えすかれ美少女文庫 魔術で学校丸ごと催眠支配!


1月発売のえすかれ美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、最近まで女子校であった学校に通う男子学生です。
しかし、この学校での主人公の立場は男子が過ごすには、しんどいものでした。

そんな神経をすり減らす様な毎日を過ごす中、主人公はある事がきっかけで一冊の本を手に入れる事に。
その本は、何と魔導書。
何とも怪しげな、その内容の中に支配の結界というものを見つけた彼は、半信半疑ながらも試す事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

近江 真奈美」(このえ まなみ)
西園寺 梓紗」(さいおんじ あずさ)
高見 カンナ」(たかみ)
前田 歩美」(まえだ あゆみ)
有吉 佳子」(ありよし けいこ)がいます。

真奈美は、主人公のクラスメートです。
中学時代も一緒の学校でクラスメートでした。
しかし、控え目な性格の持ち主であり、純粋過ぎる所があります。

梓紗は、主人公の先輩であり、学校の生徒会長です。
主人公とは彼女が引っ越すまで、近所の幼なじみでもありました。
とにかく生真面目な性格の持ち主であり、「歩く生徒手帳」と称される程です。

カンナは、大の男嫌いであり、主人公の存在を快く思わない少女です。
言葉使いも荒っぽく、男の様な言動をしています。
主人公をあの手この手で、学校から追い出そうとしています。

歩美は、学校の一年後輩の少女です。
幼さの残る顔立ちに加え、ツインテールな髪型もあり、実年齢よりも若く見える少女です。

佳子は、学校の国語教師です。
優しく男女分け隔てなく接するなど、生徒たちから信頼を得ている人気の先生でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が怪しげな魔導書を手に入れてしまい、その力を使う事になる流れですね。

何でまた魔導書なんて物が(汗)

とりあえず魔導書は、さておき主人公の立場は、現在この学校では微妙なものなんですね。
それは、この学校で男子生徒が彼ひとりだけだから(汗)

元々、この学校は女子校として運営されていたのですが、時代は少子化であり、生徒数の確保も難しくなってきた事が大きいんですね。
そこで男子生徒を受け入れ、共学化に踏み切った訳ですが、これもずさんと言える流れだったのです。
本来は、もっと数年をかけて共学化を図りたかったのですが、想定以上の経営難はそれを許さなかったのです。

そのため共学化を前倒して、ろくに男性を受け入れる土壌を作り切らない内に、生徒を受け入れたと…。
なので、男子生徒のトイレなどは、学校内になく、仮設のトイレを使いに校庭まで出る羽目になるなど男子生徒の負担は大きいものになっています(汗)

それになにより、女子生徒の数が男子の比ではない程の数というのも大きいのです。
元が女子校なので、女子優位と男子の立場はかなり弱いんですね。

そこにはカンナの様な「反共学派」とも言える存在も大きく、男子に対する風当たりは強いんですね。
そのため、入学時から少ない男子生徒は、ひとり減り、ふたり減り…、主人公だけとなってしまったのです(汗)

本来弱気な主人公としては、この状態に心が折れそうなものですが、彼には心の支えがありました。
それが、クラスメートの真奈美なんですね。
以前から彼女に好意を抱いてた彼は、彼女がこの学校に入ると知り、ここに入る事を決意した訳です。


しかし、そんな想いも空しく中々真奈美との関係を進展させる事も出来ず、男子が自分ひとりになってしまった事で、カンナら反対派の攻撃が集中する現状に、さすがに心が折れそうに…。
そんな中でした、主人公が怪しげな魔導書を手に入れたのは。

そこに書いてあった「支配の結界」に目を付けた主人公は、藁にもすがるつもりで学校を結界で覆う事に。
半信半疑な所もありますが、結構追い込まれてた主人公としては、魅力的な内容だった訳ですね、支配の結界は。

しかし、実際に結界の効果はあり、カンナたちも主人公の発言を素直に聞き入れ、平穏な日々を取り戻したのです。
…となると、主人公の考えが、それこそ学校の支配者になれるんだと考え出すのには、さほど時間はかかりませんでしたね(汗)

予想通り、主人公はこの能力を活かし、好き放題を始める事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
その他にも、主人公のクラスメートの女子って全員女子な訳ですが、彼女たちとも行為などがあります。
名前などもあるんですが、これらの娘らは省略させて頂きます(汗)

行為的には、フェラ、パイズリ、自慰などがあります。

魔導書の支配の結界効果により、主人公は学校内限定ですが、誰にでも何でも言う事をさせれる立場になります。
タイトルにもある様に、これはある種の催眠と呼んでも差し支えない効果ですね。。
個人的には、これを催眠っていう感覚があまりピンとは来ませんでしたが、確かに催眠術みたいなものかな。

実際、催眠モノである様な展開も多いですね。
性感を通常時の数倍に感度を上げたり、ヒロインの持っている価値観をも、主人公の言葉で塗り替えてしまったりなど、多種多様な効果を引き出す事ができるので、万能に近い能力ですねぇ(汗)

価値観の上書きでは、真面目な生徒会長の梓紗に、違反した相手を反省させるには射精させる必要があるといった感じでHな方向に導いていく訳ですね。
上書きなどで完璧に思い通りに動く訳ですが、機械的な操られって感じではなかったのが良かったですね。
あまりにも瞳が虚ろになってロボットみたいに動かれても、個人的には面白くないですし。

勿論、指示を受け入れるんですけども、表情は無表情ではありませんし、何よりやはり価値観を上書きしても、やはりどこかで恥ずかしい内容である事を察知しているのか、恥じらいの色を見せるので、強制感も控え目になっているのではないかと思います。


上記でもある様に、他のヒロイン以外にもサブキャラたちが多く出てきており、彼女たちともHな描写があります。
勿論、サブなのですが、そんな娘らも巻き込んでの状況ってシチュエーションは非現実的な感覚を刺激する要素としては重要かなと思いますね。
サブ複数人数、まとめてなので、1人1人が短めでも総量としては思ったよりもかなり多いかなとは思います。

実際、ある1場面でもサブヒロインたちだけで40ページ以上を費やしたりするなど、主要ヒロインらに負けないボリュームがありますね。
中々、これくらい主要キャラ以外で描写する作品ってのは少ないかと思うので、びっくりですねぇ。
こういった集団での行為だと、また異様な感じが強調されるから、変な興奮がありますよね♪

しかし、何気にサブたちも主人公の好みの容姿な娘らだけ選別してHし、対象外は部屋の奥で勉強させたりするなど、結構露骨な扱いをしますなぁ(汗)
そういう意味では、帯にあった「女子全員の処女ゲット」は不達成ですな(汗)
あくまでも頭に「自分好みな」が付きますね。


佳子を相手にしたHの実技授業も見所ですね。
勿論、授業なので周りには選抜済の女子たちが真面目に性のレッスンに聞き入っております。
あくまでも授業形式なので、佳子側からの積極的な展開になるのも魅力ですね。
女生徒たちにフェラのテクニックを実技を持って、教える姿はいやらしいですね♪

個人的には、カンナとの行為も、他のヒロインとは一味違う攻める方向性の趣向で良かったですね。
彼女に対しては、主人公は色々恨みがあるだけに、普通に言う事を聞かすといった内容ではなかったのもポイントですね。
こういう扱いのヒロインがいると、他とのギャップもあるので、どちらもより映えますね。

唯一の不満は、彼女の「オレ」って呼び方を「あたし」って呼ぶように命じた事ですね(汗)
あっちの方が彼女らしいのにねぇ。

一方で物足りなさがあったのが、メインヒロインな真奈美ですね。
唯一、学校の中では支配下にあるのに、憧れが強くおいそれと手出ししなかったので、彼女との行為が終盤までお預けになります。
なので、結果的に読み手にとっては今ひとつ印象に残らない娘になるんですよね(汗)

終盤では、真奈美、梓紗のふたり一緒の行為もありますね。
実質、このふたりがメイン格ですね。

挿絵


挿絵は「有末つかさ」さんが手がけています。
美少女文庫では、お馴染みですね。
個人的には、この人はすっかり「~メイドは~です」のイメージが強いんですけどね(汗)

安定のクオリティーの高さなので、挿絵に関しては不満はないですね。
今作では、ヒロイン数が多いので、多種多様な娘がいるのも嬉しいですね。
これだけいればお気に入りが見つかるのではないかな?

ないかと思ってたサブヒロインたちにも少しですが挿絵があったのも良かったですね。
結構、皆可愛らしかったです♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、えすかれらしくスケールの大きな行為が印象的でしたねぇ。

しかし、上記にもある様にあんまりメインヒロインの真奈美の扱いが微妙でしたね(汗)

むしろ、幼なじみだった梓紗の方がよほどヒロインぽかったですね。
彼女は、他のヒロインにはない彼女の心情が描かれていたりする場面もあったりで、キャラクターの掘り下げがされてもしましたしね。
他のヒロインは、あくまでもH要員な訳ですしね。

個人的には、もう少し何かインパクトが欲しかったですね、欲を言えば。
あまりにも魔導書の効果が高くて無敵状態でしたし(汗)
効かないヒロインとかがひとりくらいいても良かったかもしれませんね。

DMM 電子書籍
魔術で学校丸ごと催眠支配!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事