えちかわ文庫 お嬢さま三姉妹にぺろぺろされ続けるのをやめたい人生だった


9月発売のえちかわ文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

主人公は、学生の身ながら由緒ある名家の娘たち、三姉妹の元に使用人としてアルバイトする事に。
しかし、この三姉妹は皆、揃いも揃って一癖もある女性陣でした(汗)

主人公はそんな三者三様なお嬢様たちに振り回されていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

都和蕗 梓乃」(つわぶき しの)
都和蕗 楓子」(つわぶき ふうこ)
都和蕗 椎」(つわぶき しい)がいます。

梓乃は、都和蕗家の長女であり、学園の生徒会長でもあります。
器量良し、包容力があるなど出来た女性でもあります。
年齢よりも大人びた雰囲気を持っています。

楓子は、次女で主人公とは同級生です。
周りに対して、とにかく可愛らしい態度を崩す事はなく、どこまでが素でどこまでが演技なのか分かりません。

蕗椎は、三女で主人公のふたつ下の少女です。
年齢以上に小柄な体型で子供っぽさが残ります。
現在は、家にこもっている生活をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が都和蕗家の使用人として、三姉妹に振り回される事になる流れですね。

元々、主人公はいきなり都和蕗家の三姉妹との付き合いは、最近のものではないんですね。
古くは主人公たちが幼い頃から親交があったんですね。
まぁ、それは名家である都和蕗家との繋がりを持ちたいと必死だった主人公の親が無理やり娘たち三姉妹に近づかせたって所ですが(汗)

それはある意味成功し、主人公は三姉妹と親しくなっていったのでした。
もっとも…、友人ってよりもただのオモチャって扱いだった訳ですが(汗)

そんな主人公は、現在色々な事情があって、彼女たちの家で使用人のアルバイトをする事になったのです。
困った事に主人公も成長したのと同様に三姉妹も成長して、美しく、可愛くなっているのですが、一癖ある所もパワーアップしている訳ですな(汗)

そして、主人公の知らぬ内に主人公を巡って、三姉妹で会議が行われていたのです(汗)
三姉妹は、主人公への接し方に難があるものの、皆が主人公に好意を抱いており、Hな流れになっていく流れですね。


この三姉妹は、表面上は結構クセがあるんですが、それはある種の仮面でもある所があるんですね。
名家のお嬢様である彼女たちは、恵まれた環境でもあるゆえに縛られた環境下にいる事でもあります。
そんな中で、彼女たちは三者三様の振る舞いをする様になったって感じでしょうか。

なので、中々所々で彼女たちの素が垣間見える所があるものの、全体像は見えにくい所があるんですね。
個人的には、そこら辺で少し回りくどいかなって、モヤモヤした感があったんですよね(汗)

まぁ、そこらの描写なども今作の独特のリズム、テンポなどの雰囲気作りに繋がっているとは思うのでこういうのが味なのかなって思うんですけどね、単に私が分かりやすい方が好みってだけなので(汗)

Hシーン


Hシーンは、三姉妹との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラなどがあります。

三姉妹との行為な訳ですが、それぞれタイプが違うだけに似た行為でも印象がガラッと違いますね。
共通しているのは、彼女たちとのやり取りの中などで感じられる淫靡な雰囲気でしょうか。
甘さも勿論感じ取れるんですが、イチャイチャってよりもまた生々しさがあるって感じかな。

主人公は、その使用人という立場や女性陣に押され気味な所や、元々の性格が冷静なので、どうしても全体的に押され気味ですが、要所要所では主人公もやはり年頃の男でもありますので、積極的な面も見せますけどね。
でも、全体的に落ち着いた印象が強かったですね、良くも悪くも。


三姉妹全員とのハーレム展開作品かと思ってたんですが、意外とそんな感じでもなかったかな?
勿論、全員と行為はしているんですが、中でも次女である楓子との関係性が他の姉妹よりも多少優遇されていた感はありましたね。
彼女とのやり取りも、甘い雰囲気も漂っていたり、描写もかなりしっかりされていたのが印象的でしたね。

反対に意外と長女の梓乃の存在感が薄めだったのは残念でしたねぇ、結構出番ありそうかと思ったんですけどね(汗)
何か長女としての立場などが彼女を良くも悪くも縛っていた感はありましたね、心のどこかで。

三女の椎は、子供っぽさの中にゾクッとする色気を潜ませている辺りがギャップがあって良い感じですね。
最初はもっと腹黒系かと思ってたんですが、素直な所が多くて、可愛らしさがありましたね。
まぁ、たまに手厳しい所はありますが、それも可愛く見えてしまうなぁ(汗)


途中では、姉妹の内ふたり同士の組み合わせでの展開や全員を交えた展開もありますね。
ふたりの組み合わせだと、長女+次女、次女+三女などの組み合わせがあり、それぞれ姉妹の関係性も見所ですね。

三姉妹は、全員こちらの興奮を誘う様な言葉を口にするんですよねぇ、これが。
これが無意識なのか、意識的なのかはさておいても、こんな年頃のお嬢様たちが口にしているって思うと、ゾクっとしますな♪
単なる隠語とは少し違うんですよね、主人公の心にストンと来る感じというか。

そういうのが、彼女たちとの主人公の関係性が見える感じがあって、微笑ましさもありますね、ツボを心得ているって事かな。

挿絵


挿絵は「ぎうにう」さんが手がけています。
最近の挿絵では「ウィッチ&エッチ クールな魔女をマゾ調教してみた」などがありますね。

可愛らしいんですが、いずれのヒロインもねっとりとした色気を感じさせる描写が秀逸ですね。
すっきりとしつつもしっかりいやらしい描線は見所です♪

年齢以上に幼く見えるはずの椎までもが、行為の中では女を垣間見せる時がありますね。
個人的には、露出過多な水着姿での身体のラインは、結構生々しくて印象的でしたねぇ。

表情に関しては、クール系な長女の梓乃以外は、目が大きくて普段はパッチリしているんですが、行為中などで見せる眼差しはねっとりしているんですよねぇ(汗)
普段が可愛らしいだけに、この変化は主人公ならずも見入ってしまいます。

Hシーン以外にも、普段の生活シーンの描写も魅力的ですね。
三姉妹が食事の支度をしているシーンは、三姉妹の個性が出ていて、微笑ましいですね♪

挿絵数:11枚

総評


全体的には、色々随所で独特の雰囲気を感じる作品でしたね。
何というかヒロインとのやり取りなんかも、独特のテンポというかリズムに加えて、色気があるんですね。

何気ない場面なんだけども、そんな所に色気を感じるというか、読んでいて新鮮な感覚を抱きましたね。
まぁ、反面、ぶっちゃけて言えばストーリー的にはこれという何かはあまり感じなかったんですけどね(汗)
そこら辺でもっと読み手を引き込む何かがあればもっと良かったんじゃないかなとは思いましたが。

後は、ラストの展開ですねぇ。
もう少し最後に何かあるのかと思ってたけども、何かフワッとした感じで終わった様な…(汗)
欲を言えば、しっかりとオチをつけて終わらせて欲しかったかな。


ちなみに著者の幌井学司さんは、この名義ではデビュー作みたいですが、どうも他の名義では色々活動されているみたいですね。
なので、純粋な新人さんではないのかな?
だとしたら何となく納得の様な出来栄えだったかなとは思いますね。

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】お嬢さま三姉妹にぺろぺろされ続けるのをやめたい人生だ...

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ