1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の男子学生。
そんな彼は、母親から小遣いアップの代わりに妹である「海羽」(みう)の勉強を見る羽目に。
更にそこに海羽の友人である「莉子」(りこ)も勉強会に加わって、教える事になってしまいます。

そんなある日、主人公は莉子から告白をされてしまう事に…。
しかし、後から海羽からにも告白をされてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

海羽」(みう)
莉子」(りこ)がいます。

海羽は、主人公の妹です。
成績が悪いため、主人公に勉強を教えてもらう事になります。
昔は、主人公にとても懐いてたのですが、今は事ある毎にツンツンとした態度を取る様に。
妹とその友人がエロすぎて俺の股間がヤバイ

莉子は、海羽の友人です。
彼女もまた勉強会に参加する事になります。
主人公に対して、最初から懐いており、密着したりなど積極的な行動を見せる事も。
感情を素直に出してきます。
妹とその友人がエロすぎて俺の股間がヤバイ

ストーリー展開


展開的には、主人公が何故か妹とその友人から告白されてしまう流れですね。
…修羅場確定?(汗)

元々は主人公が、母親の命令で妹である海羽の勉強を見る事になるのがきっかけでした。
そこに海羽の友人である莉子が加わった訳ですね。

莉子は胸も大きく可愛らしい美少女であり、主人公にも当初からかなり懐いているんですね。
そんな美少女に懐かれて、主人公としても満更ではなかったのですが、その分、妹の海羽の視線、言葉は厳しいものになっており、複雑な状況だった訳ですね(汗)

そんな中、主人公を取り巻く状況は大きく変わり出す事に…。

何と主人公は莉子から告白をされてしまったのです。
魅力的な容姿で男子に人気な彼女が何故普通の主人公を好きになったのかは謎ですが、ともかく彼女の想いは本物だったのです(汗)

そして、そのままHな関係へと至り、付き合う事になったのです。
そこまでだったら、まだ良かったのですが、その後、主人公は妹の海羽からも好きだと告白されてしまい、これまた関係を持ってしまう事に(汗)

こうして、主人公はそれぞれにもう一方と付き合っていると言い出せずに、二股状態になって板挟みになる流れですね。
まぁ、板挟みって書きましたが、別に修羅場もないんですよね、実際の所(汗)
なので、そういう展開を期待するとガッカリですので、期待しない様に。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリやフェラ、自慰、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、ローター、バイブなど小道具を使った行為もありましたね。

それぞれ異なる魅力を持つ娘たちとの行為は、見所ですね。

莉子は、グイグイ迫ってくる積極的な面があります。
また愛らしくも小悪魔的な要素も含まれていたりと、中々目が離せない感じも。
「お兄さん」って呼んでくるのが可愛らしいですが、それも分かってて言っているのかな?(汗)
妹とその友人がエロすぎて俺の股間がヤバイ

あ、でも主人公の名前って最後まで出てこなかったし、キャラ紹介にもなかったから設定自体ないのかもしれませんね。

感じやすく、特に乳首が弱いみたいで乳首を引っ張ったり、弄りまわされると、はしたなく普段とは違う淫らな声を聞かせてくれるのも良いですねぇ♪
こんなHな反応を見せつけられたら、そりゃ辛抱たまりませんよね。

ドンドンHに慣れていくにつれて、行為もエスカレートしていきますね。
それだけに主人公が好きなのか、Hが好きなのかって感じにも見えなくもないですが、主人公を好きなのは本当ですので、ご安心を。

対して、妹の海羽はツンデレ的なキャラクターですね。
まぁ、デレがそこまで露骨ではない印象があるかな? ある意味、自然?(汗)
そんな彼女ですが、やはり内心はお兄ちゃん大好き娘なので、ちょっとした所に含まれている甘さが見えるとニヤニヤしちゃいますね♪
妹とその友人がエロすぎて俺の股間がヤバイ

でも、印象とすると妹よりも莉子の方が目立っていた印象がありましたね(汗)
やはりあれだけ莉子が積極的だと、印象に残るって事なんでしょうか。
終盤では、ある程度頑張って行動をする様になったりもするんですが、ちょっと出遅れた感があったのが残念かな(汗)


ちょっと意外だったのは、主人公が思ったより行為にこなれていた感があった所でしょうか。
てっきりモテない男子と思ってたので、意外と最初から落ち着きを感じましたね。
確かに別に童貞だとかってなかったですし、経験はあったのかな?

終盤は、ハーレム展開になっていくんですが、どうもこれはノベル版のオリジナル展開みたいですね。
原作版だと、一度選ぶと個別のままで終わるのかな?
やっていないので、何とも的外れな事言っているかもしれませんが(汗)

こういう展開が楽しめるのも、原作版のシナリオを手がけているのが、今作のノベル版の著者さんが同じである事が大きいですね。
多分、原作版をプレイしている人も新鮮な気分で読めるのではないでしょうか。

ここでは、マニアックなお医者さんごっこなんてのも♪
聴診器を乳首などに当てて、刺激させる程度のものなんですが、珍しい展開なので見所かなと。
…乳首に当てて、何を聞くんだって話ですけどね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「がおう」さんです。

可愛らしく透明感のある絵柄ですねぇ。
年頃の少女たちの魅力ある姿を描いていますね。

どちらかというと、サッパリした絵柄で清潔感を感じられる絵柄な分、ガツンとしたインパクトは控え目かもしれません。
ですが、こういう少女たちとの行為は、それだけでも興奮を煽る所があると思いますので、問題はないかと思います。

コスプレって訳ではないんですが、色々なコスでの行為も一部ありましたね。
体操服+ブルマだったり、所属している弓道部の衣装のままでの行為などがありましたね。
まぁ、その格好での行為はそこまである訳ではなかったので、過度の期待は禁物ですが、普段とは違う格好ってのはやはり新鮮さも相まって見所のひとつですね♪
妹とその友人がエロすぎて俺の股間がヤバイ

気になったのは、莉子のキャラ紹介には見た目や性格が大人びてるみたいな記述があったんですが、言う程感じなかった位ですかね(汗)
正直、見た目も髪型のせいもあってか、そこまで大人っぽさを感じなかったんですけどね。
ギャルって程の濃さもなかったですしね。

後、意外と主人公が普通に男前だった(汗)

ちなみに終盤では、オリジナルのハーレム展開って話でしたが、良く見ると挿絵は原作版のなんですよね。
恐らく、本来個別であったであろう彼女たちの画像と展開を同じ場で一緒にしているって構成にしているのかな?
なので、当たり前なんですが、ここの挿絵には個別ばかりでふたり同時に映っている絵はないんですよね(汗)

挿絵数:28枚

総評


全体的には、最初思った様な板挟みで修羅場みたいなノリではなかったですね。
その分、まったりとした雰囲気での行為を楽しめるのかなと。

ちょっと厳しい事を言えば、これと言って何もない話でHしてイチャラブってだけの話だったかな(汗)
正直、このタイトルがハマる程の内容ではなかったとは思いますね。
個人的には、妹の海羽が印象弱かったのが残念でしたね、もっと甘えても良かったんじゃないかなぁ。

彼女の視点での描写とかがあれば、もっとキャラクターの魅力が増して、違った印象になったんじゃないかと思うとちょっと勿体ない仕上がりだったかなと。
行為はそれなりに頑張っているんですが、全体として色んな意味で薄味な作品だと感じたのが感想です(汗)
好きな人には申し訳ないです(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
妹とその友人がエロすぎて俺の股間がヤバイ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ