二次元ドリーム文庫 生徒会は僕専用オナホール!?

生徒会は僕専用オナホール!?(二次元ドリーム文庫)
夜士郎
キルタイムコミュニケーション

2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、ごく普通の学園生活を送っている男子生徒です。
しかし、そんな彼の日常はある日を境に一変する事に…。

何故か主人公は、登校時に学園の有名人である「エリザ」に押し倒されて、いきなりキスをされてしまう事に(汗)
ですが、それは主人公にも分からぬ原因があったのです。

それを解決するために、エリザも所属する学園の生徒会が責任をもって対処してくれる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

エリザ=観音=エターニア」(みおん)
円状院 玲子」(えんじょういん れいこ)
華楽 恵那」(からく えな)がいます。

エリザは、学園の副生徒会長です。
主人公とは同じクラスメートでもあります。
イギリス人と日本人のハーフであり、鮮やかな金髪が印象的です。
大の男嫌いでもあります。

玲子は、学園の生徒会長、理事長でもあります。
学生ながらも風格のある話し方をするなど、同年代ぽくない雰囲気を持っています。

恵那は、学園の生徒会で書記兼会計担当の少女です。
大人しく無表情であまり表情を変えません。
天才的な頭脳の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公にとある異変が起こり、生徒会の世話になる事になってしまう流れです。

とある異変とは?
それは、女性嫌いである事で有名なエリザがいきなり主人公にキスしてきた事ですね(汗)
それも登校中の周りにも登校中の生徒がいる中での、まさかな展開に主人公も周りも騒然です。

普通に考えれば、異様とも言える状況。
そう、これは普通ではありませんでした。
それに気づいたのは、天才と称される恵那でした。

彼女には、ある心当たりがあったんですね。
彼女曰く、主人公はある病気の可能性があると…。
その病気の名前は、「突発性発情症」というまだ症例の少ない奇病であり、その名の通り発情症にかかっている人間が興奮をすると、周りの人間たちを発情させてしまうという症状が出るというとんでもないものでした(汗)

確かに主人公がエリザから、唐突なキスを受ける前にアクシデントで彼女の胸を触って興奮状態にあったんですね。
更にエリザ以外にも周囲の女子たちに発情と思われる様な艶っぽい反応があった事も、その仮説を裏付けるものでした。

そして、今現在、この症状の有効な治療法は確立されてはいないのですが、対処療法を続けるとそのうち治癒するらしいとの事。
対処療法…、それは異性との性行為(汗)


困惑する主人公に、生徒会長でもあり理事長でもある玲子は、生徒会で責任を持って性欲を処理すると言い出したのです(汗)
まぁ、彼女は彼女なりに生徒の事を考えているってのは分かるんですけどねぇ、問題は方法が(汗)

こうして主人公は、生徒会のメンバーに加えられ、生徒会メンバーから性欲処理をしてもらえる事となる流れですね。
羨ましさもありますが、性欲処理の件は全生徒に玲子から知らされる事になるので、主人公は敵意などを浴び、生きた心地がしませんけども(汗)


ちなみに、この周囲への発情効果って女性だけではなくて、男性も対象なんですね(汗)
てっきり女性だけかと途中まで思ってました(汗)
後は、主人公が興奮していなくても発症するみたいですね、最初の胸タッチは発症のトリガーだったのかな。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、手コキ、足コキ、素股(水着股コキ)、顔面騎乗、前立腺弄り、自慰、アナルセックスなどがあります。

面白いのは、周りの生徒がいても行為が続く事がある点ですかね。
これは、上記の生徒会長でもある玲子からの御触れがあったので、そういう事をしてても気にせずに無視しろって事なんですね(汗)

なので、性欲処理を目撃されても、反応しない様にするんですが、そのせいで双方ともにおかしな雰囲気に(汗)
…新手の羞恥プレイ?(汗)

実際、授業中の教室内でも普通にしてますしねぇ(汗)
気にするなって言われても無理ですよね、年頃の男子どもには特に。
ある意味、催眠モノ以上の状況ですな(汗)

後、恵那のキャラも中々良かったですねぇ。
この手の秀才系のキャラって、知的好奇心から主人公を調べるって流れが多いんですが、それとも少し違ってましたね。
意外にも主人公を「お兄ちゃん」って呼んだりしたかと思えば、駄犬とか言葉で苛めてくるなどのうっすらSっ気もある辺りが当初のイメージと違ってて印象的でした。

中盤辺りまでは、あくまでも性欲を発散させるだけの目的なので、本番までは至らずに手コキなどで射精させていますが、中盤から本番行為まで発展する様になっていきますね。
途中からは、本番行為も普通になってきますけどね。

終盤になると、展開に変化が起こり、状況が変わってきます。
全ヒロインと一緒のハーレム状態になりますね。
まぁ、当初とやっている事は大体同じな訳ですが、主人公への感情がある分、より甘さと濃厚さが増しているかな。

でも、やはりツンデレ系なエリザの印象が強い分、彼女がメイン格的な扱いでしたね。
恵那も結構好意がある様に見えるんですが、意志の強い所がある玲子はあまり主人公への好意が見えにくい印象はありましたね。
決して玲子も好意を感じさせてない訳ではないんですが、心情描写が唯一あったエリザに比べるとやはり弱いなとは感じました。

挿絵


挿絵は「空維深夜」さんが手がけています。
他の作品では、あとみっく文庫の「僕のパーティーが戦闘中に誘惑してくるので世界が救えない」の挿絵などがありますね。

シャープな線で描写されたヒロインは、すっきりしていますね。

個人的には、全員良かったんですが、特にエリザが好みでしたね。
冒頭の主人公を押し倒してキスしてた表情が可愛かったので♪

反面、ちょっと見た時、玲子のキャラデザインがイメージと少し違った印象があったかな。
もっと眼差しがクールかなと台詞を見て思ったので。

競泳水着着用なヒロインも可愛かったですね。
胸などのムチムチなボディとの相性も良かったですし、もう少し真正面から見たかったです。
残念ながら水着姿は、エリザと玲子のみで恵那はなかったですね(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、タイトルの過激な感じとは少しイメージと違った印象の作品でしたね。
性欲処理って点は、そうなのかもしれませんが、ちょっと別物かなって。

それよりも、全編周囲の人間から行為を見られているって状況での特異な感じのが印象深かったですけどね(汗)
催眠モノかと思う様な状況下での行為が普通に実現できているってのは、ちょっと新感覚で面白かったですね。
でも、静かに主人公とヒロインのふたりっきりで…って状況が好みな人には、ちょっと不向きかもしれませんねぇ。

恋愛色は、上記にも書いた様にあまり濃くはなかったですね、設定の影響もあるかな。
エリザだけ心情描写などのシーンがあるので、全く恋愛色がない訳ではないんですけどね。
もう少しHシーン以外での絡みが欲しかったかなってのは贅沢ですかね(汗)

生徒会は僕専用オナホール!? 生徒会は僕専用オナホール!?

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】生徒会は僕専用オナホール!? [ 夜士郎 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
生徒会は僕専用オナホール!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事