1月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、最近共学化したばかりの元女子校に入学した男子学生です。
そんな彼の立場は、今現在かなり追い込まれたものになっていたのでした。

そんな時、ある店でペンを手に入れる事になった主人公は、そのペンが不思議な力がある事を知る事に。
この力を利用して、主人公は自分に対して辛辣だった女性陣に対し、Hな行為をする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

室井 沙由理」(むろい さゆり)
草薙 揚羽」(くさなぎ あげは)
草薙 麗羽」(くさなぎ うらは)
白渡 茜」(しらと あかね)がいます。

沙由理は、主人公の学校の教師です。
また水泳部の顧問でもあります。
美貌とグラマラスな容姿をしており、目を惹く存在です。
共学には消極的な立場です。

揚羽は、学園の理事長です。
鮮やかな金髪と見事な爆乳の持ち主であり、これまた注目を集める容姿をしています。
学校の共学に対して、反対の立場を取っています。

麗羽は、学園の生徒会長であり、揚羽の妹です。
姉と違い、生真面目な性格をしており、厳格な所があります。
しかし、必ずしも共学化に反対という訳ではない様です。

茜は、かつて主人公と仲の良かった幼なじみです。
久しぶりに再会した彼女は、随分男勝りな言動をする様になっています。
学校側から主人公の世話役という名の監視役を命じられています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が学園で虐げられている中、不思議なペンを使って好き放題するって流れですね。

元々、主人公のいる学園は名門の女子校だったんですね。
それが昨今の少子化で入学数が不足していき、最近になって共学化となり、男子を入れる事になったのです。
主人公は、その一人だった訳ですね。

主人公の他に男子生徒は何人かいたのですが、既に皆主人公以外の男子は学園を出て行ってしまったのです。
その原因は、共学化に反対している勢力による嫌がらせなどにありました。
それでなくても、圧倒的多数の女性陣の中に男子が一握りでは、居心地も悪いでしょうしね(汗)

そして、今や男子は主人公ひとり。
勿論、主人公もこの現状にはウンザリしているものの、学園を出ても当てがないだけに何とか我慢するしか彼にはなかったのです。

でも、嫌がらせ~と書きましたが、読んだ感じ主人公が嫌がらせを受けていると思われる箇所は特になかったんですよね。
あまり頭のよくない主人公なので、そこら辺で周りの女性陣には若干馬鹿にされている感はありましたけどね。
後は、住まいの鍵が内鍵じゃなくて外からだけって所なのは、確かにイヤですな(汗)

ある日フラフラと外出する中、ある骨董品などを扱う店に何となく立ち寄る主人公。
そこであるペンを見つけ、興味を持つ事に…。

店員によると、それは「悪魔のペン」と呼ばれる代物だそうで、不思議な力を持っているらしい、と…。
結果として、そのうさんくさいペンを手に入れた主人公は、その後、驚く事に。

何と、このペンで書いた内容が現実のものになったのです!
例えば、透明と自身に書けば、周りから見えなくなる効果が得られたりといった、とんでもない代物だったのです。

ペンの効果を理解した主人公は、この力で好き勝手するという流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
他にもチョイ役程度のサブキャラとの絡みなどもありますが、基本は上記の面子ですね。

行為的には、腋コキ、フェラ、アナルセックス、パイズリ、素股などがあります。
他の要素では、ローターなどの小道具を使用する展開もありましたね。

やはり見所は、悪魔のペンによる効果ですね。
ある意味、この効果などは催眠の様な感じでしょうかね?

それこそ、透明って書けばそこにいるとは知覚できなくなったり、肉棒を体温計と書いて腋に挟ませたりといった、物事の認識すらも上書きさせる事ができる訳ですからね。
相当便利な代物ですよ、このペンは。

物だけではなく、性質までも変化させる事ができるのも強みですね。
「ドM」って相手に書けば、ドMになってしまって、お尻を叩かれりして強く感じ出す様にも出来るんですからねぇ。
その他も「痴女」「発情」「妊娠」「犬」など様々なものがありますね。

妊娠なんて、精神的に錯覚させるみたいなものかと思いきや、しっかりお腹が膨れるというとんでもない事に(汗)
ここまでの効果があるっては、さすがの悪魔のペンですね(汗)

ある意味、効果は催眠ものすら超えているだけに、催眠ものが好みな人は中々楽しめるんじゃないでしょうか♪

中でもインパクトがあったのが、「丸見え」。
何とこれによって、局部の内部が丸見えになってしまうって状態に(汗)
イメージとしては、アダルトアニメでよくある膣内描写みたいなのが見えるって感じでしょうか。
…個人的には、見えても全く興奮はしないかなぁとは思いますけどね、そのシーンの挿絵がなくて良かった(汗)

意外だったのは、茜の存在ですね。
大抵この手の作品だと本命キャラがいない感じになりがちなんですが、彼女は意外にも恋人関係になる所ですね。
えすかれだと珍しいですねぇ。

私も茜が一番好みだっただけに、そこは嬉しい要素でした。
普段は、男勝りな言動が目立つ彼女ですが、結構恋人だと可愛らしい反応をしてみたりするんですよね♪
男っぽい態度も、付き合う仲で刺々しさが控え目になってより甘さを感じられますね。

終盤では、全員交えてのハーレム…ってか、もはや乱交に近いかな…?(汗)
その前にもサブキャラたちとの行為があったりと、中々賑やかな事になっていましたね。
でも、ポッと出のキャラたちと行為があっても、あんまり興奮は…って感じはありましたが(汗)

挿絵


挿絵は「ひなたもも」さんが手がけています。
美少女文庫ではお馴染みですね。

可愛らしくもHで魅力的なデザインをしています。
個人的には、この人の絵柄のプニッとした柔らかそうな肉感が良いんですよねぇ。
別にぽっちゃりじゃないんですけども、ムチッとした印象の身体付きと可愛らしい顔立ちとの塩梅が素敵ですね。

皆、童顔で可愛らしいから、正直罵倒されても全然悔しくないですな♪。
反面、あんまり年上ヒロインが年上感が控え目ってのは人によっては残念な所でしょうかね?

割と汁気描写も多めで、可愛さとは裏腹なHな姿も堪能できるかと思います。
妊娠状態の腹ボテ感が結構目立ってたのが印象深かったかな。
あの状態だとちゃんと中に子供がいたのかな…?(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、ペンの効果で好き勝手する作品でしたね。
上記にもある様に、催眠的なものと似た感じな事が行われるため、催眠好きにも楽しめる作品に仕上がっていると思います。

まぁ、最初の行動の動機が復讐って訳でもなくて改善って感じで今ひとつ弱かったりと、ストーリー的な弱さは否めませんが、えすかれとしては変にごちゃっとしていない分、読みやすい方かと思いますね。

コミカルさがあって、このペンの力を使っても万事順調って感じではなくて、結局女性陣に振り回されている所があったりで、完全にご主人様として君臨しました的な感じではなかったのも緩い感じで、この作品の雰囲気に合って良かったのではないでしょうか。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事