ぷちぱら文庫 いつでも性交!? アイドル学園!


11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、一見ごく普通の男子学生に見えます。
しかし、その正体は政財界に大きな影響力を持つ財閥の跡取り息子だったのです。

そんな主人公は、その力を使い、数多くの美少女アイドルたちが通う学園に無理やりに入学を果たす事になり、そこの女生徒たちに次々とHな事をする事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

天ノ宮 雪菜」(あまのみや ゆきな)
七條 桜華」(ななじょう おうか)
日向 鈴」(ひゅうが りん)
金城 千香」(きんじょう ちか)
逢坂 梓美」(おうさか あずみ)がいます。

雪菜は、主人公の義理の妹です。
抜群の容姿をしており、彼女もまた学園に在籍している国民的なアイドルでもあります。
片寄った主人公の性格、嗜好なども理解している理解者です。
基本的に主人公に従順ですが、小悪魔な面を持ち、油断ならない相手でもあります。

桜華も、学園に通うアイドルです。
優雅で気品を感じさせるお嬢様アイドルでもある一方で、実は負けず嫌いで勝ち気な性格の持ち主でもあります。
また権力を好き勝手にふるう主人公を嫌ってもいます。

鈴も、学園に通うアイドルです。
とにかく恥ずかしがり屋な性格の持ち主で、いつもぬいぐるみを持っています。
強い言い方をされると、何も言えず、断れない所があります。

千香も、学園に通うアイドル声優として活躍しています。
声優としての実力も確かです。
しかし、自身の利益になる存在か否かで接する態度を一変させる極端な二面性を持ってもいます。

梓美も、学園に通うアイドルです。
癒し系アイドルとして人気ですが、何故か出会った当初から主人公に積極的に迫ってきます。
意外とはっきりと物を言う性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、親の力を使い、主人公がアイドルばかりが通う学園、通称アイドル学園に無理やりに入学する事になる流れですね。

ここまでで分かると思いますが、この主人公、ろくでもない奴なんですよね(汗)
自身には何も秀でたものはないものの、親の権力を巧みに使い、好き勝手をし続けてきたんですね。

そして、今回の主人公の標的は現役アイドルばかりが通う学園、通称アイドル学園を我が物とする事に決めたのです。
しかし、本来アイドル学園は、男子禁制であり、男子が入り込む事はできないのですが、ここでも父親の力を借りた主人公は、あっさりと唯一の男子生徒として入り込む事が出来る様に。

入り込める様になると、以前主人公をゴミの様な目で見ていた女生徒たちの態度は、がらりと一変。
大抵の女生徒は、保身のために主人公にアイドルスマイルで媚びへつらう事になる訳ですね、…女性って怖いわぁ(汗)

まぁ、この主人公はいきなり出会って早々、服を脱げとか言っちゃう様な振る舞いなので、媚を売る女性陣もひきつるレベルですけどね(汗)
生半可な媚売りでは、主人公をどうこうする事はできませんな。

実際、主人公の障害となる様な存在は基本いませんので、好き放題ですよ(汗)
それゆえに、反抗的なヒロインもあまり歯ごたえがないのは残念な所ですねぇ。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
それ以外にもキャラ紹介以外にも担任の「花柳」(はなやぎ)といったヒロインもいます。

行為的には、アナルセックスやパイズリ、フェラなどがありますね。
一部ローターを使う様な場面もありましたね。

主人公は、これまでにもこんな無理矢理力で好き勝手してきた経緯があり、色々と女性を食い物にして来た訳です。
それだけに普通の倫理観など全く持ち合わせている訳もなく、場所を問わず好き勝手する事になります。
まさしくタイトル通り、「いつでも性交」って訳ですね。

場所も学園だけではなく、アイドルたちが活動するテレビ局やイベント会場などにも出没し、ヒロインたちとの行為に耽る事になりますね。
そのため、結果として周りに人の目がある中での行為が多いとも言えるんですね。

個人的には、あまりそういうシチュでの行為は好みではないというか、集中しきれないので今ひとつでしたが(汗)
まぁ、主人公としてはアイドルを好き勝手に出来ているって事を周りに誇示したい所もあるんでしょうけどね。


また普段からですが、行為中の主導権も主人公が握るために、ヒロインは基本従う事になります。
積極的なヒロインもいますが、それでも主人公がペースを握りますね。
まぁ、この主人公の性格なら、そうなるか(汗)

ヒロインによって主人公への態度が違いますが、大きく分けて…
言いなり:鈴、千香
好意的:梓美
敵視:桜華って感じになりますね。

妹の雪菜に関しては、若干別扱いになっている印象で、メイン格だと思います。
彼女も主人公に負けず劣らずのいい性格をしていますからねぇ(汗)
そんな彼女との行為は、主人公もまた少し他のヒロインとは若干扱いが違うかなって感じましたね。

雪菜は、他の女性陣に主人公の意識が行くのが面白くない程、独占欲が強いんですが、他のヒロインと一緒に絡ませると面白かったですね。
特に敵視してた桜華との組み合わせだと、挑発的な言動もあったりで桜華にも良い具合に煽る結果となったりで、普段のノリとは少し違ってたのは新鮮さがありましたね。


終盤では、全員を交えてのハーレム状態な展開になります。
もうこの辺りでは、全員出来上がっているだけにヒロイン攻略という意味では面白さは薄かったかもしれませんね。
まぁ、全員での絡みはここまでなかっただけに新鮮さもありましたが。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使っています。
原画担当は「真崎ケイ」さんです。

印象としては、全体的に童顔な顔立ちのヒロインでしたね。
成人であるはずの先生も結構童顔だったりで、可愛らしさが強いですね。

ちょっとどこか表情が硬い様な感じに見えたのは、気になったかな(汗)
そこは彼女たちの瞳が、黒目が強い、大きいせいもあるのかなとは思いましたね。
なので、どこか落ち着いて気怠そうに見えなくもない…?(汗)

そんな事があるせいか、妙な色気というか艶もHシーンでは感じる気もするんですよね。
あんまりみんなキャピキャピしていないというか、独特の雰囲気があるので、そこは童顔とのギャップがなくもないのかなって。

童顔だけども、結構な巨乳揃いだったりするのも好きな人には嬉しい点ですね。
程度の差はありますが、全体として皆、結構大きいとは思いますね♪

終盤では、腹ボテ状態でのヒロインたちの姿も見る事ができますね。
ぷっくらとお腹が大きくなった女性陣が、行為中に母乳を噴射する様は見所でもありますね。

挿絵数:26枚

総評


全体的には、色々と性格に問題のある主人公が、好き勝手するという内容のままでしたね。
それ以外には、清々しいまでに何もないですね(汗)

まぁ、女性陣とHしまくる展開だけを楽しむ分には、問題ないとも言えますけどね(汗)

気になったのは、個人的にあまりヒロインにアイドル感がなかったのが勿体なかった所かな。
一応、学園外での行為もありますが、基本学園内での描写が主なので、あまりらしさが感じにくかった所がありますね。
皆、美少女なのは間違いない所ではありますけどね(汗)


原作PC版
いつでも性交!? アイドル学園!
ディーゼルマイン
売り上げランキング: 6,757


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
いつでも性交!? アイドル学園!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ