ソフガレノベルズ LostPassage 育美編

ロストパッセージ(1)育美編 (ソフガレノベルズ)
神尾 丈治 DEEPBLUE TeamSilverMitts
ソフトガレージ
売り上げランキング: 767,547

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、教育実習生として、久しぶりに故郷にある母校に帰ってくる事になります。
そこで主人公を待っていたのは、当時彼の担任であり、恋人でもあった「育美」(いくみ)との再会でした。

恋人であった彼女と教師と教育実習生という関係でまた行動を共にしていく中で、ふたりの関係に変化が起こる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

綾小路 育美」(あやのこうじ いくみ)
宇佐 観月」(うさ みづき)
夏越 理乃」(なつこし りの)
山吹 沙雪」(やまぶき さゆき)
エリナ・レミンカイネン」がいます。

育美は、主人公の元担任教師であり、教育実習では担当となる女性です。
かつて主人公とは恋人という関係でもありました。
優しく芯のしっかりした女性です。
LostPassage

観月は、主人公の担当クラスの教え子の少女です。
幼なじみであり、主人公を「兄さま」と呼んで慕っています。
大人しい性格でお淑やかな大和撫子。
LostPassage

理乃は、主人公と同じ大学から教育実習生として学園にやってきました。
真面目で一生懸命であるゆえに、頑固な所も。
主人公とはケンカ友達の様な関係です。
LostPassage

沙雪は、主人公の従妹であり、教育実習の間宿泊する旅館の一人娘です。
観月とも幼なじみであり、仲良しです。
身体が弱く、入退院を繰り返してたので留年しており、観月と同い年ですが、学年は一つ下です。
観月同様に主人公を兄の様に慕っています。
LostPassage

エリナは、観月のクラスメートの少女です。
フィンランドからの留学生です。
白く長い髪や白い肌、赤い瞳と人を惹きつける容姿をしています。
明るく人懐っこい性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が故郷の学校に教育実習生として赴任するものの、そこでかつての恋人でもある育美と再会する事になる流れですね。

これは、かなり気まずそうな状況ですねぇ(汗)
とは言え、それから5年の時間が経過しているので、ふたりともそんなに戸惑いなどを出す事はないですけどね。

その後も、仕事上一緒に行動を共にする場面は多いふたり。
そんな事が続けば、主人公も抑えていたはずの未練が出てくる様になるのは仕方ない所ですかねぇ。

ふたりが別れたのは、育美から別れを切り出された事にあったんですね。
それなのに、今も変わらない様な態度で接して来る彼女に対して、そういった感情が込みあがってくる事になる訳です。

勿論、そんな事ばかりを主人公はしている訳ではないですよ、念のため(汗)
合間合間では、しっかり?教育実習生らしく生徒たちとのやり取りなどで悪戦苦闘する姿も描かれています。
中盤辺りまでは、賑やかでコミカルな学園での実習生生活を送っている事になりますね。

教育実習生って立場は、何とも落ち着かないというか微妙な立場ですよね、思えば。
生徒でもなければ、教師まではいかない中間的な存在とでも言いますか。

そんな立場が、どこかかつての恋人との関係と主人公の境遇というか状況が上手く重なっている様にも感じましたねぇ。

もっとも中盤以降辺りからは、実習生の生活を描くってよりも、育美との関係を優先していく形にシフトする事になるので、一気に育美との関係を描く展開になっていきます。
なので、他のヒロインたちはこの辺りからあまり出てこなくなりますね。

作中では、当時のふたりの付き合いから別れるまでも描かれてたのですが、中々リアルで良かったですね。
学生と教師の恋で、主人公がそれに溺れていく様が如何にもありそうな感じがまた何とも…。
そりゃ、別れる事になってもおかしくはないって感じでしたね、それ以外の理由もあるとはいえ(汗)

Hシーン


Hシーンは、育美との行為が描かれています。

行為的には、特になかった様な…(汗)

育美との行為な訳ですけども、今作では過去の恋人同士だった頃の育美との回想シーンと今現在の育美との行為が描かれています。

最初の頃の初々しい育美の姿も見所ひとつですね♪
特に今の短い髪も似合っているけども、当時は長く髪を伸ばしている彼女も、現在とはまた違って新鮮でしたね。

対して、今現在の行為では、一度別れてしまってただけに、再度の行為はまた感慨深いものがありますので、想いのこもった行為を楽しむ事ができますね。
欲を言えば、もう少し挿入以外の行為などがあっても良かったかなって思いましたが(汗)

まぁ、純愛系作品なので仕方ないですかねぇ。
そもそも女教師との行為というシチュエーションだけでも、そそるものがあるので平気かな?(汗)

あ、後気になったのは、キャラ紹介を見ると何か主人公はコスプレ好きみたいな事を書いてたんですが、一切コスプレH要素はなかったですね(汗)
てっきり何かあるのかと期待してたのに…。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使ってはおらず、オリジナルの挿絵が使われています。
表紙絵こそ原作版の「蓮見江蘭」さんによるものなのですが、中の挿絵は「あずまゆき」さんが手がけていますので、間違えない様に。

あずまゆきさんは、コミックなどでも活躍されている方なので、知っている人は多いかと思います。

絵柄としては、どこか幼さを感じさせる印象の絵かな?
なので、ちょっと年上である育美はどうなのかなって思いましたけども、やはり少し幼く見える様な気もしますかね(汗)
まぁ、個人的にはこれはこれでアリかなとは思いますけども、似ているかは微妙なので好みですね。

その分、コミックでも活躍されているだけに、Hシーンでの描写はさすがですね♪
よりダイレクトに興奮を感じさせる、顔を赤らめ艶めかしい表情などは見所でもありますね。

一部、コミカルなSDチックなシーンもあったのは、印象的でした。
線も太目で協調されており、またテイストが違って可愛らしさが増してましたね♪
真面目な作品かと思ってたので、あの崩れっぷりは意外でした(汗)

挿絵数:20枚

総評


全体的には、どこかしっとりとした印象を抱いた作品でしたねぇ。
まぁ、別れた恋人とよりを戻す様な展開な訳ですから、そういう雰囲気になってもおかしくはないですね。

派手さはないものの、丁寧にふたりの関係を描いているため、読みやすく入り込みやすくなっていると思います。


あとがきによると、何やらこの作品、原作版は結構な歴史の要素やオカルトっぽい要素が含まれているらしいですね。
ですが、原作のシナリオスタッフとの相談がなされたそうで、そういった要素をノベル版では省いたものにしたそうです。

原作をしていないので、私は特にそういった事を知らず、気にせずに今作を読んだ訳ですが、やはり原作版を知る人には不満なんでしょうかね?(汗)
…そういう要素を省いたら、ごく普通の恋愛ものになるのかな?
でも、ノベルという限りがある制限でやる訳ですから、仕方ない所でしょうか。

…要素を省いてまで、ノベル化する意味があるのかは微妙な所ですけどね、正直(汗)
「何故、この作品をノベル化?」みたいなノベルもたまにあるけども、ノベルに向いている作品、向いていない作品って絶対あると思うんですけどねぇ。

この作品も、そんなひとつかもしれませんなぁ、原作を知っている人には(汗)


原作PC版(中古)
Lost Passage
Lost Passage
posted with amazlet at 13.11.14
DEEP BLUE (2002-07-19)


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
LostPassage

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事