えすかれ美少女文庫 お嬢様学校で孕ませ放題!


5月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
しかし、そんな彼はとある事情で名門お嬢様たちが通う女学園に転入する事となったのです。
その事情とは、何と子作りのためだったという展開です(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

虎走 雛里」(こばしり ひなり)
狼谷 梗華」(かみや きょうか)
鰐塚 有希」(わにづか ゆき)がいます。

雛里は、学園の生徒会長です。
学園で一番の成績優秀者でもあります。
子作りに対しては、あまり関心がないなど他の学園の女性たちとはまた違った雰囲気があります。
それゆえに周りとは一線を置いている所があります。

梗華は、学園でも優秀な女生徒です。
成績も雛里に次ぐ程の能力なのですが、いつも彼女に負けており、雛里に対して強いライバル心を抱いています。
我儘で高慢な所が少し目立ちますが、どこか憎めない魅力があります。

有希は、この学園の女教師です。
大人らしく落ち着いた色っぽい雰囲気を持っていますが、結構ノリの良さも見せます。
意外と自分の年齢を気にしている様で、そこの話題に触れると暴走する事も(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公が名門のお嬢様学園に転入する事になる流れですね。

勿論、この学園は女子校な訳ですが、そんな学園に何故に主人公はやって来たのか。
それには、世の中で問題となっている少子化が関係していたのです。

この学園では、名家のお嬢様ばかりが通っている訳ですが、少子化はお金持ちだろうと無視できない問題ですからね。

そんな学園では定期的に外部から優秀な男子を編入させて、学園の女子との子作りを公認するというとんでもない事が行われていたんですね(汗)
そうです、つまり主人公が今回の優秀な男子役に選ばれた訳なのです。

実際、どうやら主人公は成績優秀だったり、運動神経も高いなど中々の逸材らしいんですね。
まぁ、家は普通の一般家庭なので、当人はまさか選ばれるとは思ってもみなかったらしいですけどね。

しかし、現実に主人公は選ばれた事で、学園に転入された訳です。
この時点では、あまり乗り気ではなかった主人公ですが、そこは年頃の男子ですからどこかには期待する面もありますけどね♪

ですが、現実は主人公が思っている以上に熱烈な歓迎ぶりだったのです。
それこそ女生徒たちが集団で主人公を求めて追いかけてくる程(汗)

これには主人公も面食らう事になり、パニックで醜態を晒してしまうのですが、ここから主人公も覚悟を決めて、女性陣と子作りをする決意を固める事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
他にもサブキャラたちとの行為もあるんですが、基本は上記のヒロイン3人ですね。

行為的には、手コキ、フェラ、素股、自慰、パイズリなどがあります。
その他の要素では、ペニバンなどの小道具を使う様な要素もありますね。

やはり作品として中出しというのがメイン要素ですね。
主人公の立場的にも孕ませないといけないだけに、中出しは必須ですからね♪

基本的に学園の女性陣は、孕ませに乗り気で積極的です。
なので、行為にも自発的に受け入れてくれる事になるので展開が早い特徴がありますね。
それでなくても、えすかれですからねぇ(汗)

しかし、メインヒロインである雛里はまともな価値観を持っているので消極的というか、乗り気ではない所があるんですね。
そんな彼女なので、最初は無理やり強引な形での行為で始まってしまう関係なんですけども、次第に心境に変化が起こる様になる姿は見所ですね。
確実に主人公を意識していく様になる過程はニヤニヤものです。

意外だったのは、高慢なお嬢様だった梗華の変化ですね。
いかにもなツンデレ系な彼女でしたが、初回の行為でもう既にデレになってましたからねぇ(汗)
その変化っぷりがちょっと可愛らしかったですね♪

どのヒロインも感度が良いのか、かなりの感じっぷりを見せてくれます。
教師であるはずの有希も周りに生徒がいても、お構いなしに絶頂の声を上げていましたね(汗)
彼女は色々溜まっているぽいしなぁ…(汗)

この手のえすかれ作品では恒例になりつつある、サブヒロインとの行為も少しづつですがあります。
ちゃんと名前なども設定されており、中には1回で終わるのは勿体ない様なヒロインもいたりしますね。
ヒロインによっては、挿絵まであったりするのも良いですねぇ♪
何気にボクっ娘もいたりと結構キャラクターが立っているのも好印象ですね。

マニアックな展開では、女性陣が壁からお尻だけ突き出している「壁尻」がありましたね。
壁尻って言うんですね、これの呼び方初めて知った(汗)
でも、挿絵のプリンとしたいやらしさの欠片もなかった可愛いお尻の描写もあってか、あんまり興奮はしなかったですけども(汗)


終盤では、3人交えてのハーレム展開がありましたね。
まぁ、3人じゃなければ結構複数人数での行為も珍しくはなかっただけに、そんなに特別感はなかったかな?(汗)
でも、連日の中出しですっかり母乳が出る様になったりしている彼女たちとの行為は、中々の見所ではありましたね。

挿絵


挿絵は「一葉モカ」さんが手がけています。
多分、美少女文庫は初かな?

調べた所、ラノベの挿絵だったり、同人活動や商品のイラストなどを手がけられているみたいですね。
どこかで見た様な絵柄だから、そっちで見たのかな…。

絵柄としては、少しあっさりとした絵柄なのかなという印象ですね。
エグい展開も多い傾向にあるえすかれレーベルを意識しての事なのかな?

あっさりというと悪い印象がありますけども、細めの線で描かれたキャラクターはシンプルながらも可愛らしいんですね。
その可愛らしさが強いので、結果エグさはあまり感じさせないのかなと思いますね。

一部等身の小さいSDチックなキャラがいたのは、個人的には嬉しかったですね。
Hではないんですけども、愛らしさとコミカルさを感じさせるので、結構好きなんですよね♪

反面、ガツンと来る様ないやらしさはあまりなかったというのが正直な所でしょうか。
可愛らしさが強いから、萌えの方が強いのかな。
特に上記の壁尻シーンでは、突き出されたお尻の数々が可愛らしくて、いやらしさがなかったなぁ、と…(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、えすかれらしくぶっ飛んだ設定からのストーリー展開が印象的な作品でしたね。
どうしてもヒロインが最初からHに乗り気だったりで大味になりやすい所があるえすかれ作品ですけども、今作ではヒロインの雛里が序盤に乗り気でなかったりする事で乗り気勢(?)とのバランスを少し取っているかなと思いましたね。

まぁ、それでもかなりH寄りではあるんですけどね(汗)

しいて気になるとすれば、従来の作品との差別化が弱い事ですかね。
これまでにも少子化をきっかけにしての孕ませ展開になる作品は多くありましたしね。
正直、これという何かがなかったんですよね…。

少し厳しい言い方ですけども、孕ませ、ハーレム物としては、全体としてちょっと弱いかな。
半端にサブキャラを一杯出すくらいならば、もっとメインヒロインの3人を掘り下げて欲しかったですね。
まだ雛里は一部描写がある方ですけども、他のふたりに関しては心情描写や彼女たちの視点での描写も特になく、H要員で物足りなかったですからね。

ちょっと勿体ない作品だと思います。

楽天はこちらからどうぞ
【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】お嬢様学校で孕ませ放題!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事