二次元ドリーム文庫 子づくり委員長 美少女たちと孕ま性活

子づくり委員長 美少女たちと孕ま性活 (二次元ドリーム文庫)
ナるカく
キルタイムコミュニケーション

7月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、普通の男子学生です。
ただ誰にでも親切で優しい性格であり、誰かの手伝いをする事は日常茶飯事。

そんな彼は、親交のあった3人の女生徒から何と子作りをせがまれる事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

藤咲 美華」(ふじさき みか)
川瀬 真由瑠」(かわせ まゆる)
山村 ちな」(やまむら)がいます。

美華は、学園の生徒会長です。
かなり勝ち気な性格で、媚を売る人間を嫌う事もあり、生徒会長の仕事を一人でこなしています。
主人公に対しても、ツンツンとした態度を取るものの、彼にだけは仕事を手伝わせています。

真由瑠は、学園の図書委員長です。
大人しく控え目で恥ずかしがり屋な性格ながらも、身体は巨乳だったりと男の目を惹きつけてしまう程のものをもっています。

ちなは、学園の風紀委員長です。
明るく活発な元気の良い性格の持ち主です。
ボーイッシュな雰囲気もあり、一部の女生徒からの人気も高いです。

ストーリー展開


展開的には、主人公が女性陣から子作りをせがまれる事になる流れですね。
…これだけだと、急展開過ぎますが(汗)

順を追って説明すると、そもそもの発端は生徒会長の美華とのある出来事でした。
主人公は、元々普段から美華を含め、真由瑠、ちなたちの手伝いなどをしており、話しが出来る程度に親しい関係なんですね。

そして、この日も主人公は美華の手伝いをするために、生徒会室にやってきた訳ですが、その際に美華の様子がおかしい事に気づきます。
正確には彼女にかかってきた電話を受けてからの、様子がおかしかったんですけどね。

詳細はここでは省きますけども、現在美華に言い寄っている男がいるんですね。
そいつはかなりしつこい男であり、美華がどう言っても受け入れようとしない訳です。
そこで主人公に、相手が諦める様に彼氏のフリをしろと頼んで来たのです。

まぁ、「彼氏にしてあげる」って感じなので頼んだ態度ではなかったですが(汗)

結果として、この方法は上手くいき、何故か話は美華の父親から仮ではなく、結婚を前提に本当に付き合ってみないかと言われてしまう事になったのです(汗)
そこから主人公と美華はお互いの気持ちを告白し、主人公は彼女と関係を持つ事となったのです。

叶わぬ想いと諦めていた美華との交際に幸せを噛みしめる主人公。
しかし、主人公に想いを抱いていたのは、美華だけではなかったのです…。

そう、予想できるでしょうが、図書委員長の真由瑠、風紀委員長のちなもまた主人公に好意を抱いていた訳ですね。
ここから主人公は、真由瑠たちとも関係を持つ事となり、子作りをする事になってしまう流れですね(汗)

何故、子作りか?
一応、これはヒロインによって子供を欲しい理由があるんですね。
美華の場合は、一応付きまとう男を完全に諦めさせるために子作りをしてしまおうみたいな流れですね。
…まぁ、建前って感じがかなりありますけども、気にしない(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

やはり子作りってテーマがあるので、大体中出しがメインとなりますね。
そのため、意外とフェラとかがあっても、射精までせずに本番挿入という流れが多いですね。

それぞれのヒロインも個性があって魅力的ですね♪
美華は、言わずと知れた王道ツンデレ系が見事なまでにニヤニヤさせてくれますし、真由瑠は大人しい性格ながらも主人公のために一生懸命Hも頑張る所が可愛らしいですし、ちなは結構Hに興味が強く、最初から中々のいやらしさを見せてくれるなど、三者三様の姿を見せてくれます。

個人的に良かったのは、キス描写が結構いやらしかった所ですね、ヒロインとの。
熱っぽく舌を絡め、唾液を啜り、互いの口内をねちっこく愛撫する様は必見ですね♪
下手な行為よりも、かなりいやらしく感じましたねぇ。

全員主人公への想いが伝わってくる感じがあるのが、より魅力的に感じる要因なんでしょうね。
顔を赤らめて、恥じらいの色を見せながらも、積極的に来る感じがたまりませんね♪
意外と勝ち気な美華や活発なちなに対して大人しめな真由瑠ですが、何だかんだ頑張って積極的に迫ってくる姿は良かったですね。

一部ではコスプレ色も。
裸エプロンや主人公のシャツ着用、ネグリジェなどを着用したヒロインの姿も魅力的ですね。
まぁ、あまり出番がなかったのは残念ですけども(汗)

終盤近くになると、全員一緒になっての行為展開になって行く事になります。
お互い主人公を好きである意味ライバルの様な立場ですが、ヒロインたちはヒロインたちで皆でって形に納得しているので、ヤキモチとかはありますけども、まとまっていますね。
ハーレムってよりも家族って感じなのかな?

挿絵


挿絵は「とめきち」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では、「隷属ツンメイド 引っ越し祝いになってあげるんだからっ!」などがありますね。

柔らかく可愛らしい絵柄が印象的で、今作の様な甘さの強い作品との相性は抜群ですね。
また甘さだけではない、ツン具合も丁度いい塩梅でニヤニヤできますね♪
まぁ、ツン要素は美華だけですけども(汗)

ヒロインの表情も魅力的なんですよね。
特に普段とH時の表情の違い、艶めかしさはかなりの物ですね。
正直この点に関しては、カラーよりも挿絵のモノクロ画の方がよりグッと惹かれるものがありますね。

真由瑠のパイズリ、ちなのフェラシーンは、迫力があって特に目を引きますね。
赤らめている表情がまた何とも言えない可愛らしさがありますね♪

挿絵数:14枚

総評


全体的には、甘さとイチャイチャ感の強さを堪能できる作品だったと思いますね。

どのヒロインも良い味を出しており、それぞれに魅力的ですね♪
主人公のキャラも個人的には、これといって引っかかる部分もなくて、読みやすかったですね。
ストーリーも子作りへの経緯はどうかと思いますけども、比較的読後感も良く、中々楽しめました♪

ハーレム系が好みであればかなり楽しめるかと思います。

子づくり委員長 美少女たちと孕ま性活 子づくり委員長 美少女たちと孕ま性活

楽天はこちらからどうぞ
【楽天ブックスならいつでも送料無料】子づくり委員長 [ ナるカく ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
子づくり委員長 美少女たちと孕ま性活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事