Harvest novels それは舞い散る桜のように 小町編


PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、進学にあたって親元を離れて、かつて少年期に過ごした事のある桜坂市に引っ越しており、アパート住まいをしています。
そして、新学期を迎えた、この時期に何と主人公を追って、「雪村小町」(ゆきむらこまち)が同じアパートまで引っ越してくる事に…。
そんな彼女に主人公は困惑するのですが、更に主人公に何故か敵意を向けてくる男子まで現れる事になり…という展開です。

登場ヒロイン


登場する主なヒロインは…

星崎 希望」(ほしざき のぞみ)
八重樫 つばさ」(やえがし)
雪村 小町」(ゆきむら こまち)
里見 こだま」(さとみ)
森 青葉」(もり あおば)がいます。
その他にもサブキャラクターは大勢登場しますが、ここでは省かせて頂きます(汗)
*里見は、キャラ紹介ページ表記は里美になっていますが、本文中は里見表記になっています。

希望は、桜坂学園の二年生です。
主人公とは今年からクラスメートとなっています。
明るく優しい性格などもあり、学園の男子からプリンセスと呼ばれています。
それは舞い散る桜のように

つばさも、桜坂学園の二年生です。
こちらも主人公とは同じクラスメートであり、友人でもあります。
学業、スポーツなど問わず、成績優秀です。
賑やかで騒がしい所があり、大雑把な性格でもあります。
それは舞い散る桜のように

小町は、桜坂学園の新入生です。
主人公が、この地に移る前に親しかった幼なじみでもあります。
主人公を追って来た説教的な面があります。
屈託のない明るいお喋りな性格です。
それは舞い散る桜のように

こだまは、桜坂学園の三年生です。
しかし、見た目的には新入生かと思う程の小柄な体格をしており、自身も気にしています。
何とか年上らしさを出そうとするものの、あまり成功していません。
文学部所属であり、生真面目で説教癖があります。
それは舞い散る桜のように

青葉は、主人公の隣部屋に父親と住む少女です。
主人公をお兄ちゃんと呼んで慕っています。
主人公たちとは違う、敬星女学院に通っています。
控え目な性格で恥ずかしがり屋な所があります。
それは舞い散る桜のように

ストーリー展開


展開的には、主人公のアパートに、小町が引っ越して来る事になる流れですね。

元々、主人公がこの桜坂市に来る前は、北国におり、小町とも同郷だった訳なんですね。
しかし、小町が主人公を追うかの様に、同じアパートにまで引っ越してきた事で主人公は困惑する事になります。
まぁ、普通に考えたらこっちの学校に進学する必要性はゼロではないですけども、違和感を感じるのも確かでしょうしねぇ。

そんな主人公の戸惑いを余所に、肝心の小町はいつも主人公に見せていた明るい笑顔と性格で、これまで通りの態度で接して来る事に。
そして、そんな彼女を邪険にするかの様な言動を取る主人公も、またこれまで通りの態度でもあるんですけどね。

とは言え、主人公の小町に対する態度は、かなりぞんざいな扱いなんですよね(汗)
いくら慣れているであろう彼女でも、やはりどうなのよと思う態度は読んでて不快とまでは言いませんが、あまり印象は良くないかな。
まぁ、この主人公のこういった言動の数々は、前回の希望編で分かっていますし、それらが基本照れ隠しではないですけども、必要以上に距離を縮めない様な態度を無意識的にやってしまうゆえってのは理解してので、そこまで嫌悪感はなかったですけどね。

…難儀な人間ですよね、この主人公は(汗)

この後、そんな主人公に敵意を向けてくる男子も登場する事に。
このキャラクターは、前回の希望編では未登場のキャラですね。
まぁ、思いっきり小町との関わりがあるキャラだけに、今回の登場は当然ではありますな(汗)

この辺りまでは、希望編同様にまだ賑やかなのですが、徐々に物語はシリアスさを含んでいく事になりますね。
そこら辺は、希望編で見た流れを踏襲しつつも、小町を中心にした物語が展開されるので、また違った側面というか視点で見る感じですね。

Hシーン


Hシーンは、小町との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、手コキなどがあります。
希望編に比べると、若干バリエーションが多いって位ですかね。
でも、総量的には大差ないかなって印象ですので、あまり過度の期待は禁物ですが(汗)

それは舞い散る桜のように

この作品は、元々ガツガツHする様な作品ではないですしね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく、ハーヴェストノベルズ特有の挿絵イラストですね。
なので、違和感を感じる事はそうないはずですので、物語に集中して入り込めるかと思います。

個人的には、小町の方が希望よりも見た目が好みかな(汗)

挿絵数:19枚

総評


全体的には、希望編とは似ていつつも、やはりそこは小町との過去の思い出などが絡み、また違った展開を見せましたね。
実際、希望編では主人公は、とある重要な存在と出会い、会話などで絡むシーンがあるんですが、今回の小町版では登場するものの、直接主人公との絡みはなかったんですね。
なので、ある意味では希望編の方が、こちらの要素に関してはかなり説明というか描写がある方なんだなと分かりますね。

多分、普通は希望編から読むでしょうから理解しやすいんじゃないですかね、小町編よりも、その辺りは。
小町編からだと、「?」ってなりそうですね、ここら辺の説明は基本ないですし(汗)


楽天はこちらからどうぞ
それは舞い散る桜のように 小町編

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
それは舞い散る桜のように

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事