8月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ある事情から女子校に唯一男子で通っている男子生徒です。
しかし、そんな彼の立場は圧倒多数な女子たちの中では、当然のごとく良いものとは言えないものとなっていたのです。
そんな中、主人公の身に異変が…。

何と、主人公は謎の力に目覚め、女性陣を自由に操る事が出来る様になったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

柊 千影」(ひいらぎ ちかげ)
護国寺 玲於奈」(ごこくじ れおな)
観月 紗枝」(みづき さえ)がいます。

千影は、主人公の幼なじみです。
剣道少女であり、その腕前は大将を務める程です。
また主人公に対しては、生活態度などを一々口出してくる世話焼きな面があります。

玲於奈は、主人公のクラスメートであり有名企業のお嬢様でもあります。
これまで女子校に通っており、男性には免疫が無い所も。
しかし、何故か主人公の事を犬とペット扱いにしてきます。

紗枝は、主人公のクラスメートです。
しかし、実年齢は主人公たちとは4つも年下です。
成績優秀な事で飛び級をして、このクラスにいます。
これまた男性には免疫がないらしく、主人公を見る度に「汚らしい」などと嫌悪する事も…。

ストーリー展開


展開的には、主人公が突如異能の力を手に入れる事になる流れですね。
…あれ? この間こんな流れの話をレビューしたような(汗)

まぁ、それはさておき、主人公は女性たちの中にひとりだけ混じっている状態な訳なんですね。
こうなると、男子の存在など圧倒的多数の女性陣のパワーには為す術がないのが正直な所なのです(汗)

これでまだ主人公が人気であればマシかもしれませんが、嫌われてたり相手にもされてないとなると状況は悲惨な事に…。
実際、主人公はお嬢様である玲於奈に犬呼ばわりをされて、肩もみをさせられてたりとある意味では羨ましい状況に(汗)

そんな時でした、主人公の言葉で玲於奈の身に異変が…。
普段の彼女の態度では見た事のない、瞳に生気がない状態で主人公の言葉に大人しく従ったのです。

この時点では、一体何が起こったのかは主人公にも分かりませんでしたが、自宅で考えてみると、何か催眠術でも使える様になったのではないかと思ったんですね。
半信半疑で「全裸登校とかしないかなぁ」と考えた主人公でしたが、何と翌朝女性陣は千影以外全員が全裸で学校に登校してきたのです(汗)


これで主人公は確信します、この力は本物だと。
こうして主人公は、この力を何故か「毒電波」と名付け、自分の願望を叶えていく事になる流れですね。
…何で毒電波なのかは分かりませんけども、過去作品には同じく毒電波って入った作品もありましたから、お好きなのかな?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
他にもサブキャラとの行為があったりしますが、メインは上記のメンバーですね。

行為的には、自慰やパイズリ、フェラ、アナルセックスなどです。
その他の要素では、お漏らし、浣腸、脱糞やバイブなどの小道具、レズ行為などがありますね。

やはり今作では毒電波なるものの存在は大きいですね。
実際、催眠術と大差ない様な能力ですが、大きいのは催眠が対象者に近づかなければならないのに対して、毒電波はその名の通り電波なのか遠くの相手にも効果があるって事ですね。
そうじゃないと、全校生徒が全裸登校なんてしないですもんね。

その際は千影だけは服着てた訳ですが、どうやらある程度個人差があるみたいですね。
まぁ、強く電波を出せば誰でもかかるので、ほぼ無敵といっていい能力ですね(汗)


勿論、毒電波要素だけではなく、遠野作品であるのでお漏らしなどの股間描写も健在ですね♪
やはりそれは押さえておかないといけませんね(汗)
なので、どのヒロインも下着をはしたなく湿らせ、汚し、お漏らしをしちゃったりと何とも匂い立つ様な描写がありますねぇ。

印象的だったのは、主人公のキャラクターですね。
序盤虐げられてたのは分かりますが、毒電波以降ははっちゃけていますねぇ。
まぁ、この手の力を手に入れた主人公が調子に乗り出すのは基本展開なのですけども、実に自然にやり始めたので(汗)

S的素質があったって事なんですかねぇ、その辺り。
実際、玲於奈の首輪させてリベンジ犬扱いや、まだ幼い紗枝のアナルにバイブずぶりで白目むかせて泡吹かさせるってのは中々の所業でしょう(汗)
紗枝はまだ実年齢がアレなんで、そんなに無理しないかなと思ってたら、これだよ(汗)

お漏らし(大、小含む)要素もありますね。
そこまで生々しく感じない様にはなっていますけども、しっかり下着の中にモリモリモリって堪え切れずに大をしてしまう描写があるのが凄いですね(汗)
まぁ、汚物の処理に関しては絶大な安定感を誇る遠野作品の主人公なので、アフターケアも万全です(汗)


この手の催眠的なノリらしいぶっ飛んだ展開も見所ですね。
全裸登校なんて序の口ですねぇ。
学校なので、淫らで卑猥な運動会を開催したり、全校生徒をお漏らしさせて、オムツを充てさせたりとやりたい放題です(汗)

個人的にはノリ自体は嫌いではないんだけども、これで興奮するかは…別かなぁ(汗)

挿絵


挿絵は「YUKIRIN」さんが手がけています。
美少女文庫ではお馴染みですねぇ。

最近は、作品によってアへ顔とかもかましたりするようになっていますけども、今作ではそういった表情はないのでご安心を。
まぁ、元々可愛らしい表情を描いているので、そんなにあったとしても気になる事はないでしょうけどね。

挿絵では、行為中の喘ぎ声や卑猥な音だったりの文字も入っていたりと、より臨場感のある物に仕上がっていますね。
最近、こういう感じの挿絵作品が増えてきた様な?
でも、より興奮、いやらしさが伝わってくるだけに効果的な演出ですから良いですねぇ♪

個人的に好きなシーンは、ラストの紗枝の表情ですね。
こういうω奴ですね、猫っぽくて可愛らしいですね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、えすかれらしい展開が堪能できる作品でしたねぇ。
催眠的な毒電波+お漏らし(大小含む)って事で当然ながら、濃厚な行為が展開される事になりますね。

催眠ものって、何でも出来る分、話のコントロールが難しいんですよね。
結局、力の出所も何だったのか、良く分かりませんね(汗)
そこら辺、大ざっぱな所がえすかれらしさでもありますが(汗)

反面、恋愛色に関してはないとは言いませんが、かなり弱いですね。
一応ヒロインによっては主人公に対しての感情などが描かれていたりと全く好意がないって訳ではないのが分かりますけどね。
まぁ、これ以上の甘さや恋愛色を望むのも酷かな(汗)

ちょっと気になったのは、主人公の魅力が少し乏しかったのかなという点ですね。
あんまり読んでて主人公のキャラが見えてこなかったかな。
催眠を使える事で、彼のキャラはあまり表に出なくなった気がするんですよね。

そこら辺が気にならなければ、安定したシモ描写など見所は多い作品だと思いますけどね(汗)

Amazon版 電子書籍
催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も

DMM 電子書籍
催眠で女子校ぜ〜んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ