ぷちぱら文庫 ナマイキデレーション ひと突きごとにデレる最強乙女 渚


11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の高校生です。
そんな彼は、担任の独断により、文化祭の実行委員をする羽目になってしまいます。

更に実行委員は彼一人だけであり、他は自分で集める事に…。
結果として、何とか数人のメンバーを集める事に成功した?主人公は、文化祭に向けて奔走する事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

新開 渚」(しんかい なぎさ)
夏島 みさき」(なつしま)
西村 汐里」(にしむら しおり)
メイア・クロイゼルング・白鳳」(はくおう)がいます。

渚は、幼なじみの汐里の猫をきっかけに知り合う事になる少女です。
正義感が強く、勝ち気な性格です。
それゆえに、結果的にもめ事を起こす側になってしまう事もしばしば。
ナマイキデレーション

みさきは、主人公の妹です。
クールで真面目な性格であり、家での家事全般を担当しています。
渚に助けられた事があり、以来渚に憧れています。
ナマイキデレーション

汐里は、主人公の幼なじみです。
天真爛漫な性格で幼いころから主人公にベッタリな甘えん坊です。
意外にも?勉強、運動全般で好成績を残す優秀さを持っています。
ナマイキデレーション

メイア(以下メイ)は、見た目が幼いながらも、主人公と同級の少女です。
ですが、実年齢が同じと言う訳ではなく、飛び級のためです。
それを裏付ける様に、世界的に有名な天才発明家という顔を持っています。
言動は、エラそうだったりする中に年相応の幼さも持っています。
ナマイキデレーション

ストーリー展開


展開的には、主人公が成り行きで文化祭の実行委員に選ばれてしまう流れですね。

主人公にとってははた迷惑な話でしょうけどねぇ、文化祭の実行委員なんてのは(汗)
とは言え、担任教師から言われてしまっては、拒めない訳です。
色々、弱みもありますからねぇ(汗)

それに担任からは美味しい話をチラつかされていただけに、それも受けた理由ではあったんですけどね。
それは女の娘にモテモテって、根拠のない話だったり(汗)

しかし、実際その立場になってみると、問題は山積…。
そもそも実行委員は、主人公だけなので、まずは人集めから始めなければならない段階という(汗)

そんな中、幼なじみである汐里の飼い猫をきっかけにして、主人公は渚と知り合います。
その際に色々誤解もあったりもしましたが、最終的には丸く収まり、結果渚が手伝ってくれる事に。
それを皮切りにドンドン女性陣が参加する事になるんですね。

結果的に担任の言ってたモテモテってのもあながちウソではなかった?


その後の活動も、中々順風満帆とはいかずに色々苦労する事となるのですが、何とかやっていく中で、主人公は渚の手が早いだけではない優しさなどを知り、次第に惹かれていく事になる流れですね。
まぁ、その事はサブタイトルに渚の名前がある事でもお分かりだと思いますけどね。

主人公だけではなく、渚もまた主人公に対して好意を抱いていくのが、彼女の視点でも垣間見られたのは良かったですね♪
やはりニヤニヤしちゃいますよねぇ、こういうシーンって。

その分、途中からいつの間にか他のメンバーはフェードアウトしていき、存在感がなくなってしまいましたが(汗)

Hシーン


Hシーンは、渚との行為が描かれています。
他のヒロインは、おパンツが見えたり程度の軽いシーン程度なものですね。

行為的には、パイズリ、フェラなどがあります。

やはり純愛系な作品なので、ヒロインである渚との行為までにはかなり時間がかかりますね。
正直、最近の読んだ作品だとここまで引っ張るのって殆ど無かったので、逆に新鮮さすら感じられましたね(汗)

でも、その分を補うかのように後半からは、結構なペースでの行為があるので、そこまで物足りなさはないのではないでしょうか。
勿論、ストーリーもある訳ですから、ずっとHしっぱなしではないですよ(汗)

そんな渚って、思ったよりもかなりの巨乳なんですよね。
なので、彼女の豊かな胸を使ったパイズリシーンは、中々そそりましたねぇ♪
でも、何気に脱いじゃうよりも、学校の制服であったり、他の服装などの方が何故か胸がいやらしく見える様な(汗)
服の上からでも、胸の大きさなどがはっきり出ちゃうからなのかな?

行為としては、そこまで過激な行為をする事はなく、お互いの愛情が見て取れる様な甘さがありましたね。
まぁ、このタイトルにそこまでエグいプレイを求めるのもおかしな話でしょうしね(汗)

ちなみに渚しかHシーンはないんですが、個人的に印象的だったのは、幼なじみの汐里もかな。
彼女のお色気シーンは、風邪で寝込んでいる彼女の身体を拭くってシーンなんですが、そこで見せた彼女の姿がいつもの高いテンションではなく、しっとりとしてた所がちょっとグッと来ましたねぇ。

まぁ、その後は彼女もその他の女性陣同様に全く出てこなくなりますが(汗)

挿絵


挿絵は原作版の画像を使っています
どのヒロインも可愛らしくもある中に、色っぽさを併せ持っている様に感じましたねぇ♪

どの娘も、魅力的で選べないなぁ(汗)

後、時々キャラクターたちがSDチックになっているものもあるのが、個人的には好きですね。
毎回、そういう作品で書いてますが、好きなんですよ、こういうの(汗)
汐里の飼い猫を主人公がお手玉のようにしているのが好きですね、猫が可愛い♪

…ってヒロインではないのを挙げる辺りがダメですかね(汗)

Hシーンでは、上記にもありますが、やはり渚の豊かな胸ですね♪
あれだけ大きく主張していると、触ってみたくなるのは自然の事ですねぇ。

一部ですが、コスプレ要素もありましたね。
大半の行為は裸や制服なんですが、一部魔法少女なコスでの行為もあります。
しかし、挿絵を通して見ると白黒なので、正直制服とそんなに変わらない様に見えてしまうのが残念です(汗)
カラーだとまた違って見えるんでしょうけどもね。
ナマイキデレーション ナマイキデレーション ナマイキデレーション

ラストのエンディングでは、年齢を重ねて本編とはまた違った落ち着きの渚の姿が見れたのは嬉しかったですね。
こういう充実と言うか幸せを感じさせる表情は、魅力的ですよね。

挿絵数:37枚

総評


全体的には、一緒に行動を共にする事で、親密になって行くっていう王道な展開で読んでて気持ちよかったですね。
ただ渚と恋人になって、ただイチャイチャするだけでもなく、途中色々起こる出来事もアクセントになっています。

特に主人公の成長というか、意識の変化は序盤から考えるとかなりの伸びを感じさせましたね。
真っ直ぐな渚に感化されていったって側面は確実にあるでしょうねぇ。

そういった事や、ラストで7年後?の彼らを見る事もできたのも良かったです。
ああいう形で幸せそうな所を見る事ができるのは、嬉しいですし、読後感も良いですもんね♪


まぁ、ナマイキデレーションというタイトルでもっと性格がきつめな女性を想像してたんですが、そうでもなかった様な(汗)
渚も別にツンデレっぽい感じとはまた違う様な気がしますし、他のヒロインも何か違う様な?
でも、主人公の妹のみさきは、クーデレっぽさはあるかな。
もっとも今作程度の登場で彼女たちの全てを計るってのは酷ですかね(汗)

近年見られる様な強烈な個性は、そこまでないですので、人によっては読んでて引っかかりが弱い感もあるかもしれませんが、じっくり展開されるまったりした雰囲気が苦手でなければ中々楽しめるのではないでしょうか。


楽天はこちらからどうぞ
ナマイキデレーション ひと突きごとにデレる最強乙女・渚

原作PC版
ナマイキデレーション
まどそふと (2013-07-26)


DMM 原作PC版 ダウンロードはこちらからどうぞ
ナマイキデレーション【DMM限定特典オリジナルボイスドラマ収録!】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ