ぷちぱら文庫 あおぞらストライプ


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作版のノベライズ作品です。

主人公は、料理人の志す青年です。
そんな彼は、師匠の紹介で知り合いのレストランの助っ人として働く事になります。
しかし、単に料理人だけではなく、店の経営まで任されてしまう事になり、奮闘する展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
沢渡 琴音」(さわたり ことね)
沢渡 杏子」(さわたり きょうこ)
支倉 美里」(はせくら みさと)
鶴野 皐月」(つるの さつき)
水谷 さくら」(みずたに)
水谷 すみれ」(みずたに)がいます。

琴音は、主人公が手伝う事になるレストラン「マリンハウス・アクア」の看板娘であり、オーナーの杏子の一人娘です。
純粋無垢で人を疑う事のない素直な性格です。
あおぞらストライプ

杏子は、レストラン「マリンハウス・アクア」の経営者です。
主人公の師匠とは修行仲間であった事から、主人公にアクアの助っ人の要請を頼む事になります。
おっとりとした物腰ながら、発言はからかう様な物が多く、お茶目な一面があります。

美里は、老舗旅館を経営する支倉家の一人娘です。
今時珍しい古風な所があり、言動が丁寧です。
あおぞらストライプ

皐月は、主人公の師匠の一人娘です。
非常に頭の切れる頭脳派であり、有能な女性です。
あおぞらストライプ

さくらは、琴音と同じ学園に通う天真爛漫な少女です。
小柄な体格とは裏腹にとても活発で行動力があります。
裁縫が得意で、その技術はかなりのものです。
あおぞらストライプ

すみれは、さくらの双子の妹です。
姉さくらとは、真逆な大人しくどこか印象が薄い所があります。
病気を患っており、激しい運動が出来ませんが、芯の強さは姉にも負けない所があります。
あおぞらストライプ

ストーリー展開


展開的には、主人公がレストランの助っ人にやって来て、料理だけではなく、経営まで任されてしまう事になる流れですね。

何故主人公が、このレストランにやって来る事になったのか。
それは、主人公が師匠と仰ぐ鶴野の存在があったからです。

彼から知り合いのレストランがピンチであると相談される事に。
何でもオーナー兼コックであった杏子が怪我をしてしまった事で、まともな経営ができないでいるらしいのです。
そこで主人公は、助っ人としてレストラン「アクア」にやって来たという経緯がある訳ですね。

しかし、認めてもらえるかと緊張して向かってみれば、杏子はあっさりとOK。
更に主人公に料理だけではなく、店の経営全部を任される事になってしまうのです(汗)
仕入れやバイトを雇ったりなども全部こなさなければならない訳ですね。

まぁ、それだけ信用されているって事なんでしょうけども、さすがに店全部任せるってのはどーなんですかねぇ(汗)

こうして、主人公は困惑しつつも、周りの女性陣の力を借りつつ、奮闘する流れですね。

そんな女性陣と奮闘する中で、主人公は琴音に対して意識していく事になっていきます。
これで分かる様に、今作のメインヒロインは琴音となります。
まぁ、これは表紙裏の説明にあるので、特にネタバレではないはず(汗)

Hシーン


Hシーンは、琴音との行為が描かれています。
残念ながら、他のヒロインたちとの行為はありません(汗)

行為的には、手コキくらいでしたね。
フェラとかもなかったのが珍しいですね。
挿入本番の描写が主で、その他の行為がなかったのはちょっと残念ですねぇ(汗)

更に純愛系作品なので、そもそも琴音との行為までが割と後の方までかかる事になります。
大体6割程度までかな?

これまで初恋も知らなかった程、純粋な琴音なので、中々初々しさがありましたねぇ。
主人公も経験がないために、余計初々しさが増していますね。
それゆえに傍から見ていると、焦れったいと思う場面もありましたけどね(汗)

そういう初々しいやり取りなども含めて、この作品の魅力だと思いますし、問題はないでしょう。
逆に言えば、そこからの吸収力も高いって事でもありますしね。
元々、純粋な彼女なだけに、更に魅力的ですね♪

でも、てっきり純愛系でも1回ずつは各ヒロインとHシーンがあるのかなって思ってたので、ちょっと肩透かしだったのは否めませんけども(汗)

そういや、琴音の母の杏子はHシーンあるのかなと公式HP見たけども、一部行為シーンがあったので攻略対象キャラなんですかね?
ちょっと見たかったかな(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使っています。
キャラクターデザイン・原画担当は「ピロ水」さんが手がけています。
当ブログでもレビュー済な「えれくと!」や「姉はカノジョで専属メイド」も担当されていますね。

キャラデザインを見た時、ちょっと描き方変わったのかな?って思いましたね。
上記の他のタイトルよりも、何か違う気がするんですけども、どこかは分からないですね(汗)
何となく表情とかがコミック的な描き方なのかな?

皆、可愛く明るいので、華やかですねぇ♪
衣装もあって、かなり南国?っぽい?(汗)

一部、SDキャラになっているシーンもあって、良いアクセントになっていましたね。
デフォルメされ過ぎて、パッと見、誰か分からなかったけども(汗)

挿絵数:28枚

総評


全体的には、純愛系の作品なので、ストーリー性の強い印象がありますね。
実際、Hに関しては回数は控え目なので、ガツガツHしない事に物足りなさを感じる人もいるかもしれませんね。
まぁ、初々しさやニヤニヤ感はかなりあると思いますから、悪くはないんですけどねぇ。

見所としては、琴音と恋人同士になって、単純に甘々イチャイチャ的な展開かと思ったら、好きになってしまったがゆえの複雑な心境の描写などがあったのは良かったですね。
それまでの純粋無垢な少女だった彼女が、他の女性に嫉妬したりとか綺麗なままではいられない感情を持て余してしまう姿は人間味がありましたね。
そういった面も丁寧に描いているのは、好印象ですね。

正統派な純愛系の作品が好みであれば、楽しめると思いますよ。

そういや公式HP見たら、もうひとりヒロインがいる様ですね、何かグラビアアイドルみたいな娘。
彼女だけ省かれて、ちょっと扱いが可愛そうですな(汗)


楽天はこちらからどうぞ
あおぞらストライプ

原作PC版
あおぞらストライプ 初回限定 PREMIUM EDITION
アストロノーツ・スピカ (2013-08-30)


DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
あおぞらストライプ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ