12月発売のオトナ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ふたりの兄たちの家族と一緒に同居している大学生です。
年の離れた兄たちには、美しい妻たちがおり、兄たちが羨ましいと思っている主人公。

真面目な兄たちと比べて、遊び人気質な彼にとって、兄嫁たちは目の毒でした。
しかし、ある日出会い系で女性と会う事になった彼が待ち合わせで出会ったのは、兄嫁の姿だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

藤嶋 幸枝」(ふじしま ゆきえ)
藤嶋 静香」(ふじしま しずか)がいます。

幸枝は、藤嶋家の長男の妻です。
夫とは職場結婚した元看護師でもあり、現在は専業主婦として夫を支えています。
おっとりとした性格の持ち主です。
兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるところだよ

静香は、藤嶋家の二男の妻です。
こちらも夫と同じ職場で働いていた元教師です。
教師らしく厳しい性格をしており、生活態度がだらしない主人公を注意する事もしばしばです。
とは言え、関係が悪いと言う訳ではありません。
兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるところだよ

ストーリー展開


展開的には、主人公が色々あった結果、兄嫁のふたりに手を出す事になる流れですね。
…大体、間違っていないはず(汗)

主人公は、藤嶋家の三男にあたる訳ですが、ふたりの兄とはかなり年が離れています。
それこそ親子くらいに離れていると言っても、良い位でした。
まぁ、そこは腹違いってのも大きいんですけどね。

そうなると兄妹仲は良くないと思いそうなものですが、年が離れているゆえか、兄たちは弟である主人公を可愛がっており、また主人公も兄たちを尊敬しているというのが、この手の作品としては珍しいですよね。
大概、そりが合わないってのが定番ですからねぇ(汗)

しかし、主人公は医師や教師という職に就いているお堅い兄たちとは似ておらず、学業もギリギリのレベルだったりと真面目ではなかったのです。
特に大きい違いは、女性に関してでした。

大学生ですが、既に何人もの女性たちと関係を持っており、いわゆるセフレ相手たちと日々淫らな生活を楽しんでいたんですね。
そんな生活だから、兄たちがそれぞれ伴侶としている美しい妻たちを、主人公は羨ましく思っているんですね。
とは言え、嫌っている訳ではない兄たちの嫁に手を出す事はさすがにしていませんでした。

多くの女性と関係を持っている主人公ですが、彼としては無差別ではなく、彼なりの選別をして関係を持っているんですね。
分かりやすく言うと、後腐れのない相手な訳ですね。
いくら魅力的でも、あまりに彼にのめり込み、恋人面される様な相手だったり、こじれそうな相手は避けていたと。

どうも以前にそんな女性とトラブルとなった苦い過去があったみたいですな(汗)

それだけに主人公としては、一緒に同居している兄嫁に手を出してめんどうな事になるのは、彼としても本意ではないのです。
これだけでも、割とこの手の主人公としてはほんの少しだけマシに見えなくはないですよね。
まぁ、十分に女にだらしない遊び人ではありますけども(汗)


そんな中、この日の主人公は最近出会い系でやり取りをしていた女性と初めて会う約束をする事に。
待ち合わせの場所で、彼と対面した存在…、それは彼の良く知る兄嫁の静香だったという展開です。

こうして、主人公は期せずして、兄嫁の身体を堪能する事に…。
これで味をしめた主人公は、静香を利用し、もうひとりの兄嫁の幸枝の身体を頂こうとし、ふたりの兄嫁をモノにしようとする流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、バイブなどの小道具や腹ボテ要素がありますね。

今作は、ストーリー的に当然ですが、兄嫁を寝取るというのが最大の要素ですね。

ふたりの兄嫁は、いずれもお堅い性格でそれぞれの夫を愛している良妻でもあります。
しかし、この手の常である夫は妻たちを愛しているものの、仕事が忙しくあまり構ってやれない状態。
特に夜の生活に至っては…。

そんな彼女たちは、年齢もあって肉体は熟れに熟れた状態。
それだけに内心では、欲求不満な感情があるのも事実であり、主人公にとっては美味しすぎる存在でもあります。

男性経験もさほどない彼女たちなど、この年で経験豊富な主人公の前にはもはやなすすべがありません(汗)
夫相手では経験する事などなかった強烈な快感の前には、理性を保つ事などできませんね。
あっと言う間に、はしたない声をあげる事になります。

とは言え、一回だけでモノに出来る訳ではありません。
その後も主人公は隙を見つつ、女性陣を攻略していく事になりますね。

少しづつ、彼女たちに快楽を刷りこんでいき、徐々に拒否できない様に仕立てていく様は見所でもありますね。
目に見えて、言動の抵抗する素振りが弱々しくなっていくんですよね。
そういった彼女たちの感情の変化は良いですねぇ。

毎回、意識も飛ぶ程に夫より立派な肉棒で突かれて、絶頂しまくれば、そりゃ確実に意識に変化が生じるのも仕方ない話ですよね(汗)
いつしか、言葉などの節々に期待を含んだものが交じり出す様に…。
兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるところだよ


中盤辺りから、兄嫁ふたりを同時に相手する展開になっていき、より行為は濃厚になっていきます。
ふたり同時ならではの、相手を意識したりする流れも、また彼女たちの理性と肉欲の葛藤に繋がり、読み応えが出てきますね。
もっとも、がっつきたいけども、それは躊躇われるといった躊躇の感情など、その内に微塵も感じさせなくなりますが…。


基本的に主人公は終盤近くまでは、相手をさん付けしたりと比較的扱いがまともです。
勿論、言葉の中には酷く身勝手なものを含ませている訳ですし、やる事はやっている訳ですけども、変に粗野な言動をする奴よりは個人的にはマシに感じます。
…絶対良い奴だとは思いませんけどね(汗)

終盤で印象的だったのは、ケバいボディコンスーツにウイッグ+サングラスといった普段の彼女たちとは真逆な雰囲気の格好をさせての展開ですね。
挿絵の効果もあって、かなりのスケベっぷりを感じさせる存在と化していて、この変化は見物ですね。
またこの時点では、羞恥心もあるので、格好とのギャップも妙な興奮を煽る結果となっていますね♪

行為によっては、描写でこういう事をしたってだけの箇所も何個か見受けられました。
あとがきでも厳選せざるを得なかったとありましたね。
そこら辺は、ノベル化の宿命ですから仕方ないですね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「沈没」さんです。

この表紙絵を見れば、大体雰囲気が掴めると思います。
ただふたりの兄嫁の立ち絵な訳ですが、何とも言えない色気があるんですよね。

反面、表情の描き方にややクセを感じるので、好き嫌いはあるとは思います。
私もどちらかと言えば、萌え系な方が全体的には好みなんですが、この絵柄には何とも言えない感情を抱きますね。
やはりそれらの絵柄では見れない表情、描写などがあるんですよね。
兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるところだよ

個人的に、今作で印象的だったシーンは、兄嫁が挿入されて中出し絶頂で、顔をのけぞらせている場面です。
顔をのけぞらせているので、当然ですが顔が見えません、喉元を見せつけていますし。

よくよく考えると、萌系の作品で行為で顔を見せない事ってないとは言いませんが、少なくないですか?
単に私の知っている範囲だけなのかもしれませんが(汗)

顔を見せないでのけぞっているって事に、個人的にあの顔、顎、首のラインに艶めかしさを感じるというか。
まぁ、あまり見ないかなって事で印象的に感じたって程度ですけどね。

後は、やはり表情ですよね、女性陣の。
さっきは顔が見えないのが~って言ってたのに、この有様ですが(汗)
普段の表情から何とも言えないいやらしさがありますが、当然行為となるとより迫力が増しますね。

兄嫁とのキスシーンは確かにこれも印象的です。
キスシーンは序盤にあるんですが、この時点ではまだ初回の行為辺りなので、まだ抵抗感を当人たちは感じています。
そのため、良くある様なキスではなくて、目線を主人公に向けないままのキスになっているんですね。
特に静香は、これが顕著であり、露骨な視線のズレを感じます(汗)

でも、それがまた何とも言えない雰囲気を出しているんですよね。
当然嫌なんだろうけども、諦めだったり複雑なものが含まれた表情は見所です。

Hシーンで書いた、派手なコスチュームにウイッグの姿も良い意味で下品な仕上がりで、中々のものがあります。
大分髪型などが変わると印象もグッと変わりますねぇ。

挿絵数:28枚

総評


全体的には、寝取りものらしい作品でしたが、主人公のキャラクターなどもあってか、少し控え目かも?
やっている事は、ガツガツやっていますけどね。

上手くいえないけども、私のイメージする獣主人公とは似ている様で少し違うんですよね。
そういったガツガツと鬼気迫る主人公像とは、少し毛色が違う様に感じました。
でも、私自身はそういった主人公があまり得意ではないので、これくらいのが丁度良かったかな。

寝取り系が好きな人には、これはちょっと刺激が弱い、控え目かもしれませんね、むしろ。
そういう意味では、初心者?向けかも(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるとこ...

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
【割引】兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるところだよ

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
兄貴の嫁さんなら、俺にハメられてヒイヒイ言ってるところだよ。 (オトナ文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ