ぷちぱら文庫 孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公の通う学園は普通の学園ではありません。
何とそれは子供を孕む事を専門に勉強する学園だったのです(汗)

そんな学園では、今回一大行事を控えています。
それは修学旅行。
修学旅行での目的は、何と子作りを行う事であり、主人公は、女性陣たちを相手に子作りに励む展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

堀口 雪菜」(ほりぐち ゆきな)
加藤 葉月」(かとう はづき)
西川 花音」(ひしかわ かのん)
大島 すみれ」(おおしま)がいます。

雪菜は、主人公の幼なじみです。
天真爛漫な性格で、子供っぽい所があります。
主人公に対して素直な感情をぶつけてきます。
僕っ子でもあります。
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

葉月も、主人公の幼なじみです。
雪菜とは違い、あまり自分から積極的になれない内向的な所があります。
恥ずかしがり屋でもあります。
皆の世話を見るのが好きで、メンバー内のお母さん的な存在でもあります。
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

花音も主人公の幼なじみです。
真っ直ぐな性格をしており、負けず嫌いでヤキモチ焼きな所があります。
主人公に対しては、素直になれずツンツンした態度を取る事も。
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

すみれは、学園の子作り修学旅行の旅行会社のツアーバスガイドです。
今回、主人公性質の修学旅行を担当しています。
人当たりが良く、丁寧なガイドに定評があります。
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

ストーリー展開


展開的には、主人公たちが学園の修学旅行に出かけ、Hをして孕ませる事になる流れですね。
…どういう事でしょう(汗)

何とも突っ込み所満載な展開ですねぇ。
真面目に紹介するのも何ですが、一応…(汗)

主人公たちの通う学園は、そもそも一般的な学園ではないんですね。
その名も「孕ませ学園」、通称「孕学」。

その名の通り、子作りについて勉強する学園な訳ですね。
なので、授業もさぞかしH三昧かと思いきや、意外な事にそれはないんですね。

それこそ授業の内容は、保健体育で習う様な子供が出来るメカニズムだったりといった知識を学ぶのを重視しているんですね。
なので、実技は一切ない訳です。
逆に勝手な性行為は、固く禁じられており、所属学生は男女問わず未経験である事を求められるのです。

そして、肝心の実技が例の修学旅行で行われる事になるんですね。
修学旅行の子作りによっては、留年もありうると言う、結構大事な行事なんですね(汗)

主人公の幼なじみの3人は、皆主人公を相手に初めてのHを経験しようと考えている訳ですね。

気になったけども、そんな相手とか選べるの? しかも同じ主人公相手に(汗)
まぁ、こんな学園があるんだから、そんな細かい事は気にしたら負けですかね…。


こうして、主人公たち御一行はバスツアーのガイドのすみれの案内で子作りにまつわる地域を巡りつつ、Hする事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰やアナルセックス、放尿、フェラ、素股などがあります。

最初の行為で初体験を済ませる事になり、そこからドンドン行為に熱が入る事になりますね。

しかし、いきなりツンツンな花音が真っ先に肉棒を突っ込む事になるのは驚きましたねぇ(汗)
全く愛撫もなしに挿入なんてするから、痛い目に遭う事になってたし…。
…一体、学園で何を学んでたんでしょうねぇ(汗)

意外だったのは、その際にすみれが彼女のサポートで彼女の身体を愛撫して、性感を高める様にしてくれた事ですね。
単なるバスガイドさんな訳ではなく、孕ませ専門のバスツアーのガイドさんだから、そういった事までやってくれるんでしょうね。

修学旅行では、それぞれHに関係する場所に赴き、そこでそれに関連した内容の行為をするってのが基本となっています。
最初の初体験をするのが、破瓜寺って言う場所ってなってたり。

その中で、特にぶっ飛んでいるのが、三十三本堂の御神体でしたね。
何とそれに触れると、肉棒がその名の通り、三十三本になってしまうという(汗)
んで、主人公がお約束で触って、肉棒が三十三本になり、触手プレイが始まります(汗)
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

他にも身体が若返ったりとか、何でもアリです(汗)
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

もはや現実味が全くない状況ですよねぇ…。
なので、このノリがハマらない人には楽しめないかもしれませんねぇ(汗)

終盤では、見事に妊娠してお腹を大きくした女性陣との行為もありますね。
それが目的だったので、当然ではありますしね♪
行為中に母乳を噴射して絶頂するヒロインらは、いやらしいですね。

残念だったのは、バスガイドのすみれとは本番行為などがありましたが、あくまでも旅行中だけの登場だった事ですね。
まぁ、そういう役目な訳ですから当然なんですけども、何気に一番好みなヒロインだっただけに残念(涙)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使っていますので、違和感なく楽しめると思います。
原画担当は「かずきひより」さんが手がけています。

表紙絵も描き下ろしなのかな?
そのせいか、中の挿絵とは若干絵柄の雰囲気などが違って見える様な気がします。

原作版はどうやら最近発売してた訳ではなく、2010年頃に発売されてたみたいですね。
だからなのか、表紙絵と中の挿絵画像とは結構差が感じます(汗)

個人的には、表紙絵の方が好みですねぇ。
言い方は悪いですけども、中の挿絵の画像は正直微妙ですね(汗)
何だろ、頭と体のバランスが何か変に感じたりしましたね、最初見た時。

表情もどこか画一的な印象を受けた事もあり、硬さを感じましたね。
今の絵柄で見てみたかったかなって思ってしまいましたね(汗)

孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

挿絵数:34枚

総評


全体的には、孕ませるための修学旅行などといったぶっ飛んだ設定が印象的な作品でしたね。
そのため、突っ込み所が多く、人によってかなり評価が変わる作品だと思います。

個人的にも今ひとつだったかな、正直な感想としては(汗)
さすがに触手とかはやり過ぎな感は否めませんでしたねぇ…。

ノリはこれでも分かるように、かなり軽いコミカルな仕上がりとなっていますので、こういうノリ、雰囲気が好きであれば楽しめるのかなって感じですかね。

主人公とヒロインにあまり感情移入が出来なかったのも、個人的にはちょっとマイナス要素でしたね。
所々で確かに可愛らしさなどは感じたんですが、最初から好意を持たれている幼なじみなので、色々な意味であっさり事が運んで行ってしまう感じが物足りなさを感じたかなと。

特別Hシーンも凄く濃いって訳でもなかったし、色々と物足りないってしかないですね(汗)

凄い悪いって訳ではないんですよ、念のため。
でも、特別良いってのも見つからないっていうか…(汗)
好きな人、御免なさい(汗)

楽天はこちらからどうぞ
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
孕ませ修学旅行 そうだ、子作りに行こう

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ