ぷちぱら文庫 イチャマゾ!!! ダブルプリンセスは性奴隷


10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、騎士団に務める見習い騎士です。
しかし、これといった実力もない存在だったのですが、そんな彼に騎士団長から告げられた命令は、不可解なものでした。

それは、この国の姫たちの遊び相手をするというものだったのです。

他国にまでもその美しさを知られている姫たちの遊び相手という事で、当初は困惑したものの、もしかしたらお近づきに…という下心も含みつつ、その任務を受ける事になった主人公ですが、彼を待っていたのは、それ以上の事態だったという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

アイス・ファリーニ
ウタタ・ファリーニ」のふたりがいます。

アイスは、この国の姫です。
美しく黒い長髪と、美貌は他国にまでも轟いています。
クールビューティ―な性格であり、結構な口の悪さでもあります。

ウタタは、アイスの妹です。
アイスと比べると、幼さが残る容姿ですが、既に婚約の話がいくつも来ている程の美少女でもあります。
天才的な頭脳の持ち主で、城を影から運営する程です。

ストーリー展開


展開的には、主人公が姫たちの遊び相手として呼ばれる事になる流れですね。

まぁ、別に向こうは主人公を直接指名した訳ではないんですけどね。
騎士団に要請があり、団長が主人公を指名したって訳ですね。

その理由が、平凡な能力って事で、騎士団に無くてはならない程の存在ではなく、問題を起こす程悪くもないって言うのが何とも主人公の騎士団の立場を端的に表していますね(汗)


理由はどうあれ、主人公は有名な姫たちとお近づきになれるのではと思ってたのですが、予想外な展開が次々と起こる事になっていきます。

何せ、呼ばれて行ってみれば、アイスには無愛想に帰れと言われ、再度会っても罵倒されてしまうのだから、意味不明ですよねぇ(汗)
しかし、この時の主人公の行動が元で、何故か突如アイスから気に入られる事になり、一緒に生活をする所まで話がトントン拍子に進行してしまうのです。

でも、この時の主人公の行動は普通に考えたら完全アウトなものなんですけどね(汗)
主人公も随分、僕とか言っている割に、あんな行動するのはやはり男って感じですかねぇ。


何故気に入られたのかを理解しないまま、主人公はアイスとの生活を送る中で、彼女の秘密、そして何故突然気に入られたのかを身を持って知る事になります。

何とアイスは、相当なドMだったんですね(汗)
彼女が態度を急変させたのは、彼女が求めるものを主人公が持ってた事があったからだったのです。
つまりは、主人公にSの要素を見出した訳ですね。

実際、主人公はS寄りな所があり、それが顔を出すとかなりドSになる所があるんですね。
アイスは、主人公のSっ気をさらに引出して、自分に相応しいSとしたいと考えたのです(汗)

てっきり拒むかと思いきや、主人公も何だか満更ではなく、乗り気になっているのが何とも(汗)
正直、もはや騎士らしい姿はどこへやらとなっていますねぇ。


こうして主人公は、アイスを好き勝手に扱う様になるのですが、そこに彼女の妹であるウタタも加わり、行為は更にエスカレートしていく事となっていきます。
これで分かるように、ウタタは最初から出ている訳ではなく、途中からの登場ですね。
てっきり最初からいるかと思ってたので、最初はアレ?って感じましたが。

まぁ、その分というか、彼女はかなり良い扱いをされているので、結構存在感があって、序盤に登場していない分を十分補っていましたね。

Hシーン


Hシーンは、ふたりとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、自慰、アナルセックスなどがありますね。
他の要素では、浣腸やぺニバン装着なども。

やはり同著者作品でお馴染みの強烈な吸引のフェラは、見所のひとつですね。
今作でもしっかりと下品ではしたない音を立てて、肉棒をバキュームフェラするヒロインたちは、いやらしいですねぇ♪

私は当初、アイス、ウタタ共にドMなヒロインって事と思い込んでたのですが、ちょっと違いました。
自他ともに認めるアイスはドMでしたけども、ウタタはどちらかと言うとS寄りなキャラクターでしたね。
とは言え、主人公に対してそのSっ気を発揮する様な場面は殆どなく、あってもSって程のものではなかったですね。

むしろ主人公よりも姉であるアイスにSっ気が向いてた感じですね。
まぁ、それでもそこまでSさを感じさせるものはなかったので、あまり性格的に極端なキャラクターではなかったかな?

その分、個人的にはぶっ壊れ気味なアイスよりも、まだまともに見えるウタタの方が感情移入しやすかったですね(汗)

挿絵


挿絵は「もねてぃ」さんが手がけています。
前作の「イチャマゾ!! ドMお嬢さまとドSメイドの挑戦状」と同様ですね。

もねてぃさんの絵柄は、可愛いらしいキャラよりも、クールな表情のヒロインが魅力的に感じますね、個人的には。
…しかし、このシリーズだと、そういうキャラは大体残念なキャラなんですけども(汗)

普段の澄ました表情を見ていると、とてもあんな変態だとは思えないですなぁ…。

個人的には、アイスがフェラしているシーンがお気に入りですね。
肉棒を加えて口元が肉棒で少し膨らんでいるのが、良いですねぇ♪

挿絵数:10枚

総評


全体的には、てっきりふたりともMなのかと思ってたので、思ってたのとはまた違っていましたけども、イチャマゾらしさはありましたね。
でも、今作では無意味とまでは言いませんが、あまり機能してなかった要素はありましたねぇ。

実は主人公には、ある秘密の能力があったりするのですが、正直いらなかったですね(汗)
殆ど出てこないし、出てきても大したことに使ってもなくて、何故そんな設定を入れたのかと思う程存在感がなかったかなと。
てっきりそれを使って、騎士らしさをアピールしてくれるのかと思ってたけども、騎士らしさも全くなかったしなぁ(汗)

個人的には、前作の「イチャマゾ!!」の方が、内容としては濃かったかなとは思いましたね。
まぁ、あれは結構色々な意味で酷かったですからねぇ(汗)

S、Mといった要素が強そうな作品ですが、読んで見るとそこまでエグさはないと思います。
行為のSM色ってよりも、どちらかと言うと会話などのやり取りの方が印象的かな。
あくまでも「イチャ」マゾですからね♪

でも、ちょっとした言動で過敏に反応するのは、あまりやり過ぎるとただのギャグになりますな(汗)


楽天はこちらからどうぞ
イチャマゾ!!! Wプリンセスは性奴隷

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ