け取る事に。
こんな事は今までなかっただけに戸惑うものの、差し入れのドリンクを飲んだ彼は、気づくとそこは見知らぬ場所に…(汗)

何と、そこは学園の噂で知られた「特別教室」だったのです。
…特別教室、そこは成績の悪い生徒らが送られてしまう場所であり、何もできない生徒らにせめて少子化対策のため子作りを強要させるという、とんでもない教室だったのです(汗)

もはや生徒を子供を作るための存在にしていますね(汗)

それはさておき、何とそこにはエレクトラの姿も!?
何と、これまたおかしな事に彼女はここで性行為での成績勝負だと言い放ち、主人公に宣戦布告をしてきたのでした(汗)

こうして、おかしな対決が幕を開ける事となる流れですね。

これで分かるかと思いますが、突っ込み所の多い話です(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、素股、パイズリなどがあります。

やはりタイトルにもある子作りという要素が大きいかと思うんですが、正直全体としてはそこまでそればかりではないかなって印象ですね。
勿論、最終的には中出ししまくりな展開ばかりになりますが、一応授業らしく段階を踏んでの行為もあるので、いきなりそればかりではないですね。

序盤は、前戯などの行為から始まり、徐々に進んでいくって感じですね。
また主人公は、これまで勉強だけが人生の様な生活だったので、当然童貞ですし、更に自慰もした事がないってのは珍しいですね(汗)


今作の面白い要素は、上記にもある様にエレクトラとの勝負って所です。
向こうから仕掛けてきた状況な訳ですが、主人公としても勝負とあっては負けたくないって感情があるんですね。
それゆえに、例えHな行為であっても、負けたくない訳です。
まぁ、かなりそれまでに彼女の方が主人公を挑発しまくってきた経緯があるだけに、もう我慢ならないって感じでのきっかけがあった所はありますね。

しかし、主人公は勉強はできても童貞。
そこで特別教室の教師でもある蘭に指導を頼む事になる流れとなっています。

何が面白いって、このふたりのやり取りが何か妙に熱いんですよ、テンション高いと言うか(汗)
そこら辺のノリも見所かと思います。

そんな関係な事もあり、あくまでも蘭はサブ的な存在でもあります。
結構、ギャップなどがあって良いキャラしてただけにもっと見たかったんですけども、仕方ないですかね。
年上な女性相手なだけに、エレクトラとはまた違った雰囲気、魅力がありましたからねぇ。

逆にエレクトラとの関係は、話が進んでいく度に関係も変化が生じてくる事となります。
こちらの変化も見所のひとつですね、エレクトラだけではなく、主人公自身の変化もまた感じ取る事ができます。

しかし、エレクトラのキャラが結構ぶっ飛んでた様な…(汗)
序盤の授業からも分かるんですが、結構ノリが良くて隠語とかも口にするんですね。
で、口調がお嬢様口調なので、何か妙ないやらしさを漂わせているんですよね、お勃起とか(汗)

そういった、かなり積極的ないやらしさがあるので、主人公も思わず理性が飛んでしまう事もしばしばですね♪

終盤では、何かもう周りが圧倒されてしまう様な濃厚な展開、Hが繰り広げられていましたね(汗)
もう、この辺りになると主人公たちはお互いに気持ちに素直になっていて、もはやバカップルに近い有様なので、余計にふたりの世界ですな(汗)

挿絵


挿絵は「みかわや」さんが手がけています。

Hで可愛らしいヒロインたちが印象的ですね♪
エレクトラは、見た目からしても可愛らしさの強いデザインですが、教師の蘭も結構可愛らしかったですね。
可愛いお姉さんってのがピッタリ来るデザインで、気に入っています。

エレクトラは、表紙絵でも分かる様に金髪なんですが、作中では黒がかった描写なので、何か違和感が(汗)
身体つきもイメージよりも、結構迫力のあるボディラインでギャップがありましたね。
もっと小柄な印象があったんですが、そんなに小さくなかったかな?

金髪ツインテールの娘って、小柄なイメージがあったもので(汗)

主人公の顔も、度々描かれているんですが、結構なイケメンじゃないですか。
作中では周囲から気持ち悪がられている扱いなのに、どういう事よ?(汗)
…あのレベルでも、駄目な世界なのか!?

挿絵数:14枚

総評


全体的には、色々ぶっ飛んだ設定などで読んでて多少ノリに戸惑う事も(汗)
変にテンションが高くなったりなど、起伏のあるテンポに個人的には乗り切れてなかった感もありましたね。

主人公と蘭との関係なんかは、結構面白かったですけどね。
主人公が結構蘭を尊敬している感じが普段の彼とは違って素直に見えて微笑ましかったし。
個人的には、こっちの展開をもっと見てみたかったのが正直な所なんですけどね(汗)

勿論、メインであるエレクトラも、可愛らしいしちゃんとしていれば良い娘なんですけどね(汗)
妙なノリ、テンションで勢いを感じさせる展開、描写はある意味、必見かも?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】子作り教室 [ 木森山水道 ]

Amazon版 電子書籍版はこちら
子作り教室 ライバルお嬢さまの幸せ計画 (二次元ドリーム文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事