えちかわ文庫 かてきょーぱらだいす! 小悪魔3人とキャッキャウフフの夏休み


10月発売のえちかわ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、一人暮らしを満喫中な大学生です。
彼の家には従妹の「エリカ」がしょっちゅう入り浸っており、我が物顔で振舞うのが目下の悩みでもあります。

そんな中、主人公は夏休みの間、エリカの母親から彼女の家庭教師を依頼される事に。
しかし、エリカはとにかく真面目に勉強するのが大の苦手(汗)

そんな彼女の罠に引っかかってしまった主人公は、淫らな勉強まで教える事になってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

柊 エリカ」(ひいらぎ)
松丘 クルミ」(まつおか)
栃山 ツバキ」(とちやま)がいます。

エリカは、主人公の従妹です。
幼い頃から主人公に懐いており、今も一人暮らしな主人公の家に勝手に上り込んで家探しをしています(汗)
元気でませた所があり、勉強など同じ事をずっとやる事が苦手な所があります。
Hな事に興味津々なボクっ娘です。

クルミは、エリカの友達です。
大人しめな性格で読書が大好きです。
エリカたちの年齢の少女としては、見事なほどに発育した胸が目立ちます。
本人はそんな巨乳をコンプレックスに感じています。

ツバキも、エリカの友達です。
真っ黒に日焼けしている程のスポーツに力を入れているスポーツ少女です。
身長が他の娘よりも頭一つ高く、凛々しく精悍な顔立ちをしています。
体育会系らしく年上の主人公には、しっかりとした態度を見せます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が従妹のエリカの勉強の面倒を見るはずが、いつの間にかHな勉強ばかりになってしまってたという流れですね。
そっちの勉強会なんですね(汗)

元々、勉強嫌いで集中力のないエリカ。
そんな彼女の勉強を見て欲しいと主人公はエリカの母親から頼まれた訳ですね。
そこには主人公に懐いているからという面もあった様ですね。

実際、彼女も主人公が相手だと知るや、態度を一変させて受け入れる事になります。
まぁ、この時点で何となく察する事ができるでしょうが、主人公の事が大好きですよね、エリカは♪

しかし、それと勉強は別問題であり、やはり集中力が続かない訳ですが(汗)

そんな中、エリカは自分のスカートの中を主人公に覗かさせるという、まさかの行動に(汗)
困惑する主人公ですが、言う事を聞かないと勉強しないと強く出られると、バイト代をもらう立場としては弱い訳ですな。

しかたなく要求に従った訳ですが、これこそ彼女の罠でした。
この事を弱みにされてしまった主人公は、ドンドンエリカのエスカレートする要求を飲まざるを得なくなる流れになり、泥沼化(汗)
まぁ、主人公も困惑と同時にいつの間にか女性らしさの出てきた彼女の身体を見たり触る事に興奮を覚える様になるのも確かなんですけどね。

そんなHな授業まで行いつつあった中、途中から彼女の友達のクルミ、ツバキも勉強会に参加する事が決定(汗)
勿論、エリカが普通の授業だけで済ませる訳はありません。

事態は、友人ふたりも巻き込んでの3人を相手にしてのHな授業に発展していく事になる展開ですね。

Hシーン


Hシーンは、ヒロイン全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナル弄り、アナルセックスなどがあります。

それぞれタイプの違う美少女たちとの行為は見所ですね。

エリカは、経験豊富みたいな話をしていますが、ドモってたりと完全に嘘くさい(汗)
そんな彼女が主人公の指摘で、分かっているとばかりに反応して、初々しい行為をする流れは見てて微笑ましくニヤニヤできますね♪
ちょっとワガママですけども、行為中は意外と主人公に素直に従ったりと可愛らしい面も垣間見えますね。

終盤近くになると、最初の頃からはかなり印象が変わって、素直になってきますね。
小悪魔なエリカも魅力的でしたが、素直に甘えてくる彼女も良いですねぇ♪

クルミは、普段控え目な感じの少女ですが、ボディ(胸)の破壊力、存在感は半端ないものがあります。
そんな彼女ですが、胸の感度がかなり高いようで、乳首をシコシコと扱かれたら周りが引き気味になる程、大きな声で感じ入る大胆な面も見せてたのが印象的ですね(汗)
結構Hでは乱れちゃうタイプみたいですねぇ。

ツバキは、筋肉ばかりで自分の事を女らしくないとコンプレックスに感じている所があります。
そんな彼女を女性として魅力的であるという事を認識させる事になりますね。
確かに少し言葉使いなどが堅い所があるんですが、そんな彼女が女性らしい表情、反応を戸惑いつつも見せていく流れは個人的に好みでしたねぇ。


意外にも、序盤からHな勉強をしてた訳ですが、本番に至るのは結構中盤過ぎ辺りからになります。
それまでは、フェラなどの行為で射精って流れ止まりですね。

終盤では、3人同時のハーレム展開になりますね。
まぁ、そこに至る流れは若干小悪魔たちに誘導されている感もありますが(汗)
でも、Hになってしまえば主人公の独壇場ですね。

挿絵


挿絵は「こもだ」さんが手がけています。
PCゲームの原画なども色々されておられるようですね。

二次元ドリームノベルズでもあった「ディバインハート・マキナ」も原作の原画担当されているみたいですね。
って、アレ? ノベルズの挿絵も原作版も「KAGEMUSYA」さんだった様な?

調べてみると何かこの原作版は、色々シリーズ化(スピンオフ化)しているみたいで、外伝タイトル扱いで、それぞれ外伝は原画担当の人が異なるみたいですね。
こもださんは、そのひとつの作品を担当しているみたいですね。

【独占】 ディバインハート・マキナ 外伝06~衝撃の丸呑敗北!~

さて、話は戻って、今作ではヒロインは全員年下の美少女たち。
なので、色気よりも可愛らしさが印象強いデザインになっていますねぇ。
身体付きは、大人にも負けていませんけどね♪

個人的には、どのヒロインも可愛らしいのですが、ツバキが印象的かな?
彼女は、水泳部所属らしく真っ黒に日焼けしているんですが、水着の所は綺麗に焼けてない白い肌とのコントラストはベタながらも見入ってしまいます♪
挿絵だとトーンで日焼け跡が描かれているので、よりはっきりクッキリしてますねぇ。

クルミの挿絵で、パイズリで射精させてすっかり惚けてしまっている彼女の何とも言えない表情は、ある意味見所ですね。
目の焦点も合ってないから、何か見ようによっては怖く見えますね(汗)

主人公にも顔が描かれていますので、苦手な人は一応注意かな。
まぁ、普通に男前でしたねぇ(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、小悪魔な少女たちとのHな夏休みを味わえる作品でしたね。
まぁ、タイトルの小悪魔ってのが、そこまで小悪魔感はなかったかなとは思いますけども、可愛らしいのは確かでしたね。
皆、年下ヒロインなので、妹系ヒロインが好きな人には中々楽しめるのではないかと思います。

特に凄い展開になる訳ではないんですが、エリカのキャラクターなどの魅力もあって、テンポよく仕上がっているので、読みやすい作品じゃないかと思いますね。
気楽にHな少女たちとの夏を満喫したい人にもいいのではないでしょうか。

そういや、一部、何故か4文字の空白がある文があったんですが、ミスですかね?(汗)


楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】かてきょーぱらだいす! [ 坂東真紅郎 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ