二次元ドリームノベルズ 解放姫アンナマリー 若き王子が仕掛ける牝妻開発


11月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「アンナマリー」は、レイド王国の第三王女継承権者です。
王族にも関わらず、戦術、剣技に長け、前線で戦う存在である彼女の王国は敵対する「ハイドンソン帝国」の奇襲を受け、善戦むなしく敵の手に落ちる事に…。

アンナマリーに執着を抱く帝国の王子によって、アンナマリーは共に捕虜となった自国の兵を救うべく、卑猥な行為を強制させられる事になってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アンナマリー=レイド
ランファン」がいます。

アンナマリーは、レイド王国の第三王女継承権者です。
王族にも関わらず、戦術、剣技に長けており、並みの男たちを圧倒できる程です。
凛々しく自国の者を大切にしています。

ランファンは、レイド王国と敵対しているハイドンソン帝国の王子である「ジキル」の妻です。
自身は凶姫と呼ばれる徒手空拳の使い手であり、武闘家の面もあります。
基本的に劣る男を見下す傾向がありますが、夫であるジキルには身も心も捧げています。

ストーリー展開


展開的には、アンナマリーの国がジキル率いる帝国軍の奇襲を受け、結果ジキルの手に落ちてしまい、言う事を聞かざるを得なくなると言う流れですね。

より正確に説明すると、奇襲を受け、アンナマリー率いる軍は善戦するものの、投降する事になるんですね。
アンナマリーは、国民を大事に思っている、珍しい存在でもあります。
それだけに下手な抵抗をする事で、兵たちを危険にさらす訳にはいかないと判断しての行動だった訳です。

…まぁ、ここでそれも覚悟の上で行動していれば、決して少なくない犠牲はあれども、後の様はならなかったかもしれませんが(汗)


こんな経緯で敵側の捕虜となったアンナマリーたち。
彼女に王子のジキルは、自分の妻になれと言い出す事に(汗)
この王子、見た目こそ子供にしか見えないですが、中々悪知恵が働き、狙った女性を手に入れるためには何でもやる、ろくでもない奴なんですね。

しかし、当然こんな申し出に応じる様なアンナマリーではありません。
そこで王子は、こんな提案をしたのです。

自分の言う事に従う度に、捕虜を一定数解放すると。

従う事で兵士を助ける事が出来る…、その想いで彼女はこの提案を受け入れた訳ですが、言ってくる内容がそりゃまともな訳はありません。
こうして、アンナマリーはいやらしい内容の指示を受け入れ続ける事になってしまう流れですね。

こういう真っ直ぐ毅然としたヒロインなんて、向こうの悪党からしたらもうたまらないんでしょうねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、手コキ、フェラなどがあります。
他の要素では、バイブを使うなどの展開も一部ありますね。

ここまででも分かると思いますが、とにかくアンナマリーは性に関しては、殆ど知識も興味もなかった様な存在なんですね。
勿論、いつか愛するものとの子を…という漠然とした思いはありますけどね。
そんな彼女なので、王子たちの言う事が分からなかったりする事が多く、その内容を知らされて動揺、困惑したりする姿は愛らしくもありますね。

また全体的に、王子のやり方として、周りに他の男たちがいる状況下での行為をする事が多いですね。
これはアンナマリーを周りから嘲り、辱めると同時にそんな状況下を周りに見せつける事で、王子への敬意を高めるなどの効果も意図している所があるのがやらしい男ですね(汗)


意外だったのは、思ったよりも凌辱って感じの内容だった訳じゃない所でしょうか。
どういう事かと言うと、アンナマリーと王子、ランファンらとのやりとりがどこか緩い様な感じがあるからです(汗)
勿論、そんな中で結構アンナマリーを辱める様な内容の事をさせているので、純粋に微笑ましいとかではないんですけどね。

一々、王子の言動にアンナマリーが律儀にも突っ込みを入れたりする事もあってか、何かおかしな空気になっている様な気がするんですよねぇ(汗)
そこら辺が彼女の真っ直ぐな所が出ているゆえなのかなとは思うんですが、割と素直に自分が悪ければ謝罪したりと人間味があるからなのかな?
クールそうで、冷酷になりきれていないって感じのキャラクターは、魅力的でもあり、この手の作品では新鮮に映ります。

王子側も暴力的に壊す感じではないやり方なのもあって、トーンが柔らかいんですね。
なので、ガツンと来る一撃こそはないかもしれませんが、じわりじわりとした妙ないやらしさがあります。

そんな妙な雰囲気の中で、繰り広げられる行為によって、確実にアンナマリーの身体や心にも変化が見られるのも見所ですね。
まぁ、お約束な反応ではありますが、やはり何も知らなかった凛とした女性が淫らになっていく過程は見応えがあるのも確かです♪

挿絵


挿絵は「あかつき」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズ初ですかね?
イラストや同人活動などをされているみたいですね。

柔らかくも凛としたアンナマリーの姿は、格好良くて魅力的ですねぇ。
あまり顔立ちにキツさがないので、より柔らかさを感じるんですよね。
そこがまた新鮮でもありましたね。

絵柄も繊細な線で描かれているんですが、かなりいやらしさがあって、興奮できる仕上がりとなっているのでも見所ですね。
特に肉棒の描写や行為の描写も、しっかりと丁寧に描かれており、多少の修正がありますけども、それを気にしないクオリティなのも見逃せないです。
久しぶりに好みの肉棒描写とかだったかも、パツパツに張り詰めた感じとか。

全部ではないですが、かなり甲冑姿での行為が多かったですね。
単純な全裸よりも、個人的にはワンポイントでもそういうのがあると嬉しいだけに良かったです。
勿論、それだけではなく、水着姿だったり、踊り子衣装だったりとコスプレ要素も少しありますね。

個人的には、よく意味も分からずダブルピースをさせられながらのフェラシーンも可愛らしくて好みですね。
初めて見たかも? アへ顔じゃない表情でダブルピースって(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、上記にもある様に、凌辱物なはずなのにどこかそう感じない面白い雰囲気は見所でもありましたね。
そのため、この手の作品が苦手な人にも読みやすいかもしれません。
私も読む前は、表紙絵見て、もっと悲壮感ある内容と思ってただけに、ギャップを感じましたし(汗)

凌辱役が少年なので、腕っぷしでは弱いはずの相手から好き勝手されるギャップも楽しめる人には中々な仕上がりだと思います。
色々と他の凌辱とは若干雰囲気が違うと思いますので、新鮮に感じられるのではないでしょうか。

楽天はこちらからどうぞ
解放姫アンナマリー 若き王子が仕掛ける牝妻開発

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
解放姫アンナマリー 若き王子が仕掛ける牝妻開発

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事