CaRROT NOVELS 猟奇の檻 第2章 黒衣の花嫁

CaRROT NOVELS 猟奇の檻 第2章 黒衣の花嫁
猟奇の檻〈第2章〉黒衣の花嫁 (CaRROT NOVELS)
*中古のみ

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
私にしては、珍しく原作版プレイ済みです。

舞台は、ハイテクテーマパーク「ファンタージェン」。
主人公は、この地に警備員として本社から赴任した新人です。

アトラクションスタッフの女性たちは、美人揃いで浮かれる主人公ですが、その状況は一転する事に…。
園内で事件が起こった事で、一気に園内に緊張が走り、主人公はこの状況を調査する事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

北沢 牧子」(きたざわ まきこ)
日泉 ひかる」(ひいずみ)
神崎 志津子」(かんざき しづこ)
佐久間 由佳里」(さくま ゆかり)
緑川 さくら」(みどりかわ)
笹塚 京」(ささづか きょう)
天野 美雪」(あまの みゆき)
島本 和子」(しまもと かずこ)
沢田 美菜」(さわだ みな)がいます。

牧子は、ファンタージェンのドラクル城を担当するアトラクションキャストです。
美人ですが、内向的で言葉数が少ない所があり、近寄りにくい雰囲気があります。
しかし、現在清掃員スタッフの「梶原」と交際をしている様です。
真説 猟奇の檻 第2章

ひかるは、ドラキュラ・ラントのアトラクション「ゴーストホーム」を担当するアトラクションキャストです。
担当がゴーストホームなのに、それを感じさせない明るく快活な性格と健康美な肉体をしています。

志津子は、牧子同様にドラクル城を担当するアトラクションキャストです。
好奇心旺盛な性格で、新入りの主人公に興味を持っています。
実は男性が苦手で下ネタなどを口にすると手が出る事も…。

由佳里は、ファンタージェンの施設、人員を制御するシステムのオペレーターガールです。
主人公のオペレーターも担当し、サポートします。
とても小柄な体格と幼さを残した容姿をしていますが、能力は確かです。

さくらは、園内の洋菓子店に勤務する売り子の女性です。
甘ったるい話方や愛らしい外見などで人気者ですが、料理下手で殺人級でもあります(汗)
真説 猟奇の檻 第2章

京は、オーディン・ラントのアトラクション「バイキング・シップ」を担当するアトラクションキャストです。
スラッとしたモデル体型をしている美人ですが、自らを「俺」と呼ぶ男っぽさもあり、勝ち気な性格の持ち主です。
真説 猟奇の檻 第2章

美雪は、このファンタージェンの現場総責任者です。
その立場で分かる様に、有能な女性であり、自他ともに厳しい性格をしています。

和子は、園内の整備などを行う、メンテナンスキャストです。
そのため、基本的に表に出る事は少ないです。
整備なので制服はツナギの作業服という出で立ちをしています。
知的で落ち着いた女性らしい性格の持ち主です。
真説 猟奇の檻 第2章

美菜は、ドラクル城を担当するアトラクションキャストです。
しかし、本来は別の場所のキャストだったのですが、今回人手が足りず、こちらに駆り出された経緯があります。
明るく活発な性格の持ち主で、外国人の男性と交際しています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が赴任したファンタージェンで事件が起こり、それを調査する事になる流れですね。

元々、主人公はファンタージェンの警備員ではなく、複合企業で有名な帝国創世新社(本社)の警備員なんですね。
それが今回本社からの指示で、本社のテーマパーク事業のひとつである、このファンタージェンに赴任した経緯がある訳です。

主人公は、本社から腕利きとして推薦されてますが、いきなり遅刻したのでフェンタージェンの総責任者である美雪からはいきなり目をつけられてしまいますが(汗)
慣れない環境下での警備は、それまでのとはかなり勝手が違う事で、戸惑いつつも、少しづつここで働く女性陣やスタッフなどと打ち解けていく事になります。

お客が現実を忘れ、夢の世界で楽しむ事ができる舞台であるべき存在のファンタージェン。
主人公もその舞台の一員として、馴染みだして来た頃に事件が起こる事に…。

それも惨たらしく命を絶たれた、凄惨な殺人事件が。

そんな中、無残に殺害された被害者に残されたものに主人公が気づく事に。
誰一人そんな事に気づかない事に気づいた冷静さなどから、主人公は美雪から直接、この事件の解決に乗り出す事を命じられる流れですね。
警察に知らさないのかって?(汗)

原作版では、ちゃんと警察も介入する事になるんですが、今作のノベル版では出番がないですね。
そこら辺はノベル版オリジナルの展開になりますね。
なので原作版の刑事でもあるヒロインの「胡桃沢裕子」(くるみざわゆうこ)の存在はなしって事です(汗)

まぁ、事件物ではやはり主人公が犯人を暴くってのが、お約束なだけに警察の存在は邪魔でもありますしね。
ぶっちゃけ尺の都合もありそうですが(汗)

主人公は、事件の手がかりを求めて園内を周って情報を収集し、奔走するものの、それを嘲笑うかの様に、第二の犠牲者が…。


色々、細かい所が原作版とは違っている点も原作版をプレイ済みの人には見所のひとつですね。
やはり知らない展開があると、新鮮味がありますし、より物語に引き込まれますね。

Hシーン


Hシーンは、ひかる、さくら、京の行為が描かれています。
京だけは、主人公が相手ではなく、彼女と恋人の行為が描かれています。

行為的には、フェラくらいですね。

残念な事に、実質主人公がまともな行為(本番含む)をできたのは、さくらだけなんですね(汗)
京は、主人公が彼女の行為を覗き見してたってだけですし、ひかるは、良い雰囲気になっていよいよ挿入かって所で邪魔が入るので、出来ず終いになっているからです。

かと言って、さくらも話に関わってくる訳ではない微妙なポジションのキャラクターなだけにねぇ(汗)
個人的には、苦手なタイプのヒロインだったので、うーん…。

まぁ、殺人事件などが起きている園内で、ガツガツHとはいかないのも分かりますけどね。
でもサスペンスには、お色気は必須ですし、男女の関係も平時よりも盛り上がりますしね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく、イラストが使われています。
注意なのは、表紙絵は原画担当の「横田守」さんのものですが、中の挿絵は「土代昭治」さんによるものとなっている点です。

でも、土代昭治さんの絵柄も、結構似ているので、そんな違和感はないかと思います。
私、恥ずかしながら過去にてっきり同じ人の絵かと思ってた時期もありましたし(汗)

特に今作のノベル版は、ノベル独自のオリジナルストーリーやシーンがあるので、原作版の画像がそのまま使いにくいという所もあるでしょうし、その点では今回のイラストは効果的ですね。

挿絵数:15枚

総評


全体的には、上巻にあたる作品なので、事件はこれからって感じで終わりますね(汗)

上記でも書きましたが、基本的な流れは原作版の流れを踏襲していますが、細かい所などは結構違う点もチラホラ見受けられますね。
殺害される人物なども、一部原作版とは違ったりなど、原作版をプレイしてても読んでて新鮮な所があると思います。

既に下巻も読み終わっていますが、改めて上巻を読んで見ると、ちゃんとある伏線だったりなどの要素が入っているんですね。
あの時、あのキャラクターはあんな事してたんだなって、新たな発見がありましたね。

個人的に残念だったのは、美菜の扱いですかね(汗)
うーん、あの扱いはちょっと可愛そうですねぇ…、せめて挿絵の一枚でも欲しかった。
って、オリジナルキャラですよね、あの娘?(汗)

原作PC版
真説 猟奇の檻 第2章
真説 猟奇の檻 第2章
posted with amazlet at 14.02.10
CALIGULA (2009-05-01)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
真説 猟奇の檻 第2章

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ