リアルドリーム文庫 桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着

桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着 (リアルドリーム文庫)
早瀬 真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1,298

9月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、学校の映研に所属している男子学生です。
そんな彼は、この夏に自分の自主制作作品を作ろうと思っています。

が、突然そんな予定は崩れ去る事に。
祖父の代理で祖父の経営する民宿の手伝いをする事になったのです。
しかし、そこにやってきたのは密かに好意を抱いている娘のいる同じ学校の女子バレー部員たちだったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

林田 莉子」(はやしだ りこ)
松本 貴美子」(まつもと きみこ)
工藤 祐奈」(くどう ゆな)がいます。

莉子は、主人公が幼い頃から好意を抱いている存在です。
女子バレー部に所属しています。
大人しく控え目な性格の持ち主でもあります。

貴美子は、女子バレー部の顧問です。
巨乳で色気たっぷりな容姿と姉御肌なさばけた雰囲気から、男女問わず人気があります。

祐奈は、女子バレー部でキャプテンを務める三年生です。
短髪な髪型でボーイッシュで勝ち気な性格の持ち主でもあります。
貴美子とは、ただならぬ関係でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が祖父の経営する民宿の手伝いをする事になり、そこに同じ学校の女子バレー部が合宿にやってくる事になる流れですね。
…アレ、映画撮りたいってのは、どこへ(汗)

まぁ、そのために色々動いていたのですが、突然予定が祖父のぎっくり腰によって無くなってしまったんですね。
祖父は半ば道楽で民宿を経営しているのですが、ぎっくり腰によって、民宿の経営が出来ない状況になったと。

普段ならば、誰もお客など来ない様な場所ですが、今回は予約があっただけに閉める訳でもいきません。
そこで祖父から主人公に代わりに民宿の手伝いをする様にと頼まれたのでした。

当初は渋る主人公でしたが、予約客が主人公の学校の女子バレー部であると知り、態度を一変(汗)
実は、主人公には好意を抱いている莉子がバレー部に所属しており、彼女に自分の映画の主演をして欲しいと思ってたんですね。

何とか合宿中に、彼女に出演を快諾して欲しいと考える主人公でしたが、色々なハプニングなどもあり、莉子以外との女性たちと関係を持って行く事になってしまう流れですね。

今作の主人公は、結構性欲に流されやすい性格をしていますねぇ(汗)
まぁ、気持ちは分からなくはないですが、若干理性が飛びやすいかもしれませんな(汗)

そんな主人公なだけに、気持ちは莉子一筋なんですが、結果として他の女性陣とも関係を持ってしまう訳ですね。
大事にしないといけないのに、性欲、快楽の誘惑に流されて、我を忘れるとか(汗)
人間味があると取るかな…?

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、足コキ、素股などがあります。
その他の要素では、レズ要素もあります。

序盤に貴美子と祐奈のレズシーンの描写があったりと、意外と存在感がありましたね。
まぁ、このシーンでは主人公は結果的に覗いているって形になり、ここに介入する訳ではないので、ふたりはかなり親密で甘さのあるやり取りも垣間見えますね。

いかにもなやり取りが、雰囲気があっていやらしいんですよねぇ。
先輩の祐奈の態度は、相手が憧れの貴美子であるからか、かなり雰囲気が違うのも印象的です。

主人公には、かなり活発でお姉さんぶる彼女がこんな姿を見せるのは、見所でもありますね。
まぁ、この時点では、そんな彼女のキャラが分からないだけにあまりピンとこないのは残念な所かな?(汗)


また主人公は、基本的にあまり女性陣に頭が上がらない所があり、結果それは行為にも影響を及ぼしています。
まぁ、莉子以外には色々と弱みを握られてしまっている所があるので、強く出れないんですよねぇ、主人公は(汗)
それにどちらも莉子以外は年上なので、どちらにしても弱い立場かな…。

それゆえに祐奈との行為は、彼女に主導権がある感じですね、射精を我慢させられたりとか、軽く言葉責めされたりとか。
たまには主人公も意地を見せて、やりあったりする事もありますが、基本的には控え目な印象ですね。
そこら辺は、女性に慣れていない感が凄いですね(汗)

念願の莉子との初体験でも、暴走気味だったりと色々落ち着き、余裕のなさが見て取れますね(汗

そんな莉子との行為では、最初は大人しい彼女も少しづつ積極的な面を見せていますね。
意外と勝ち気な所も垣間見えたりするのも、ギャップではないですけども、魅力的な一面を見ましたね。

主人公にされて恥ずかしかった想いを、後で主人公にやり返しちゃったりする所は、彼女の茶目っ気も感じられてニヤニヤできますねぇ♪

残念なのは、メインヒロインなのに結構初体験まで時間がかかった所かな。
初体験未遂は途中にありましたが、結果初体験は全体の8割くらいからだったから、ちょっとさすがに遅いねぇ(汗)
ちょっと引っ張り過ぎて、印象が弱くなったのは勿体ないですな。

終盤では、全員交えてのハーレム展開になりますが、そこに純粋な恋愛感情があるかと言うと…(汗)
色々な思惑があってのだから、素直に楽しみにくい所は心情的にありますけども、やはりタイプの違う女性が3人同時ってのは、魅力があるのも確かなので難しい所ですね。

主人公は、映研なのでHにもカメラとか絡んでくるかと思ったんですが、あんまりそういう場面はなかったですね。
一応あるにはあるんですが、主人公の本意ではない形だったりで、微妙な存在に…(汗)
ああいう使い方よりも、普通に莉子とのHな姿を収めるって形の方が甘さがあったと思うんですけどねぇ。

挿絵


挿絵は「ロッコ」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では、お馴染みですね。

繊細で生々しさや色気を感じさせる表現が秀逸ですね。
表紙絵よりも中の挿絵に関しては、線がよりはっきりとしており、力強さもありますね。
特に表情の艶めかしさは、表紙絵よりもかなり出ているのではないでしょうか♪

先輩である祐奈は、表紙絵にも出ている短髪の娘が彼女ですが、この手の作品では珍しい短髪具合ですね。
結構何気に一番挿絵に登場してた事もあってか、印象的でしたねぇ。
結構、凛々しさの中に色気もあって、これはこれで良い感じではありましたね。

バレー部でブルマだのスクール水着だのとタイトルにあるんですが、挿絵に関してはほぼ関係ないです(汗)
最後の挿絵のシーンでは、かなり変態的な過激水着とか着てたらしいですが、挿絵ではちょっとしか見えないので、あまりそっち方面の描写は期待しない方が良いですね。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ハーレム物としては、物足りず弱い印象の作品だったかな。

勿論、ハーレム合宿と銘打っていますし、実際全員との行為はあるんですが、個人的な印象としてはややハーレム?って感じですね(汗)
それは、やはりメインヒロインの莉子以外のふたりの存在が良くも悪くも大きかったです。
このふたりは、別に主人公の事を好きって訳ではないですからねぇ(汗)

更にこのふたりが、ただならぬ関係(レズ)って事も大きく影響していますね。
ふたりとも別に女性だけしかダメって訳ではないので、主人公との行為もありますが、やはりあまり甘さは弱いかな。
悪くはないんですが、やはり主人公が蚊帳の外になるのがね。

もう少しあのふたりと主人公の絡みが普段からあれば、もう少し甘さも出たのかなって気はするだけに、勿体ないかなと。
メインヒロインだけ見たいって人には、やや物足りなさがあると思うので、ご注意を(汗)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
桃色ハーレム合宿 美少女のブルマとスクール水着

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事