ぷちぱら文庫 セメラレ 妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね


1月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、学園の教師をしています。
そんな彼には、ある悩みが…。

それは、主人公の妹である「沙織」(さおり)の事でした。
学園では、真面目な優等生として評判の彼女ですが、それはかりそめの姿だったのです(汗)
沙織のギャップに悩まされる主人公。

そんな中、主人公は女性から告白をされる事になるのですが、その光景を沙織に目撃されてしまった…と言う展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

鈴代 沙織」(すずしろ さおり)

沙織は、主人公の妹です。
主人公の勤務する学園の生徒でもあります。
学園では、優しく朗らかで成績優秀な優等生として人気があります。
しかし、実際は…。
セメラレ 妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね

ストーリー展開


展開的には、主人公が妹の沙織の事で悩まされている中、告白される場面を沙織に目撃されてしまう流れです。

学園では、完璧な優等生である沙織。
しかし、それは猫をかぶった彼女の姿なんですね(汗)

幼い頃から沙織は猫をかぶっており、その態度は徹底していたのです。
そんな生き方では、当然ストレスが溜まります。
そのストレスのはけ口が、主人公へぶつけられてたのです(汗)

これは幼い頃から続き、主人公はもう沙織に対して萎縮してしまっている有様なんですね。
もう身体が恐怖を覚えているんでしょうねぇ(汗)

そして現在も、この歪な関係性は続いており、更に主人公への行動は性的なものになっているのです。
こんな事が続いているので、主人公は女性と接するのが苦手になっています(汗)


そりゃ、沙織の足を舐めさせられて、足先を口の中に突っ込まれるってのは、きついでしょう(汗)
…ご褒美の人もいるのかもしれませんが(汗)

それでも、兄として彼女の我儘を受け止めなければという思いがあるんですね、主人公には。
自分へのある意味、執着心も恋人が出来れば…なんてのんきに思ってたと(汗)


そんな中、主人公は同僚の女性教師から告白をされてしまう事態に。
当の主人公だけではなく、それを目撃した妹の沙織も驚愕する事になるのです。

ここまでで想像できるとは思いますが、沙織は主人公の事を意識しているんですね。
その感情が、ああいう形で出てた訳ですな。
まぁ、お約束で鈍い主人公は気づいていない様に、沙織自身もまだ感情を正確に理解してはいないんですけどね。

そんな無意識に近い感情のままに主人公と関係を持ってしまう事になる沙織は、その後も主人公に対し、過激な行動に出る事になる展開ですね。

Hシーン


Hシーンは、沙織との行為が描かれています。

行為的には、足コキ、素股、自慰、フェラがあります。
他の要素では、顔面騎乗、前立腺刺激、髪コキなどがあります。

やはり今作ではセメラレという事で、沙織から責められる展開がありますね。

上記にある足舐めさせられたり、足コキで射精させられたり、顔面騎乗で股間を舐めさせられる事も(汗)
更にずっと行為中に、変態などと小馬鹿にされる羽目になりますね。
セメラレ 妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね セメラレ 妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね

責められるって言うときついイメージですが、実際読んで見ると、そこまできつさはなかったですね。
沙織の可愛らしいヤキモチというか独占欲とでも取れるので、そんなに悪い印象はないかなと。
まぁ、小悪魔的な妹に振り回されるって感覚なので、楽しめるんじゃないかと思いますね。

主人公は、長年の沙織からの仕打ちを受けているせいか、かなり妹に対して及び腰な所があります(汗)
妹と関係を持つ事をまずいとは思っていますが、結局流される事になるのはお約束(汗)

沙織は、煽り慣れているとでも言うのか、結構こちらの興奮を煽る様な台詞が多いですね。
それで主人公もやられてしまうんでしょうねぇ(汗)


周りに他の人がいる様な状況下で責めてくるのも印象的ですね。
電車内であったり、学園の机の下、女子トイレだったりと、主人公の精神を擦り減らす状況下ばかり(汗)

沙織からアプローチがある展開が主なだけに、主人公が彼女を愛撫する様な描写も比較的多めでしたね。
個人的には、先に本番行為で中出しした後の愛撫で、膣奥からその時に放ってた精液が出てくるってシーンは結構いやらしくて良かったですね。
自分で出したものを掻き出させるってのは、新鮮ですねぇ。

さすがに指で掻き出させたのは、彼女の優しさですかね。
口で吸い出せってなるかと思ってたから(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使っていますので、問題ないですね。
一河のあ」さんが原画を担当しています。

柔らかい印象の絵柄ながら、しっかりいやらしさを感じさせますね♪

クールでちょっと挑発的な笑みを浮かべる沙織の表情は、見所ですね。
そんな表情で、煽る様な発言を口にするんだから反則ですね(汗)

猫かぶり状態との表情の差も必見ですね(汗)
あの状態での行為も、ちょっと見てみたかったかも…。
セメラレ 妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね

挿絵数:29枚

総評


全体的には、本当に責められっぱなしの作品でしたね。
実際、ほぼ全編H三昧で、濃厚なシーンが目白押しなのは見応えがありますね。

個人的には、ちょっと最終的な結末の展開は微妙に感じましたけどね(汗)
私としては最後まで攻められっぱなしではなく、反撃を試みるなどして、少しは関係性に変化が生じるって流れを期待してたんですね。
でも、そんな気骨ある展開はなかった、と(汗)

確かに沙織の雰囲気などに変化はみられますね、彼女なりのですが。
それ以上に主人公の不甲斐なさなどがよほど深刻だと思いましたね(汗)


あまり全体的にストーリーの起伏がなかった印象もあり、どうしても行為中心の展開なので、一本調子な所がありますね。
だからこそ、ラストなりで違う方向性の形を見せて欲しかったし、見たかったかなと思ったんですね。

見せ方が惜しい作品かなというのが、個人的な感想ですね(汗)
もっと分かりやすいデレとかがあれば、またちょっと感触が違ったんだろうけどもねぇ…。


楽天はこちらからどうぞ
セメラレ 妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
セメラレ 妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ