ぷちぱら文庫 たっ~ぷり弄ってあげる


3月発売分のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

今作品は、1月にレビュー済の「いっ~ぱい甘えてね♪」の続編的な作品です。
ノベル版では、3姉妹それぞれ1冊づつ刊行される事になっており、今回は次女の「桔梗」(ききょう)がメインヒロインとなっています。

1作目の「いっ~ぱい甘えてね♪」のレビュー、はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫 いっ~ぱい甘えてね レビュー


基本的なあらすじとしては…
主人公は、お隣さんの「相馬家」の3姉妹に幼い頃から世話になっています。
彼女たちは、いずれも魅力的であり、好意を抱いています。
そんな中、主人公は彼女たちから告白をされる事に。

しかし、誰が一番とは主人公も答える事ができませんでした。
そこで桔梗が作った自白剤を飲まされてしまうのですが、何故か主人公の身体は子供の姿に変化してしまったのです(汗)
元の姿に戻るまで誰が世話をするか、その選択を主人公はする事になる流れですね。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

相馬 かすみ」(そうま)
相馬 桔梗」(そうま ききょう)
相馬 青葉」(そうま あおば)がいます。

かすみは、相馬三姉妹の長女です。
穏やかで母性的な雰囲気を持つ女性です。
幼い頃から主人公の面倒を見ており、実の弟の様に愛情を持って接しています。
基本的にホンワカした性格ですが、主人公が絡むと他の妹たちに嫉妬して拗ねる所もあります。
いっ~ぱい甘えてね

桔梗は、三姉妹の次女です。
姉とは違い、知的でクールな雰囲気を持っています。
しかし、結構イタズラ好きな面があり、シレッとやらかす所も。
現在は、企業の研究職として働く才女でもあり、今回の自白剤を製作した張本人でもあります(汗)
たっ~ぷり弄ってあげる♪~小さくなってクールビューティーな桔梗お姉ちゃんに搾られ尽くすイタズラ子作り~

青葉は、三姉妹の三女です。
スポーツ万能で身体能力が高く、主人公より遥かに強いです。
少し不良っぽい雰囲気があり、言葉使いが男勝りだったりしますが、性根は優しいです。

ストーリー展開


展開的には、主人公は次女の桔梗を選ぶ事になり、彼女との生活を始める事になる流れですね。

やはり2作目なので、上記の様なあらすじの過程は、1作目よりもあっさりと紹介されています。
1作目を見ている前提ですかね? この辺は。
まぁ、ダラダラ同じ過程を見せられてもって感じですから、ここから始めて見ても特に問題ないと思いますしね。

そんなこんなで主人公は、桔梗との生活を始める事になる訳ですが、彼女との生活は長女のかすみとはまた違う溺愛を受ける事となります。

姉のかすみと同じ様に、かなり溺愛している桔梗ですが、タイトルの「たっぷり弄る」でも分かる様に、主人公を弄りまくってくれる展開を楽しむ事ができます。
でも、弄るって言うときつそうな感じもしますけども、実際は相当に優しくされているとは思いますけどね。
かすみは「甘えさせてくれる」感じなので、より積極性がある印象ですね。

それでも幼児化した主人公に自分を「ママ」と呼ばせたがる桔梗が可愛らしいです。
まぁ、主人公は終盤近くまで「おねえちゃん」って呼んでましたが(汗)

Hシーン


Hシーンは、桔梗との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、手コキ、パイズリ、アナル弄り、アナルセックスなどがあります。

上記にもありますが、桔梗は「ママ」として、振舞いたい所があるんですよね。
なので、主人公に対して「ママに対して興奮するなんていけない子」みたいなシチュエーションでの行為になるのが特徴でもありますね。
こういったノリの展開が好みであれば、かなり楽しめますね♪

…アレ? 1作目のかすみ編と大差ない様な?(汗)

まぁ、キャラクターが違えば、また受ける雰囲気も違いますからねぇ。
とにかく桔梗は、主人公を溺愛しているので、主人公の仕草に「可愛い可愛い」と一々大興奮です(汗)
そのため、かなり暴走しては、主人公の股間を弄りまくります♪

これだけ見ていると研究者とは思えませんな(汗)

個人的に印象的なシーンは、主人公に対してお仕置きチックな行為をした所ですね。
言葉でチクチク責めながら、主人公の肉棒を手コキして射精させるんですが、普段のデレデレの桔梗の態度と少し差があって、印象深いものがありました。

たまにこういうテイストの行為がある事で、より普段の甘い雰囲気も引き立ちますし、良いですね。

まぁ、9割方デレッデレでしたが(汗)

主人公は、基本ひたすら受け身の姿勢なので、桔梗の方から積極的に迫られる事になります。
まぁ、主人公は幼児化しているだけに、どうしても自分からって形にはいきにくいですしね(汗)
股間はすぐ反応してしまうので、それをすぐ桔梗に見つかり、結果Hな行為へって流れが多いですね。
たっ~ぷり弄ってあげる♪~小さくなってクールビューティーな桔梗お姉ちゃんに搾られ尽くすイタズラ子作り~ たっ~ぷり弄ってあげる♪~小さくなってクールビューティーな桔梗お姉ちゃんに搾られ尽くすイタズラ子作り~

一応、主人公も一部では、攻めに回る事もあります。
その際の桔梗の反応は、照れたりと珍しい姿が垣間見えて新鮮でしたねぇ。
とは言え、やはり幼児な主人公が桔梗から弄られて射精してしまって流れが見所だとは思いますけどね(汗)
たっ~ぷり弄ってあげる♪~小さくなってクールビューティーな桔梗お姉ちゃんに搾られ尽くすイタズラ子作り~

1作目同様にもう全編、甘々イチャイチャなだけに濃厚ですねぇ。
嬉しい悲鳴ですな、これは(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使っています。
1作目同様に原画は「綾瀬はづき」さんが手がけています。

1作目のヒロインである、母性の塊の様なかすみとは違い、弄りもする桔梗ですが表情にきつさはないですね。
むしろ、優しさや母性の方が強い様に感じるのも、姉同様かなと思いますね。
でも、ちょっとからかう小悪魔っぽい感じがあるのが、彼女の個性であり、魅力ですね♪

しかし、かすみもでしたが桔梗も巨乳ですねぇ。
パイズリだけではなく、幼児化した主人公を豊かな胸で抱きしめたり、彼女の胸に吸いついたりする場面は見所ですね。
三女の青葉も巨乳みたいですし、巨乳三姉妹ですなぁ。
たっ~ぷり弄ってあげる♪~小さくなってクールビューティーな桔梗お姉ちゃんに搾られ尽くすイタズラ子作り~

挿絵数:29枚

総評


全体的には、1作目同様に甘々で濃厚な可愛がりを堪能できる作品になっていますね。
まぁ、1作目を見ていたら、かなり予想通りな展開でしたけども、予想以上の甘さだったかもしれませんね(汗)

話的には、1作目とさほど変化はないので、正直、目新しさはないかなとは思います(汗)
とにかくヒロインとの甘い生活を楽しむって感じですね。

個人的には、かすみと結構似てしまっただけに新鮮味が薄かったのかなって感じました。
せっかくの研究者なのだから、何か違った展開もあるといいかなと思いましたね。

まぁ、このノリが楽しめるなら、問題ないと思います。
桔梗が可愛いってのは確かですしね♪

次回作は、三女の青葉ですね。
中々素直になれないツンデレっぽい感じなので、これまた楽しみですねぇ♪


楽天はこちらからどうぞ
【新品】【2500円以上購入で送料無料】【新品】【本】【2500円以上購入で送料無料】たっ~ぷり弄ってあげる

Amazon版 電子書籍
たっ~ぷり弄ってあげる♪ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
たっ~ぷり弄ってあげる

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
たっ~ぷり弄ってあげる♪~小さくなってクールビューティーな桔梗お姉ちゃんに搾られ尽くすイタズラ子作り~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事