ソフガレノベルズ LostPassage 観月編

ロストパッセージ(2)観月編 (ソフガレノベルズ)
神尾 丈治 DEEPBLUE TeamSilverMitts
ソフトガレージ
売り上げランキング: 1,257,354

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

同作品の「育美編」に続いての作品です。

育美編はこちらからどうぞ
ソフガレノベルズ LostPassage 育美編 レビュー



主人公は、教育実習生として、久しぶりに故郷にある母校に帰ってくる事になります。
懐かしい女性たちと再会する事で、妹の様に感じていた彼女たちへの感情に変化が起こる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

宇佐 観月」(うさ みづき)
山吹 沙雪」(やまぶき さゆき)
綾小路 育美」(あやのこうじ いくみ)
夏越 理乃」(なつこし りの)
エリナ・レミンカイネン」がいます。

観月は、主人公の担当クラスの教え子の少女です。
幼なじみでみあり、主人公を「兄さま」と呼んで慕っています。
大人しい性格でお淑やかな大和撫子。
LostPassage

沙雪は、主人公の従妹であり、教育実習の間宿泊する旅館の一人娘です。
観月とも幼なじみであり、仲良しです。
身体が弱く、入退院を繰り返してたので留年しており、観月と同い年ですが、学年は一つ下です。
観月同様に主人公を兄の様に慕っています。
LostPassage

育美は、主人公の元担任教師であり、教育実習では担当となる女性です。
かつて主人公とは恋人という関係でもありました。
優しく芯のしっかりした女性です。
LostPassage

理乃は、主人公と同じ大学から教育実習生として学園にやってきました。
真面目で一生懸命であるゆえに、頑固な所も。
主人公とはケンカ友達の様な関係です。
LostPassage

エリナは、観月のクラスメートの少女です。
フィンランドからの留学生です。
白く長い髪や白い肌、赤い瞳と人を惹きつける容姿をしています。
明るく人懐っこい性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が久しぶりに故郷に戻ってきた事で、女性陣と再会し、徐々に関係に変化が生じる事になる流れですね。

ちなみに1作目の「育美」編とは、直接の繋がりはありませんので、ここから読んでも問題ないですね。
一応、育美との付き合いがかつてあったって事自体はありますけども、特に話に絡んで来る事はないです。

前回同様に、主人公は教育実習のために故郷の学園へと久しぶりに訪れる事になります。
そこで再会したのが、妹の様に幼い頃の主人公にベッタリだった、ふたりの少女「沙雪」と「観月」だったんですね。

いずれも久しぶりに再会したふたりは、一瞬誰だか分からない程に美しく成長をしていますね。
まぁ、子供の頃から高校生では大分印象が変わってても当然でしょうけどねぇ。
でも性格は変わっておらず、沙雪は相変わらず主人公を兄の様に慕っていますけども。

そんな沙雪とは対象的だったのが、観月でした。
彼女は、幼い頃から大人しく育ちの良さが窺える言動であり、それは今でも同じなのですが、再会した態度は沙雪に比べるとあっさりとした印象があるんですね。

彼女の家の月読神宮は代々特別な巫女を長とする風変わりな神社です。
そして、観月はこの若さにして特別な巫女としての立場があるんですね。
それゆえに、観月は以前よりも笑みなどがなくなっているという事になっている訳です。

またその役目は、本来ならば彼女の姉の役目であったのですが、彼女が数年前に亡くなってしまった事で、急きょ観月に回ってきた経緯がある訳ですが…。
この事は、主人公も最初から知っているので、観月の事を心配しているんですね。


こうして始まった教育実習。
姦しい女子生徒たちに振り回されたり、悪戦苦闘しながら、沙雪や観月と親交を深めていく事になります。
その中には、他の女性陣もいるんですが、1シーン程度の登場に留まるので、存在感は薄かったですね(汗)

まぁ、あくまでも今作のヒロインは観月、沙雪ですしね。

そんな教育実習生活も、徐々に教育実習外の場面が多くなっていく事になります。
やはりそれは観月の実家でもある月読神宮辺りが中心になっていきますね。

そこで主人公は、月読神宮の抱える問題、ひいては観月の問題にも繋がり、彼女の苦悩を知る事になり、彼女の力になりたいと思う様になっていく事に…。
そして、そんな主人公や観月の気持ちを悟り始める沙雪…。

特に沙雪は、主人公の気持ちが観月に向いているのを感じているだけに、複雑なものがありますしね。
親友でもある観月には幸せになって欲しい反面、主人公を取られたくないという当然の感情に苦しむ彼女のシーンは切なくも見所ですね。

この後、主人公は観月を支える事を選び、彼女との関係を更に深めていく事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、観月との行為が描かれています。

行為的には、フェラがあります。
正直、行為のバリエーションは少ないですね。

純愛系な作品なので、彼女との関係が進展するまでには、結構時間がかかりますね。
でも、初体験を済ませた後の観月はかなり雰囲気が変わった感じがありましたね。

何というか、これまで我慢してた自分を素直に出す事が出来る様になった感じですね。

それゆえか、かなりHにも積極的な姿勢を見せたりと、これまでの彼女とは違う印象を感じられますね。
H中でも、はしたなくも主人公をねだったりと愛らしい姿を見せてくるので、主人公ならずも興奮できるのではないでしょうか♪

残りページ数に比べるとかなりHシーンは詰まっていた印象でしたね。
それだけ濃密な時間を過ごしてたのが窺えますね。
まぁ、実際教育実習サボってまでH三昧だったからなぁ(汗)

挿絵


挿絵は、育美編同様に「あずまゆき」さんが手がけています。
なので、原作版の画像ではないのでご注意を。

まぁ、原作版とは別物ですけども、これはこれでアリですかね。
よりコミック的な描写で、愛らしい観月たちを堪能する事ができますね。

コミックっぽさがあるので、Hシーンがより表情豊かに描かれているのは良いですね。
上気した表情は、最初の頃の表情とは全然別物ですねぇ。
それだけにグッと来るものがありますね♪

挿絵数:20枚

総評


全体的には、育美編同様にしっとりとした雰囲気でしたね。
こういう雰囲気を地味と取る人もいるでしょうが、個人的にはこういう雰囲気も好みなので、気になりませんでしたけども。

また育美編でも書いた様に、原作版ではかなりオカルト的な要素があるらしいですが、これには全くその要素は入っていません。
月読神宮の巫女である観月なだけに、凄いオカルト方面にも行きそうな感じのキャラなんですけどね(汗)

後、個人的に気になったのは、神宮で嫌な感じの婆さんがいるんですが、てっきり後で良い所もあるのかと思ってたら、全くその後出てこず、終わった事ですかね(汗)
これじゃただの嫌な婆さんのままでしたね(汗)

あとがきによると次巻に関しては、未定らしいですね。
まぁ、これが出たのが2003年で、公式HP見たけども何もないのでないんでしょうね(汗)
ってか、このレーベルは実質もう動いてないでしょうしねぇ…。


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
LostPassage
対応OS:WindowsWindows:XP(XPの64ビット版は動作保証外です)
配信開始日:2011/03/01
ゲームジャンル:恋愛AVG
原画:きみづか葵,蓮見江蘭
シナリオ:御子石大郁
ボイス:あり
ブランド:スイートペイン
平均評価:



ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事