12月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、地元都市を牛耳っている名家「藤島家」本家の息子です。
そんな彼は自身の立場を利用して、普段から遊びほうけ、覗きや下着ドロなど悪さもし放題なダメ息子でもあります(汗)

そして、遂に藤島家から、見捨てられてしまう事に…。
見放されてしまった主人公は、これまでの恨みとばかりに、周りから狙われる始末(汗)

しかし、ある事をきっかけに逆転のチャンスを見出す事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

藤島 あやめ」(ふじしま)
藤島 咲姫」(ふじしま さき)
藤島 麗奈」(ふじしま れいな)
藤島 律子」(ふじしま りつこ)
藤島 桃代」(ふじしま ももよ)
藤島 るり」(ふじしま)がいます。

あやめは、主人公の義母であり、本家の後妻です。
有能で気が強い性格の持ち主であり、今では主人公の父親に代わって、本家を取り仕切る存在でもあります。

咲姫は、あやめの娘であり、主人公の義姉という少女です。
彼女の娘らしく、勝ち気で優秀ですが、それは母であるあやめに認めてもらいたいという思いで頑張っています。
巨根で種付け牧場になる町

麗奈は、主人公の父親の弟の妻です。
元アイドルで女優と言う肩書の持ち主であり、目を惹く存在感があります。
しかし、意外と大ざっぱでだらしない面があります。
巨根で種付け牧場になる町

律子は、麗奈の娘です。
少し大ざっぱな母親とは違い、真面目でお堅い厳格な性格の持ち主です。
学校では剣道や弓道を嗜み、凛々しい姿は女生徒たちからも憧れの存在になっています。

桃代は、主人公の父親の末弟の妻です。
おっとりと穏やかな雰囲気を持っている母性的な女性です。
↓(左)桃代
巨根で種付け牧場になる町
↑(右)るり
るりは、桃代の娘です。
とにかく恥ずかしがり屋で引っ込み思案な性格の持ち主でもあります。
基本的に藤島家で嫌われている主人公をお兄さんと呼ぶ、優しい性格です。
現在、幼なじみの男性と清い交際をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が好き勝手してたツケによって、本家を追い出されてしまう事になるも、ある事から一発逆転を狙う事になる流れですね。

これまでの主人公は本家の威光を使い、好き勝手に過ごしてきてた訳です。
当然、勉強も運動もこれといって出来る訳もなく、優秀な子たちが多い藤島家では色んな意味で浮いた存在でもありました。

そして、ついに悪さに耐えかねた本家から追い出されてしまったのです。
まぁ、自業自得と言えばそれまですが、こういう主人公が反省もする訳もないですな(汗)


しかし、この日から生活は一変。
屋敷の部屋から、文字通りの豚小屋で寝起きをする羽目になったりと散々な目に…、
更に、これまで本家の息子って事で好き勝手してたツケで、恨みを買っていた人々から襲撃される始末(汗)

しかし、そんな状況から脱するチャンスが思いもしない所で舞い込んでくる事に。

それは、主人公が学校内で恨みを持つ生徒らから追い回されている時でした。
こんな時でもエロい主人公は、練習中の律子の姿を見つけ、汗で濡れている姿に興奮を覚えるんですね(汗)
しかし、それは当の律子に見つかってしまい、大ピンチ…。

ですが、主人公の股間のモノを見た律子は衝撃を受ける事に。

何と主人公の勃起した肉棒は、立派なモノだったのです!
…アレ? 別に普通じゃない?(汗)

そう、実はこの世界では深刻な少子化が問題視されており、世の男性の殆どが勃起不全という状態なんですね。
主人公も父親が財力に任せての人工授精で生まれたらしく、まともに性行為で妊娠するってのは中々難しいという状況にある訳です。

ですが、主人公はそんな世に反して、勃起するは、射精しても萎えずにまた射精できると、精力旺盛という珍しい存在だったのです。
このメーカーさんの巨根~シリーズ?って、大体主人公の肉棒が希少価値って設定ですな(汗)


希少な存在なのは確か、それでも律子の反応はそれ以上でした。
何故ならば、藤島家にはある家訓がありました。

「血筋と子孫繁栄のために巨根と交わり、それに従え、と」

そう、つまり藤島家の女性全員が主人公とHしなければならないという家訓とも言えるものだったのです。

こうして、主人公は全員とHする事で自分が藤島家のトップに立とうとする流れになっています。
それはつまり、この地域一帯を牛耳れる事にも繋がりますね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
一部だけですが、それ以外のサブキャラとの行為も描かれてはいますが、基本は上記のヒロインたちですね。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
一部、ローターなどの小道具を使う様な展開もあります。

タイトルで種付けとある様に、女性陣に中出ししまくる展開となっていますね。

女性陣は、基本的に主人公の肉棒に対しての耐性がありません。
まぁ、この世界の男性のモノがよほど頼りないんですかね、主人公のモノが巨根だとしても(汗)

そのため、どのヒロインも主人公の肉棒を挿入されると、早々に快感を感じだし、絶頂状態に。
勿論、挿入直後は好きでもない主人公に挿入されてしまって、取り乱したり嫌悪感全開ですけども、次第に自身の知らなかった快感を自覚していく事になります。
巨根で種付け牧場になる町

これは経験のない娘たちだけではなく、彼女たちの親も程度の差はあれど、主人公の肉棒の前には無力化していきますね。
個人的には、娘よりも母親たちの乱れっぷりが印象的でしたねぇ。
それぞれに夫がいる訳で、しかも良く考えればそれは主人公の叔父たちに当たる訳ですから、ある意味寝取った様なものと言えます。

でも、主人公の父親は序盤に出番がある以外は、登場しませんし、他の叔父たちも海外出張らしいので全く出てきません。
そのため、あまり寝取った感はないかな(汗)
せめて、主人公の父親の反応くらい見てみたかったのになぁ。

唯一、娘のるりだけは交際相手がいるので、少しだけ寝取った感はありましたが、それも一瞬ですね。
まぁ、そこら辺の要素はオマケ程度以下だと思っておけばいいかと思います(汗)


一度、行為までいくと屈服するまでやり続けるので、初回だけしかヒロインの抵抗する姿は見る事ができません。
その後は、一気に人格が上書きされたかの様な変わりっぷりを見せて、洗脳とも思える程です(汗)

そんな女性陣が、従順になって卑猥な台詞を口にしたりと、だいぶぶっ飛んでいる下品な展開などは迫力十分ですね。
巨根で種付け牧場になる町


もっとも反抗的なヒロインを何度も行為で調教していくってノリ、展開が好みな人にはあっけなさを感じるかもしれませんね。
私ももっと歯ごたえがあるかと思ってたんですが、初回でほぼ全員陥落で、耐えてもその後、陥落するまで続くので、実質初回で終了なんですね(汗)
残念な事に、2回目以降の行為は、そういった事をしたという描写だけで詳細は描かれておりませんでした。


終盤では、全員での腹ボテ状態でのハーレム展開になりますね。
まぁ、ハーレムみたいな対等な関係ではないですけどねぇ、家畜に近い扱いだし(汗)
なので、従順なヒロインたちからご主人様(ハート)と呼ばれるのは、一見甘い様ですがどうなんですかね(汗)
巨根で種付け牧場になる町

挿絵


挿絵は、原作版の画像が使われています。
原画担当は「石井彰」さんです。
他の巨根シリーズでもお馴染みですね。

可愛らしくHな女性陣の姿が堪能できる作品となっていますね。
それでいて、このシリーズ特有の良い意味での下品さもあって、いやらしさがより増している印象ですね。
巨根で種付け牧場になる町

今作でもヒロインたちは、基本的にすぐ肉棒の虜になってしまい、デレデレになっている女性陣の変化は見所ですね。
普段との表情とは全く違って、はしたなく歪んだりした顔を見せますからね、シーンによっては稀にアへったり(汗)

終盤では、腹ボテ姿での行為も描かれていますね。
皆、結構な大きさにまで膨れ上がった姿は、何ともいえない圧巻の光景ですね。

挿絵数:33枚?

総評


全体的には、巨根が世界?を制すお話なので、突っ込み所のある展開ですね(汗)
それがこのシリーズのノリって事なのでしょうから、お約束みたいなもんですね。

ヒロイン攻略の見応えは、あまりないだけに従順になっていく女性陣の姿を楽しみたい人には良いのではないでしょうか。

最初、表紙絵であやめと咲姫の親娘がヒロインだと思ってたので、6人もいると知ってビックリしましたが(汗)
個々のヒロインの行為描写も6人いるので、当然物足りなさはありますが、結構バカっぽいノリの展開などもあってか、さほど感じなかったかな?

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
【割引】 巨根で種付け牧場になる町 ~名門母娘たちを片っぱしから孕ま征服!街中の牝穴が俺の家畜になりたがる!~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ