えちかわ文庫 幼なじみの双子転校生と双子義妹が戦争を始めるようです


9月発売のえちかわ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、ふたりの双子の妹がおり、賑やかな日々を過ごしています。
そんな中、ある日主人公のクラスに転校生が。

何とそれは、以前幼なじみだった双子の少女たちだったのです。
似ている様な似ていない様な双子たちの姉妹。

皆、主人公が好きな彼女たちは主人公を巡って争う事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

霧川 乃恵瑠」(きりかわ のえる)
霧川 梨恵留」(きりかわ りえる)
浦破音 美礼」(うらはね みれ)
浦破音 柚玲」(うらはね ゆれ)がいます。

乃恵瑠も、主人公の妹であり、梨恵留の双子の姉でもあります。
妹と比べておっとりした雰囲気を持っている穏やかな性格をしています。
しかし、昔からドジっ娘で無意識に色気を振りまく性質の悪さも(汗)

梨恵留は、主人公の妹です。
ショートヘアが良く似合うボーイッシュな活動的な性格をしています。
最近は女性らしい顔を垣間見せる様にも。

美礼は、親の転勤で主人公の学校に転校してきた転校生です。
かなり自信家で勝ち気、感情が露骨に表に出るなど、感情豊かで騒がしい性格の持ち主でもあります(汗)

柚玲は、美礼の双子の妹です。
彼女もまた美礼と共に転校してきました。
姉、美礼とは真逆で落ち着いた性格の持ち主で無表情な態度を見せます。
意外と黒い面も…。

ストーリー展開


展開的には、主人公を巡って、双子たちが激しい火花を散らす事となる流れですね。

主人公の幼なじみである「浦破音」姉妹は、幼い頃に仲の良かった存在でしたが、引っ越してしまっていました。
そんな彼女たちでしたが、何年も経過して、また戻ってきた訳ですね。
かなりの年月が経過してたので、主人公や美礼は気づくのが遅かった所がありましたね。

そして、彼女たちは、幼い頃の幼なじみである主人公の事を好きだったんですね、健気にも。
まぁ、妹の柚玲は当時は恋愛感情はなかったみたいですが、現在の姿で再会して気持ちに変化が起こったぽいですねぇ。


対して、主人公も妹である乃恵瑠、梨恵留ですが、彼女たちは実は血の繋がっていない義理の妹なんですね。
幼なじみが引っ越した後に両親の再婚で家族となった訳なので、幼なじみ組は存在を知らなかったのです。
そして、義妹である彼女たち双子もまた、兄である主人公に対して兄以上の気持ちを抱いていた訳です。

そんな中、都合の良い事に昨夜、天然乃恵瑠のスキルが炸裂した結果、何故か彼女に主人公は射精してしまう事に(汗)
これだけだと意味不明ですが、説明すると寝ぼけた彼女の手が何故か股間に行って、手コキ状態になってしまったという説明しても意味不明な展開です(汗)

そんな場面を妹の梨恵留に目撃されてしまっており、これまた彼女もアプローチをする決意を固めてしまった訳です(汗)

こうして、主人公を狙う双子たちの猛アプローチが始まる事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキやパイズリ、フェラなどがあります。

ヒロインの本番順番は、柚玲⇒乃恵瑠⇒梨恵留⇒美礼の順です。
やはりというか、一番素直になれないツンデレ系のヒロインである美礼の順が遅いのは決まりなんですかね(汗)
妹の柚玲が真っ先に行動しているってのにねぇ(汗)

皆、主人公を大好きなので、甘くイチャイチャ感のある行為が特徴ですね。
それぞれ双子の姉妹同士な訳ですが、それぞれでやはり個性が違うのも見所ですね。
まぁ、かぶっていたら面白みがないですしね(汗)

乃恵瑠は、天然系なドジっ娘って感じですけども、意外と大胆な行動力を見せる所も。
普段から礼儀正しいな彼女なのですが、存在感のあるボディや行為で見せるかなり情熱的な所は破壊力がありますねぇ♪
丁寧なだけにフェラやパイズリなどの行為は、より心がこもっている感がしますね。

梨恵留は、普段がちょっとボーイッシュですけども、結構そこからの女らしさが垣間見えるとよりドキッとするんですよね。
でも、特別見た目もボーイッシュって感じではないんですけどねぇ、元気なのは確かですが(汗)
ちょっと姉より、幼さというか子供っぽさがあるだけに行為でのいやらしさは中々良い感じですね♪

柚玲は、しれっと真っ先にHする事になるなど、強かな面がありますね(汗)
普段が無表情なだけに、行為などで少しでも顔を赤らめたりする姿を見ると、凄くニヤニヤできますね。
それだけに彼女の愛の言葉は、気持ちの強さを感じさせる事になりますね。

美礼は、最後の最後での行為になるなど出遅れていますが、典型的なツンデレキャラなので、かなり存在感、破壊力がありますね。
明らかに最初の頃から主人公に好意を抱いているのが丸わかりに加えて、素直になれない性格ってだけでベタ過ぎる娘なんですが、それが良いんですよね♪
その一方で、キスするとトロンと惚けちゃったりと行為で見せる顔は別だから、愛らしいですねぇ。

また1対1だけではなくて、双子の姉妹同士での複数人数での行為もまた雰囲気が違います。
特に美礼、柚玲姉妹に関しては、何だかんだ姉よりも冷静な妹の方が力関係があるのでは…と思う程なのが、また面白いですね。
冷静な妹に対して、勝ち気な姉が対抗意識を燃やしてくるってパターンがもう出来上がっています(汗)
これは普段も行為中も同様ですね。

勿論、全員でのハーレム状態な展開もありますよ♪
個々のヒロインだけでも中々のHさなのに、4人まとめてとなると更にえらい事に(汗)
互いの存在が、またヒロインたち、主人公の性感を高める効果もありますねぇ。

挿絵


挿絵は「彩葉」さんが手がけています。
PCゲームの原画や挿絵などをされており、二次元ドリーム文庫の「妹のリップバージンはお兄ちゃんのもの!」の挿絵もそうですね。

でも、この時よりも絵柄が少し変わった様な気もしますね?
確かに妹のリップ~は、2011年の作品でしたので、それから絵柄が変わってていても当然かなとは思いますけどね。
よりクオリティーが上がった印象を受けますので、私は大歓迎ですね♪

プニッとした柔らかそうな身体付きが良い感じですねぇ。
巨乳娘やそうでない娘もおり、バランスも取れていますね。

でも、ちょっと気になったのは、梨恵留がボーイッシュって所かな。
ボーイッシュってより、子供っぽいって感じですな、あの娘は。

実際私は表紙絵と本文を読んでいるしばらくの間、梨恵留と柚玲を勘違いしてましたからね(汗)
柚玲の髪型が凄い短いだけに彼女が梨恵留だと思ってたから、ビックリしました(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、大体タイトル通りかなとは思いつつも、いがみ合ってたのはふたりだけって感じでしたけどね(汗)
まぁ、そんなに血生臭い戦いを繰り広げるかの様な展開がある訳ではないので、ぶっちゃけ普通です(汗)

本当に双子同士の主人公を巡るHな展開だけで終始するので、そこら辺は評価が分かれるかもしれません。
やはり双子×2なので、4人分の初体験をこなす個々のパートだけである程度のページが割かれてしまいますから、仕方ないんですけどね(汗)
それぞれ中々魅力的なヒロインだったので、もっと個々の描写が見たかったかなと。

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】幼なじみの双子転校生と双子義妹が戦争を始めるようです ...

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ