二次元ドリーム文庫 修羅場だと思っていたら姉妹丼だった件


3月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、幼なじみの「清香」(さやか)に片思いをしています。
ずっと長い間、その感情を持っていた主人公は、清香に思い切って告白をしてしまう事に。

そして、清香から告白の返事を聞こうとしてた、その時、突如、主人公たちの前に乱入してきた存在が…。
何と、それは海外に留学してたはずの清香の姉であり、主人公の初恋の相手「」(みお)だったのです。

澪の登場により、主人公たちを取り巻く状況に変化が起こる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

朝比奈 清香」(あさひな さやか)
朝比奈 澪」(あさひな みお)がいます。

清香は、主人公の幼なじみの少女で、澪の妹です。
優しくお淑やかな性格の持ち主です。
学園でも男子に人気があり、よく告白されています。

澪も、主人公の幼なじみの少女で、清香の姉です。
最近まで海外に留学していましたが、帰国しました。
子供の頃は、かなりのお転婆でガキ大将的な存在であり、美しく成長した今もその面は垣間見えます(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公が清香に告白をし、同時に澪が帰国してきた事から姉妹と主人公の関係に変化が起こる事になる流れですね。

まぁ、早い話がふたりの姉妹が主人公を奪い合おうとするって事ですね(汗)

主人公もまたふたりの姉妹に対して、それぞれ好意を抱いているんですね。
澪は、主人公の初恋の相手であり、その後清香に好意を抱いているので、主人公にとってはどちらの女性にも気持ちがある訳です。
節操がないと言えば、それまでですけども(汗)

しかし、清香に告白して、その返事を聞く前に澪の乱入があった事が大きかったですね。
これによって、告白の件は有耶無耶になってしまい、何とも宙ぶらりんな状態になってしまった、と(汗)
清香との関係は表面上は、これまで通りな感じなんですが、やはりどこか違う雰囲気を漂わせる事となります。

まぁ、そんな微妙な雰囲気を吹き飛ばすかのごとく、姉の澪がこれまた乱入してくる流れが出来上がっていますね。
もうこの時点で、清香の態度にも変化が見えますね。
主人公が女性店員に話しているだけで、ヤキモチ焼いたりと、これまでの清香には見られない表情が見えてきます。


そして、澪はこの時点では告白の件は知らなかったのですが、それを知り、少なからずショックを受ける事に。
彼女もまた主人公に対して、好意を抱いていたからなんですね。
とは言え、何かこの時の彼女の感情は、何かアッサリしてた印象がありましたね(汗)

この感じだと、留学前からは好意こそあっても、弟的な感情止まりだったのかな。
それが久しぶりの再会で、キュンとなったって感じの様です(汗)

そのためか、澪に対しては若干感情移入が弱くなる感じはありましたねぇ、序盤は。
でも、次第に熱を帯びるので、そんなに気にはならないかなと思います。

そんな姉に対抗するかの様に、また妹も行動に出る事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、手コキ、フェラ、素股などがありますね。

主人公は、小柄で童顔で女の娘っぽい容姿をしているらしいんですね。
そのため、反応などもどこか女の娘っぽさがあるんですね。
こんなキャラなので、澪なんかには良い様にされてしまう事になる訳ですが(汗)

とは言え、澪も経験はないのですが、普段からのイタズラっぽい態度は初体験の時には一変します。
良くある、する側からされる側への立場の変化ですね♪

こうなると彼女も主人公との行為に余裕がなくなってしまい、素を見せてくれる事になりますね。
彼女は特に主人公を「ショー坊」(本名が祥吾=しょうご)などと呼んでいるだけに、年上の立場を崩してなかっただけに、行為の快感でそういう姿が崩れる様がとても可愛らしく感じるんですよね。

彼女にとっては、そういう表情を見られるのは慣れてない部分なせいか、恥ずかしいんですけども、それがまた愛らしいですね♪

逆に妹の清香に関しては、お淑やかな印象がヤキモチ焼きだったりなどと、激しい所があります。
そして、姉に負けじと主人公に対して積極的に行動を開始する事になるなど、姉とはまた違う積極性を見せますね。
怒ると怖いのは、こういう娘ですな(汗)

その後、両者とも甘々ハートマークが乱舞する様になり、より甘さが出る様になりますね♪

途中からは、お約束?のふたり一緒の行為になりますね。
ありますよね、どっちが一番かを勝負ってノリ、あれですな(汗)

挿絵


挿絵は「わつきるみ」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「新エロデレ 極上ご奉仕メイドまひるの場合」以来ですかね?

そういや、この新エロデレも同じ組み合わせでしたね。

姉妹それぞれ性格などのタイプは違えど、可愛らしい女性たちを魅力的に描いていますね♪
どっちも魅力的なので、困っちゃいますね(汗)

特に表情の愛らしさですね、見所は。
また行為中の涙を浮かべている彼女たちの表情は単なる快感だけではない愛情を感じ取る事が出来ますね。
ああいうグッと見る人を惹き込む表情を描けるのは本当に素晴らしいですね♪

主人公の表情も、一部では描かれていましたね。
確かに女顔ですかね? 思ってた感じとは少し違ってましたが(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、お約束のヒロインによる板挟みを味わう展開でしたね(汗)
んで、Hな誘惑合戦になっていくってパターンに流れるので、分かりやすく読みやすい作品に仕上がっていると思います。

それゆえに新鮮さという面では、若干薄いかなとは思いますけども、その分安定感があるので、ヒロインの姉妹が気に入れば安心して楽しめる物になっていると思います。
お約束な展開を踏襲しているなど王道な作品ですので、より万人向けな作品ですね。

ちなみに個人的には、この人の描く草食系な主人公の「ふえっ」ってリアクションが結構嫌いではないです(汗)

修羅場だと思っていたら姉妹丼だった件 修羅場だと思っていたら姉妹丼だった件

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】修羅場だと思っていたら姉妹丼だった件 [ 筆祭競介 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
修羅場だと思っていたら姉妹丼だった件

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事