ぷちぱら文庫 最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?


6月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、九鬼流古武術後継者であり、学園最強と恐れられている硬派な男です。
そんな彼は、不良共とのケンカに明け暮れる毎日を送っていましたが、ある日、何と主人公の身体が女性の身体になってしまっていたのです(汗)

何とか元の身体に戻る方法を、親友と一緒に探すのですが、スケベで女っ気のなかった親友に身体を弄られてしまい、次第に女の身体の快感に目覚めていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

九鬼すばる」(くき)がいます。

すばるは、主人公が女性化した状態です。
男の名前も「昴」(すばる)でしたが、一応名前をすばるとし、親戚だと偽って学校に通う事になります。
九鬼流古武術後継者であり、その実力は折り紙つきです。
男らしく硬派なゆえに、恋愛などの方面は不得手です。
最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?

ストーリー展開


展開的には、主人公が女性化してしまい、自分の身体を元に戻すために行動を開始するも、親友にHな事をされてしまう流れですね。
…何という超展開でしょうか(汗)

当然、この現象に主人公は大いに戸惑う事となります。
この変化には、主人公だけではなく親友の「皆斗」(みなと)も衝撃を受ける事に。
何せ、主人公が巨乳の美少女になっていた訳ですからねぇ(汗)
最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?

興奮から我に返った皆斗と、一体何が原因なのかと考えると、主人公にはある心当たりが…。
それは、いつもの様に不良連中とのケンカの際に、場違いな少年の存在でした。
少年は、黒魔術同好会の会長であり、以前主人公の行動によって被害を受けていた経緯があるんですね。

それを逆恨みして、不良とのケンカの場におり、謎の煙を浴びせられてしまっていたのです。
主人公は、それがこの変化の原因ではないかと思ったんですね。

とりあえず、主人公は女性「すばる」として学校に通えるように手配してもらい、何とか身体を元に戻す方法を探す事になる流れですね。

しかし、そんな中で女性としての主人公の身体に、女っ気のない親友の皆斗は男だと分かっていても興奮してしまうんですね(汗)
また主人公は、女性になっていても、言動などは男性の頃のままであり、無防備な恰好なんですね。
それがまた皆斗には、たまらない訳です(汗)

そんな皆斗の勢いに負ける形で結果として、彼とHな関係になってしまうと(汗)
それでも、皆斗も主人公を元に戻すために方法を探すなど動き出す事になるのですが、場面場面で無意識な主人公の魅力に欲情してしまい、またもHを繰り返してしまうって流れが出来上がっている訳ですね♪

Hシーン


Hシーンは、主人公の行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、自慰などが描かれています。

やはり、今作の特徴は本来は男性なのに女性化してしまうという所ですよね。
女性化して自分の身体の反応に戸惑う主人公は、見所ですね。

その感覚のギャップを受け入れにくく、頑なに自分は男である事を誇示する主人公の姿は、傍から見たらただ美少女が不良娘にでもなっているかの様に映りますね(汗)
結果的に、主人公がツンデレの様なキャラクターになっているのも、ニヤニヤ出来る要因になっていますね。
最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?

最初は皆斗に無理やり強引に挿入されて、嫌だった主人公ですが、何度も皆斗との行為を経るにつれて、少しづつですが、彼(彼女)の中で変化が生じてくる事になります。
ただただ不快で嫌なだけではない感覚…、主人公はその感覚を自覚するのを意識的にも怖がっている所が垣間見えたりするなどの心情描写も見所のひとつですね。

勿論、女性化した主人公への視線を投げかけてくるのは、何も皆斗だけではありません。
それは、以前から敵対してた不良連中や何も事情を知らない男性陣たちであり、豊満な胸や美貌にぶしつけな視線を突き付けてくる訳ですね。
心は、男性のままな主人公ですから、これは気持ち悪いのは理解できますね(汗)
性欲の対象として男から見られるってのはねぇ…。

まぁ、別にこの作品は凌辱系でも何でもないので、皆斗以外の相手との行為は一切ありませんので、ご安心を。
最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?

主人公のツンデレ具合も良い感じなんですよね♪
男性ではなく、女性の顔でまた照れながら「バカ野郎」とか言って来るので、全然迫力がなくてキツくないんですよね。
勿論、女性化してても不良相手に勝てる程主人公は十分強いんですけどね、とは言え、その力も男性時に比べれば弱体化はしていますけども。

それでも腕っぷしの弱い皆斗に抱きしめられて、身体を弄られてしまうと、途端に身体の力が抜けてしまい、結局Hな事になっちゃいますね(汗)
そんな自分の変化に戸惑い、次第にある想いを抱く事になる主人公の姿は見応えがありますね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「綾瀬はづき」さんですね。

これまでのぷちぱら文庫でも「ヤンキー彼女と子作り学園ライフ」や「甘やかしたりしないぞ!」などで、不良娘やツンデレ娘を魅力的に描いていただけに今作でも良い感じのヒロインを描いていますね。
…って、上記の作品のヒロインと、パッと見、ぶっちゃけ髪の色とかしか違いが分からない私(汗)

ツンデレといっても、そんなにキツイ訳ではなく、適度なツンで魅力的ですね。
常に顔を赤らめているのも、ツンをマイルドにしている要因でしょうか。
真っ赤なら怒ってても、怖くないですしね♪

次第にどこか女性らしく見えてくるすばるの姿も見所ですね。
序盤はかなり表情に照れが見えるんですよね、勿論終盤だって照れはありますけども、それだけではないものもどこか含まれていると感じさせます。
最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?

特にあの巨乳具合はたまりませんね。
友人が我を忘れるのも分かる気がします(汗)

今作のノベル版では、主人公が男の時の姿は描かれてませんでしたね。
それもあって、割とすんなり女性化にも入り込めたかなと思いますが、原作版でも男の時の絵はないのかな?
まぁ、女性化してあの美少女っぷりだから、結構男前だったんでしょうね、きっと。

挿絵数:23枚

総評


全体的には、主人公が女性化するって内容なので、万人向けではないのですが、この手の作品が好きな人には中々楽しめる作品に仕上がっているのではないかと思いますね。
更にツンデレ系が好きならば、よりニヤニヤ出来ると思います♪

個人的には、こういう女性化ものってどちらかと言うと、大人しめな男子が女性化っていうイメージがあったんですよね。
元々、中性的な感じと言うか。
それが今回は、喧嘩っ早い性格だったので、そこは新鮮でしたし、結果ツンデレみたいになった訳ですから、面白いですね♪

男性が女性になる事に抵抗がなければ、って感じでしょうか。
…しかし、もはや何でもアリですねぇ(汗)

Amazon版 電子書籍
最強の不良が女体化!ツンデレ俺口調の美少女に!? (ぷちぱら文庫)

DMM版 電子書籍
最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?

楽天はこちらからどうぞ
最強の不良が女体化!ツンデレ俺口調の美少女に!? ぷちぱら文庫 / 布施はるか 【文庫】

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
最強の不良が女体化! ツンデレ俺口調の美少女に! ?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事