えちかわ文庫 新世界は魔王とトモに!

新世界は魔王とトモに!  (えちかわ文庫)
水姫 七瀬
海王社
売り上げランキング: 11,803

7月発売のえちかわ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、女の子と間違えられてしまう事が良くある男子です。
そんな彼でしたが、何と空中から謎の少女が降ってきたのです(汗)

そして、気づけば何と主人公の身体は女性の身体へと変化してしまう事になってしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

坂神 詞歌」(さかがみ ふみか)
フェリシス・ヘクサ・サタナキア」(以下フェリシス)がいます。

詞歌は、主人公の幼なじみです。
快活で勝ち気な性格をしています。
胸が小さい事にコンプレックスを抱いています。

フェリシスは、自らを魔王と名乗る謎の少女です。
実際、不思議な力を使う事ができます。
異世界からこの世界にやってきて、主人公と接触する事になります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が何と女性の身体になってしまう流れですね。
…超展開ですな、ありがちですが(汗)

いくら女性に間違われる様な女顔な主人公ですが、女性の身体になってしまう事は普通ならありえない事です。
その女性化の原因は、その直前に出会った謎の少女のフェリシスの存在にあったのです。

フェリシスは、何と空中からいきなり主人公の前に現れてくるなど、既に人間離れってよりも人間じゃないですな(汗)
そんな彼女と接する事となった事から、主人公の身体に異変が起こった訳ですね。

実は、彼女は人ではなくて別世界の魔王だったのです!
しかし、向こうの世界で勇者に討伐されてしまい、何とかこっちの世界に逃げてきた訳です。
そして、出会った主人公を無理やり下僕にしてしまったのですが、何か不具合があり、主人公とフェリシスの魂が混じり合ってしまったらしいのです。

その結果が、主人公の女性化という事になって表面化した訳ですね。


元の身体に戻るには、「プネウマ」と呼ばれる生命が魔力を生み出す際に消耗するものが大量に必要らしいのです。
主人公は、元の身体に戻るためにこれを集める事になる流れですね。
そして、このプネウマは、性的な興奮時によく発散しやすい傾向があるという事で、Hな事をする羽目になるってお約束な流れに繋がっていますね(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。
その他の女性たちとの行為なども一部ありますが、基本はふたりですね。

行為的には、フェラや素股、自慰などがあります。
その他、バイブなどの小道具を使う展開もありますね。

何といっても今作で特徴的なのは、主人公の女性化ですね。
それゆえに、女性同士?なレズ的要素も多々見られる事が印象的です。

女性同士の行為の経緯は、基本的にはフェリシスの余計なおせっかいによる結果が主なので、他の女性陣は興奮状態になっていて、正気ではないですね。
うっとり顔を上気させて、主人公に絡んでくる姿はある意味いやらしい訳ですが、やはり正気じゃないと魅力も半減かなとは思いますけどね(汗)
まぁ、Hなら何でも良いって人もいるんでしょうけども(汗)

やはり見所は、主人公の女性化によって、男性と女性の間で揺れ動く感情ですよね。
男らしくなりたいという主人公ですが、女性であるゆえの快感の感じ方のギャップや女性たちとの馴染みっぷりなど、結構順応っぷりを見せてくれますね(汗)
勿論、これで良い訳ではないと思ったりとフラフラしているのが分かりますけどね(汗)

新たな生活環境に戸惑ったりする描写があるからこそ、女性化した主人公に感情移入できますからね。
それに主人公は、元々中性的なだけにあまり読んでても違和感はそこまでないのも大きいですね。


一応、主人公が男性状態での行為もありますが、全体的には女性化の方が多いかな。

幸い?主人公以外の男性からHさせられてしまうみたいな展開はないので、ご安心を。
素股だったりと未遂みたいのはありますけども(汗)

挿絵


挿絵は「あんにん」さんが手がけています。

絵柄のテイストは、可愛らしい絵柄ですね。
なので、いやらしさよりも可愛らしさが強調されている印象がありますね。

主人公も可愛らしい感じで、男性時でも確かに女性っぽさを感じますね。
女性時では、髪も長くなるので、より女性らしく見えますね。


ちょっと見て気になったのは、挿絵のクオリティーが若干挿絵によってばらつきがあるかなって所ですかね(汗)
線の細さや荒かったりなど挿絵によってバラつきがありましたね。
まぁ、全体的には安定していますので、そこまで気にする程ではないんですけどもね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、女性化した主人公がドタバタコミカルなノリで、Hなストーリーが展開される作品でしたね。

他にも女性化する作品は多いですが、今作では魔王のフェリシスの存在によって、ファンタジー色が加わっており、独特の雰囲気、ノリになっているのも大きいですね。
彼女自身も魔王っぽくない感じなので、よりそんなコミカルさが増していますね。

この手の作品では、珍しく他の男性陣とのHもないので、そういうのが苦手な人でも読みやすい作品になっています。
まぁ、その分女性同士での行為が多めですが、そこまで生々しくないので大丈夫なはずです(汗)
可愛らしいって感じですしね。

しかし、若干文章がクセがある様な印象があったのが少し気になったかな(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】新世界は魔王とトモに! [ 水姫七瀬 ]

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ