ぷちぱら文庫 僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕!


2月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公には、ひとつ年上の姉「美里」(みさと)、ひとつ年下の妹の「美羽」(みう)がいます。
いつも仲の良い姉妹なんですが、逆に主人公にベッタリであり、嬉しくも困る状況でもあります。

実際、主人公の理性は度重なる過剰なスキンシップで限界寸前にまで追い込まれています(汗)
しかし、ふたりの行動はエスカレートしていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

甘楽 美里」(かんら みさと)
甘楽 美羽」(かんら みう)がいます。

美里は、主人公の姉であり、生徒会長です。
お淑やかで優しい母性的な性格をしており、弟である主人公の事を溺愛しています。

美羽は、主人公の妹です。
活発な性格の持ち主であり、積極的に主人公にアプローチをかけてきます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が姉と妹から猛アプローチをかけられる事になる流れですね。

今までも、ずっと主人公は姉妹からのアプローチを受け続けてはいたんですね。
一緒に主人公のベッドに潜り込んで寝るとか、身体をわざと押し当てて来たり、股間を触ったりと、もはやアウトなスレスレな行為をしていたのです(汗)

まぁ、そんな行為の数々で、これまで股間は反応を見せても、何とか彼女たちを振り切って耐えてきた主人公でしたが、それもそろそろ限界を迎えてきたのです…。

股間を握られてたりしたら、そりゃ限界が近いのも当然ですね(汗)

そんな中、遂に主人公は姉妹に追い詰められ、手コキで射精してしまう事に。
一度、こうなってしまっては、もはや姉妹の行動を止める事は出来ず、更なる行為へとエスカレートしていく事になる流れですね。

また姉妹一緒になって来るってのが、強力ですねぇ(汗)
それでなくても、主人公は中々強く出れない性格なので、ふたり相手では勝ち目がありません。
なので、常に巻き込まれる形になっていますねぇ…。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリ、素股、前立腺責め、アナルセックスなどがあります。

個人的には、フェラシーンが印象的でしたねぇ。
ふたり一緒になっての玉舐め+フェラのコンボは、かなり凶悪です。
更に玉舐めどころか、すっぽりと口内に咥えてしまうんですが、2個同時とか…(汗)

こんな事されては、主人公も女の娘の様な声を上げて、大量の精液を口内に注ぎ込んでしまう事になりますが、それを姉妹仲良く口移しで分け合って味わう様は、いやらしい光景ですね♪

勿論、主人公だけではなく、女性陣への愛撫描写やキス描写も中々丁寧に描かれていたのは、好印象ですね。
美里と美羽のふたり分の愛撫描写もしっかりあるのは、良いですねぇ、結構端折り気味な要素でもあるので。
愛する主人公に弄られ、舐めあげられて、歓喜の声をあげる様は見所ですねぇ。
美羽は潮吹きまでありましたし♪


ここまで濃厚な行為はするんですが、本番行為には中盤程度までありません。
まぁ、かなり積極的なアプローチはしていても、姉妹ともそこは真剣な気持ちなのだから、軽々しく行うってものでもないですしね。
主人公の気持ちが固まるのも待ってたって所が正直な所でしょうしね。


この手のヒロインの姉妹は、どちらかがツン的な要素を持ち合わせている事が多いんですが、このふたりは仲良しですね。
まぁ、以前は結構主人公を巡って対立してて、関係は良くなったみたいなんですが、この作中では息の合った行動を見せますね。
確かにフェラなどの際に、美里に対抗心を燃やしてより激しくするなんて、可愛らしいライバル心は垣間見せてましたけどね♪

これくらいの負けん気は、可愛らしいですからねぇ。

意外にアナル要素もありましたね。
美里や美羽だけではなく、そこには主人公も含みますが(汗)
主人公もアナルに指突っ込まれて、前立腺を刺激されて耐えきれずにドバっと精液を放ったり、アナルバイブを突っ込まれたり、双頭バイブを装着した美羽から女の娘の様にバックから挿入されてしまうなど、結構濃いですねぇ。

挿絵


挿絵は「かゆ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では、「清楚な戦姫と高貴な魔王を飼育調教!」などの挿絵も手がけていますね。

主人公も一部では、表情が描かれていますが、思ってよりも可愛らしかったですねぇ。
一人称が「僕」だったり、台詞を見るにかなり大人しくて、可愛らしいのかなとは思ってましたが、結構小柄みたいで童顔さがありましたね。

やはり勝手なイメージですが、アナル挿入されてしまって悶える主人公は、可愛らしくないと、個人的にはきついですしね(汗)
そういう意味では、今作の主人公は合格(?)ですね。

かなり濃厚な描写で、可愛らしいキャラクターなんですが、行為の激しさなどの迫力、エロさはしっかりと描かれているので見応えがありますね。
股間を強調したアングルなどの構図も大胆で、いやらしさがより一層増していますね♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、甘くも濃厚な姉妹とのHな生活を堪能できた作品でしたね。
何で主人公に姉妹が好きになったのかは、特に描かれてはいませんけども、過去から好きでいたってのは描かれている分、まだ感情に納得はできるかなとは思いますね。

どうしても行為中心になってしまうので、あまりそれ以外の生活風景などが見えにくいのは、個人的には物足りなさはありますけども、仕方ないかな。
その分H要素が、かなり色濃く描かれているので、その点は大丈夫かと思います。

あとがきにもありましたが、著者さんの「夜空野ねこ」さんのオリジナル作品ですね、今作品。
これまでは、原作版のノベライズ作品ばかりだったので、オリジナルは意外にも初なんですね。
そういった点も見所ですね♪


ちなみに、主人公にはお約束の友人キャラの「辛島くん」というキャラがいるんですが、あるシーンで表記が主人公たちの名字である「甘楽くん」ってなっていましたね(汗)
「甘楽くん」の奇行は今に始まった事じゃないって、主人公が思ってたのが、ちょっと面白かったですね。
…なるほど、自覚あるんですね?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
僕はお姉ちゃんと妹の性欲処理枕(イチャラブピロー)!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ