リアルドリーム文庫 隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母

隣の美母娘 ~女子高生彼女と禁断のカノ母~ (リアルドリーム文庫)
芳川葵
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 9,417

11月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公には、2つ年上の幼なじみの「美穂子」(みほこ)がいます。
幼い頃から一緒に育った様な関係でもある美穂子に対して、主人公はいつしか姉の様な感情から異性として彼女に好意を抱く様に…。
そんな彼女と主人公は、恋人として付き合える事に!

しかし、受験生である美穂子のためにHは禁止。
そんな中、美穂子の母親「祥子」(しょうこ)から、まさかの提案をされる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

山室 美穂子」(やまむろ みほこ)
山室 祥子」(やまむろ しょうこ)がいます。

美穂子は、主人公の家の隣に住む幼なじみです。
清楚な顔立ちと抜群のスタイルで、学校の男子から人気があります。
明るく優しい性格の持ち主ですが、年下の主人公に対してはからかって来たりする事も。

祥子は、美穂子の母親です。
幼い頃に母親を亡くした主人公を、以来我が子の様に接しています。
母性の強い所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が幼なじみの美穂子と恋人同士になった事から、何故か母親の祥子まで巻き込んだ展開になる流れですね。

主人公は幼い頃から美穂子と一緒に過ごしてきたんですね。
それこそ彼女の家で食事を共にしたりしていた訳です。

思春期に差し掛かると、姉の様な存在であった美穂子の存在が、次第に異性として彼女に好意を抱いた訳ですね。
それはある意味、自然な事でもありますよね。

そして、それは主人公だけではなく、美穂子もまた主人公に対して弟の様な存在から少しずつ変わっていたんですね。
とは言え、主人公はそんな事が分かる訳はなく、家が隣である事や幼なじみであるがゆえに関係を壊すかもと、告白をしていなかったのです。

しかし、結果的にムードも何もない状態で、主人公は勢いで告白してしまう事に(汗)
失敗かと思われた告白でしたが、結果としてこの告白は受け入れられる事となり、美穂子と恋人同士となったのです♪


それ以降は、彼女と少しづつ関係を深めていく事になり、本番以外の手コキなどのHな行為をしてもらったりするのですが、ここで問題が。

美穂子は現在高校3年生。
これから大学受験が控えており、大事な時期な訳なんですね。

そのため主人公は、彼女の母親である祥子から、できるだけ受験の間はHを控えて欲しいと頼まれてしまったのです。
まぁ、受験生を持つ親御さんの気持ちも分かりますけども、付き合いたてでHもいよいよこれからって時の男子には中々酷な話ですよね(汗)

でも、主人公としても勿論、美穂子の受験がうまくいって欲しいと思う気持ちは本物。
性欲を持て余しつつも、彼女のためにそれを受け入れる事にしたのですが、言葉とは裏腹に落胆の色を浮かべる主人公の表情を見た祥子は母性をくすぐられてしまい、つい言ってしまうのです。

「美穂子の代わりに、おばさんが相手をするのは、どう?」と…。

祥子から突拍子もない発言を聞いて主人公も動揺するんですが、元々祥子にも憧れを抱いていただけに、その申し出を受け入れ、彼女と関係を持ってしまいます。
まぁ、幼い頃に母親を亡くして、母親代わりとして優しくしてくれた彼女の事を憧れていくって気持ちも分かるんですけどねぇ(汗)
それにすぐ初体験させてもらえるって分かったら、美穂子の事で罪悪感を抱きつつも、中々拒めないんでしょうね。

こうして、恋人の母とも関係を持ち、隠しつつ美穂子と交際を続ける流れとなっていきます。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

やはり今作の見所は、親娘との行為ですよね♪
若さ溢れる美穂子、母性溢れる祥子のキャラクターは、それぞれが魅力的ですね。

この手の作品だと、恋人と上手くいかない間に他のヒロインと関係を持ってしまうってパターンが多いですが、別に美穂子は主人公とうまくいっていない訳ではないんですよね。
あくまでも受験のため、あまり羽目を外せないってだけですからね。
しかも、行為を控えるって頼みは、美穂子は知らないですので、結構積極的に誘ってくる事にも(汗)

当然、それを拒める訳もなく、彼女とも結局Hな行為をしてしまう主人公なのでした(汗)

個人的に良かったのは、ヒロインたちの心情も合間に描かれている事ですね。
それは行為の最中でもですが、普段の主人公への想いも描かれているので、彼女たちの感情も分かるのでより感情移入できますね♪
そうじゃないと特に祥子は、何てはしたない事言っているんだって事になっちゃいますしね(汗)

個人的には、やはり祥子との行為がより印象深いですねぇ。
あの母性感は、中々少女では出せない味ですからね。
実の娘の恋人と関係を持ってしまう事に、罪悪感や背徳感などの複雑な感情を抱きつつも、身体は過敏に反応してしまう姿は見所ですね。

勿論、美穂子との付き合いたてな初々しさ溢れる行為も見所ですね。
彼女が、主人公に喜んで貰いたい一心で慣れないフェラをしたりするのは、また愛らしさを感じる事ができますね。
こういう甘いイチャイチャ感は、恋人という関係ならではですね♪


終盤では、ふたり一緒に交えての行為もあります。
娘が母を、母が娘の行為を見る中での行為って状況は、冷静に考えると何とも異様な雰囲気ですな(汗)
まぁ、別にギスギスした雰囲気ではなく、妙ないやらしさがある中での行為になるのでご安心を♪

やはり一緒にふたりを相手にしてみると、親子だなぁって感じさせる様な所も。
お互いにいくら親娘でも、行為中の顔は知らないだけに、お互いに見た事の無い表情な相手を見て、「あんなHな顔をするんだ」みたいな心を揺さぶられている描写は見応えがありますね。
それがまた両者の行為を燃え上がらせる事になっていきますね。

挿絵


挿絵は「阿川椋」さんが手がけています。
最近のリアルドリーム文庫では「濃蜜エクササイズ スポーツジムの快感レッスン」や「家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕」などがありますね。

どの作品でもですけども、やはりムッチリとした肉付きの良い肉感的なヒロインたちが魅力的ですね♪
特に豊かな胸は、文字通り零れ落ちそうな程のサイズを誇っており、むしゃぶりつきたくなりますね。

美穂子もまた母親譲りの立派な胸を持っており、彼女の若さもあってパツパツに張り詰めていますねぇ♪
対して母親の祥子は、張りだけではない柔らかさなどがあって、どちらも魅力的です。

挿絵数が少ないのが残念なのは、基本ですね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、親娘との関係を描いているという、リアルドリーム文庫ではそれ程珍しくはない作品ですが、丁寧にヒロインごとの描写を含めているので読みやすく、ヒロインの人となりが見えて、愛着が持てる内容に仕上がっていましたね。

まぁ、主人公が若干性欲に流される傾向はありましたけども、そうじゃないと話にならないですしね(汗)
それくらいの方がHなシーンも見れますしね♪

展開はベタな方なので、そこの新鮮味は控え目かもしれませんが、親娘ものが好みであれば楽しめると思います。

隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母 隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母

楽天はこちらからどうぞ
隣の美母娘 女子高生彼女と禁断のカノ母

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
隣の美母娘 ~女子校生彼女と禁断のカノ母~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ