二次元ドリームノベルズ  軍属麗奴ツバキ 淫れ散る三戦華

軍属麗奴ツバキ 淫れ散る三戦華 (二次元ドリームノベルズ)
高岡智空
キルタイムコミュニケーション

8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「ツバキ」は、フィオーレ公国の兵士です。
彼女たちは、現在大陸の大半を占める大国ドリオ王国と戦いを繰り広げていました。
大国に対し、善戦を続ける彼女たちでしたが、敵の罠に嵌り、敵の手に落ちていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

ツバキ=エンデュミア
サイネリア=パプリシオン
リリィ=セシル」がいます。

ツバキは、黒髪が印象的な女兵士です。
戦闘能力の高さと冷静沈着な思考の持ち主であり、その力で国の危機を救ってきた存在でもあります。
生真面目で性的な事については疎い所があります。

サイネリアも、ツバキらと共に戦う女兵士です。
実家は有名な名家のお嬢様でもあり、敵に対しては高慢な態度を見せる事があります。
しかし、ツバキらの仲間に対しては優しい顔をのぞかせる事も。

リリィも、兵士のひとりです。
年齢は若いながらも、機械工学や薬学などの知識に長けた天才でもあります。
兵器開発やツバキらと共に戦場に出る事も。
寡黙であまり感情の色を見せない所があります。

ストーリー展開


展開的には、ツバキらが敵対する王国の手に落ち、凌辱されてしまう流れですね。
うん、二次元ドリームノベルズのお約束ですね(汗)

さて、ツバキらの国であるフィオーレと大陸の大半を有する大国のドリオ。
圧倒的な国力差があるにも関わらず、何故ドリオ王国と戦争となったのか。

そこにはドリオの抱える商業国家の一面にありました。
大国にまでのし上がる事になったのには、商業国家としてある物を扱っていたためでした。

それは、物ではなく薬物などで調教を施した女性を商品として扱っていたのです。

人道的な行為とは決して認められない行為ながらも、これまでは自国内の女性だった事から他国からは直接これを止めさせる事が出来ずにいたのですが、近年になると状況はまた悪化の一途を辿る事に…。
とうとう、その対象は自国内だけには留まらずに他国の女性を誘拐し、調教、売るという所にまで来たのです。

フィオーレは、それに我慢ならずドリオに宣戦布告し、奴隷戦争と呼ばれる戦いが始まったのです。

当然、国力に劣るフィオーレはドリオの侵攻を許す結果となり、もはやこれまで…。
そんな中、この状況を覆したのがツバキたち3人の女兵士による活躍だったのです。

彼女たちは戦華と呼ばれ、一時は勝負はついたかに思われた戦況を五分近くにまで戻す事ができた訳ですね。
しかし、ここからは一進一退の状況が続き、戦争の長期化が予想される事になっている状況でもあります。

そんな中、ツバキたちは敵の罠に嵌り、ひとり、またひとりと敵の手に落ちてしまう事になる流れですね。
最初にヒロインたちの圧倒的強さを見せつけるってのは、必要ですからねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。

行為的には、フェラや自慰、アナルセックス、パイズリなどがあります。
その他の行為では、ほんの一部ですが髪コキなどもありますね。

てっきりファンタジーなのかと思いきや、かなり科学の発達している世界観なのは意外でしたね。
そのためその技術を無駄に活かした肉体改造な展開があるのも特徴ですね。

それこそ感度を飛躍的に向上させたり、何でもない箇所を性感帯以上に仕立てたりとある意味万能な程です(汗)
触手的な存在もコードだったりと何だか感じが違ってきますね。
コードだと考えると、だいぶ生々しくなくなりますねぇ(汗)

でも、当然ただのコードではありません。
自由に操作されて、女体に絡みつき、怪しい粘液とか出したりしちゃいます(汗)
物によっては、細かったり、吸盤や針がついてたりと生身の人間ではできない事も可能にしています。
こうなると肉々しいのか金属的な質感かの違いしかないですな。

でも、挿絵見たら一応金属管っぽいのもあるけども、ただの触手(肉棒)と変わらなかったですな(汗)

ヒロインの内、2人は処女のまま凌辱、調教されていく事になり、破瓜まではかなりお預けとなります。
その分、その他のフェラだったり、アナルセックスなどに力を入れている事になりますね。

個人的には、それを引っ張り過ぎた感があって、ヒロインによってアナルやフェラの印象の方が強くなってしまい、破瓜しても特別何も感慨がなかったってのが正直な所なんですけどね(汗)
アナルの方が余程反応してた様な気すら…(汗)

個人的には、3人のヒロインも魅力的なんですが、リリィの扱いがやや他のふたりと比べると物足りなさがあったかな。
途中まではサイネリアも、そんな感じでしたが終盤で扱いが変わる場面があるので、そこで取り戻した感がありましたね。
それが彼女にとって喜ばしいのかは、また別の話ですが(汗)

挿絵


挿絵は「からすま弐式」さんが手がけています。
成年コミックを多数描かれているみたいですね。
その分、行為描写のクオリティーは間違いなしですね♪

中々濃厚な行為描写は、意志の強いヒロインたちのデザインも相まって、よりその魅力を感じさせる物に仕上がっていますね。

個人的に見所なシーンは、あるヒロインがある場所に入れ墨をいれられてしまう所ですね。
まさかああいうシーンとは思いませんでしたね(汗)
まぁ、あれがいやらしいかの判断は各々に任せるとして…、インパクトは中々ありましたね。

後は、彼女たちは兵士なので軍服姿ってのも珍しさがあって良かった点ですね。
カッチリとした衣装のイメージとその格好で行われる行為とのギャップがよりいやらしく感じさせてくれます♪
挿絵だと黒っぽく感じますが、表紙絵を見ると赤いんですね。


ビックリしたのは、コミック調ってより本当にコマ割りされた見開きで描かれたページがあった事ですね。
今までこんな挿絵って、ありましたっけ?
まぁ、私も全部のドリームノベルズ作品を読んでいる訳ではないので、以前もあったのかもしれませんが(汗)

ここはコミックも手がけられている「からすま弐式」さんの本領発揮と言った所でしょうか。
挿絵だけでは表現しにくい連続したコマの中で、描かれているヒロインたちの行為はよりいやらしさが増していますね♪
普通にエロ漫画ですね、これは(汗)

挿絵数:23枚(内、コミック挿絵6枚)

総評


全体的には、二次元ドリームノベルズらしい展開が詰め込まれた作品でしたね。
良い言い方では安定感があり、悪い言い方ではマンネリとも言えるけども(汗)
どうしても凌辱へのパターンが似通ってしまうのは仕方ない所ですからねぇ。

ヒロインが軍属ってのは、そこまで珍しい訳ではないんですが、個人的には軍服の衣装だったりが結構好きなデザインだったのもあり、中々楽しめましたね。
好みの要素があれば、読んでみてもいいのではないでしょうか。

軍属麗奴ツバキ 淫れ散る三戦華 軍属麗奴ツバキ 淫れ散る三戦華 軍属麗奴ツバキ 淫れ散る三戦華

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】軍属麗奴ツバキ [ 高岡智空 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
軍属麗奴ツバキ 淫れ散る三戦華

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事