ぷちぱら文庫 巨根で生ハメ王になれる学園


4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

この世界では、少子化が深刻な問題として存在しています。
そして、少子化は世界の価値観をも変化させていく事となります。
すなわち、男性の価値は容姿や知性、性格といったものよりも繁殖能力の有無こそが最優先という価値観です。

主人公はダメな存在として認識されており、その扱いもそれに見合った物となっているのです。
しかし、主人公の肉棒が評価される事となり、途端に立場、扱いが変わる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

相馬 愛華」(そうま あいか)
荻原 陽菜」(おぎわら はるな)
真壁 操」(まかべ みさお)がいます。

愛華は、学園のトップに君臨する学生会長です。
社交性が高く、生徒への対応も良く、生徒からも信頼をされていますが、能力の低い人間にはきつい態度を取ります。
巨根で生ハメ王になれる学園

陽菜は、快活で明るい性格の下級生です。
その物腰から周囲の人気者ですが、幼い頃の出来事がトラウマで男性が苦手となっています。
巨根で生ハメ王になれる学園

操は、剣道部のエースです。
凛々しく端正な顔立ちから、女子生徒たちからの人気が高いです。
剣術道場の跡取りでもあり、そのために日頃から修練に励んでいます。
巨根で生ハメ王になれる学園

ストーリー展開


展開的には、少子化の世のなかで主人公の肉棒が評価される事となり、立場が変わっていく事になる流れですね。

この世界では、深刻すぎる少子化に悩まされているんですね。
その深刻さは男の価値すらも変えてしまう事になる程だったのです。

これまでのいい男の基準だと、男前だったり、逞しい肉体だったり、性格の良さなどがありましたが、現在は子を作る能力…、つまり繁殖能力が最優先される事になっているんですね。
そして、その価値観から人間の序列が出来てしまう事になったのです。

これにより、一度低評価をされた者にば、過酷な扱いが待っている訳ですね(汗)
困った事に、そんな社会の価値観は、主人公のいる学園にも浸透しており…、主人公の立場は序列最下層(汗)

しかし、実際の所主人公はまだ繁殖能力を調べてもらってはいないんですね。
それは主人公の容姿がやや不細工目で小太りな容姿などの第一印象から検査もなく、最下層にされたから(汗)
…アレ、結局顔とかで選んでいるんじゃ?(汗)

そんな立場ゆえに、主人公は学園中の女生徒からは男どころか、軽く人扱いされていない有様なんですね。
それは女生徒だけではなく、男子もですし、教師も主人公の様な立場の人間にはかなり冷たい対応というのが、今の世の中を表していますねぇ…。

そんな奴隷の様な扱いを受ける中、主人公の身にある出来事が。
その出来事は、結果として、主人公の価値を根底から覆す事となったのです。

まぁ、早い話が主人公がとんでもない生殖能力の持ち主であると周りに理解されたからなんですね。
そう…、それは主人公の存在が奴隷から王に代わったかの様な大きな変化だったのです。

実際、先ほどまで主人公を虐げていた学生会長の愛華ですら、主人公の前に跪き、敬語で話す程ですからね(汗)
とは言え、先ほどまで主人公に対して抱いていた印象がすぐさま無くなる訳ではありません。
愛華のプライドとしても、立場が変わった事に納得いかない色は垣間見える訳です。

それを主人公も見抜いており、ここぞとばかりに彼女を言葉でネチネチとやるのは、ある意味で爽快かもしれませんが、個人的にはあまり好かないですな(汗)
まぁ、分からなくもないんですけどね、ある意味、奴隷だから処刑するって所まで行って、ここで実はあなたは王様でしたなんて事になれば、舞い上がるってのもね。

そんな主人公は、愛華を自分の性処理係として扱う事になり、彼女もそれを受け入れる事になります。
…凄い急展開ですけども、愛華を始め、一般の感覚があの序列制度なのであれば、彼女たちもまたそれに従うのは当然でもありますかね。


どうやら生殖能力ってのは、単に巨根である以前に勃起するかどうかもあるみたいですね。
って事は、どれくらいの比率かは分かりませんが、サイズよりも勃起できない男性も決して珍しくはない様ですね。
…この価値観の世のなかで勃起しないってもう終わりじゃ?(汗)

こうして、一転して学園の最上位の存在となった主人公は、愛華だけでなく、学園中の女性陣と関係を持って行く事になる流れですね。
しかし、愛華らを始めとして誰もが主人公を様付けで呼ぶようになるなど、えらい事になっていますねぇ(汗)
まぁ、そこに愛があるのかというと正直微妙な感もありますけどねぇ(汗)

悲しいかな、愛だけでは少子化は救えないって事なんでしょうか(汗)
この世界の少子化は単純に生殖能力の衰えが大きそうですねぇ、精子の活きの良さみたいな感じ?(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
それ以外にも学園内の女生徒や女教師とも行為があります。

行為的には、フェラ、パイズリなどがあります。
残念ながら?設定が少子化という事で、基本本番行為以外はないですね。
原作版ではあるのかもしれませんが、ノベル版ではそうなっています。

まぁ、仕方ないですよね。
生殖能力の高さでこれほどまでに対応が変わる世の中なのだから、そりゃ子作り、中出しにこだわるってのは当然のことですし。


意外だったのは、メインの3人との行為があまりなかった事ですね。
どういう事かというと、序盤は各3人のメインヒロインとの行為があります。
そこの行為で彼女たちは、それぞれ主人公の肉棒の前にあえなく陥落し、すっかり虜になってしまう様が描かれています。
その後もチラホラ行為はあるんですけども、端折った内容だったり、そういった行為があったって描写だけだったりと、意外とないんですね。

そして、中盤辺りはその他の女生徒や教師などとの関係がメインのパートになっていて、増々存在感が(汗)
巨根で生ハメ王になれる学園

でも、ご安心を。
中盤から終盤にかけて、ようやくメイン所がメインらしく描かれていますので。
とは言え、思ってたよりかは特別感は控え目だったかな?

サブキャラも多いので、どこかそれらの娘らとの差別化は欲しかったかもしれませんね。
作風的に恋愛色を入れにくいのも分かりますが、何かあっても良かったかな(汗)
複数での描写か、単体での描写か程度では勿体ないですねぇ。
巨根で生ハメ王になれる学園

女性陣との関係性では、主人公が世界でも稀な生殖能力を有している立場があるので、圧倒的に主人公が優位です。
そのため、主人公の気分次第でどうにでもなるので、女性陣のアピールなど涙ぐましい努力も光りますねぇ。

自分たちから便器と称して、トイレで主人公を待ってたり(汗)
別に便器のかぶり物とかしてないですよ(汗)
巨根で生ハメ王になれる学園

中盤以降は、主人公の濃い精液をドバドバ中出しされているので、当然孕む事になり、ボテ腹Hも見所のひとつですね。
後は、アへ顔も特徴のひとつでしたね。
まぁ、大半はそんなにアへっているって感じではないですから、過度の期待は禁物ですけども(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使っています。
原画担当は「石井彰」さんです。

ぷちぱら文庫では「キモメンでも巨根なら名門校のお嬢様を専用孕まセレブビッチにできる」でもお馴染みですね。
可愛らしいヒロインたちなのに、それが下品になるギャップが魅力的でもありますね。

主人公は、一部だけ顔が見切れているのがありましたが、イメージよりも可愛くはなかったかな(汗)
まぁ、話し方や台詞で垣間見えるキモメン臭はありましたからねぇ。


アへ顔もありますが、キモメン~と同様な感じですね。
あれを見ていれば、大体イメージが付くのではないでしょうか。
大半は、目が上目になっている程度で可愛らしさを残しているので、そんなにエグさはないと思います。
一部、白目みたいのはありましたが(汗)

サブキャラたちが可愛い娘が多かったのも良かったですね。
ギャル娘だったり、女教師と皆可愛らしくて、何気に複数回登場してたのも嬉しかったです♪
巨根で生ハメ王になれる学園

挿絵数:27枚

総評


全体的には、タイトル通りなHしまくりな展開をこれでもかと見せつけた作品でしたね。
これでもあとがきを見ると、だいぶ泣く泣くカットされた場面も多かったようなので、原作版はかなりのボリュームがありそうですね。

確かにサブキャラたちが4、5人いたりした場面もまともに行為描写が描かれているのは最初だけで、後はもう行為が終わってだらしなく開きっぱなしな股間からドプドプと精液を垂らしているヒロインたちの姿でしたからね(汗)
まぁ、似たようなヒロインを全員分見せるのもダレそうってのも分かりますけどね。

ある意味、ノベル用に話のテンポが良くなったのかもしれませんね。

この設定、ノリが楽しめるのであれば、中々悪くないのではないかなと思いますね。
個人的には、主人公の魅力?が股間以外なかったので、そんなに高評価ではないですけども(汗)

別にこの作品以外にも肉棒だけが長所みたいな主人公はいますけども、どれもそれだけでは読んでて惹きこまれる事はそんなにないですからねぇ…。
欲を言えば、股間だけが取り柄ではない主人公が見たかったです(汗)

楽天はこちらからどうぞ
【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】巨根で生ハメ王になれる学園

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
巨根で生ハメ王になれる学園~女子学生みんな孕ませ肉オナホれすッ!いつでもどこでも精子様を排泄して卵子屈服させてくらしゃいっ♪~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ