美少女文庫 メイド三姉妹 忠誠のケルベロス


10月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終ったので、レビューです。

主人公は、日本を代表する様な大企業の経営者の息子です。
そんな彼の周りには、メイドなどが大勢います。
中でも、彼のお付きである3人のメイドに、主人公はお世話を受けています。

そんな日常を過ごす中、主人公はメイドのひとりから筆下ろしを受ける事になってしまうという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

狗上 彩妃」(いぬかみ さき)
狗上 文乃」(いぬかみ ふみの)
狗上 凛緒花」(いぬかみ りおか)
猿ヶ峰 千年世」(さるがみね ちとせ)がいます。

彩妃は、狗上三姉妹の長女です。
冷静沈着で落ち着いた性格の持ち主です。
元生徒会長でもあったらしく、言葉で相手を打ち負かす術に長けています。

文乃は、狗上三姉妹の次女です。
姉の彩妃とは違い、小柄で愛らしい容姿をしています。
「~なのです」の様な言葉使いが特徴です。
何故か主人であるはずの主人公に対しては、若干扱いが悪い所があります。

凛緒花は、狗上三姉妹の三女です。
主人公とは同い年で幼なじみだった関係から、ふたりきりでは砕けた話し方をしてきます。
世話好きな性格をしており、主人公に甲斐甲斐しく世話を焼いてきます。

千年世は、主人公の幼なじみ的な存在です。
彼女の家もかなりの資産家であり、お嬢様と言える存在です。
しかし、三姉妹といつも対立をしており、正に犬猿の仲状態になっています(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公のお付きのメイドである狗上三姉妹とHな関係になっていく流れですね。
まぁ、そこはお約束ですな♪

主人公の性格としては、今時の草食系な感じで、優しく大人しいタイプですね。
そんな彼なので、いきなりお付きのメイドに手を出す様な真似が出来る訳はないですな(汗)

当然、そうなったのはメイドの方からなんですね。
狗上三姉妹の長女である彩妃から、かなりストレートなアプローチを受けての行為になる事になります。

元々は、主人公が全く自慰などをした形跡がない事で、心配した彼女から手コキをされての射精してしまうのですが、その流れのまま筆下ろしにも発展した形なんですね。
男からしたら、いつ自慰をしようが勝手だろって話ですけどねぇ(汗)

ともあれ、流れで結果として主人公は彩妃の身体で女性を知る事になった訳ですな。

まぁ、そうなれば、他の女性陣とも…となっていくのが、容易に想像できますね。

Hシーン


Hシーンは、狗上三姉妹との行為が描かれています。
残念ながら?千年世の出番はないです(汗)

行為的には、手コキ、足コキ、フェラ、パイズリなどがあります。

主人公と三姉妹の関係は、主人とメイドの関係なので、奉仕などを受ける形になります。
ですが、決して主人公に対して甘々なメイドたちってのとはちょっと違うんですよねぇ(汗)

長女の彩妃は、主人公を大事にしているのは分かるものの、基本完璧でクールな態度を崩しませんし、次女の文乃は、姉の彩妃を尊敬しているだけに、関係を持った主人公を毛嫌いではないですが、言葉でなじって来る所がありますね。
まぁ、三女の凛緒花は、まだ分かりやすく親しみが持てるので、上の姉たちとはまた扱いが違いますけども。

そのためか、結構主人公は受け身な事が多いですね。
それは普段の生活上でも、そんな感じなので、行為中でもそのままですねぇ(汗)

なので、女性陣が基本的に主導権を持っている形です。
受け身な主人公が苦手だと楽しみにくいかもしれませんね。

お約束で普段は勝てないけども、Hでは~みたいな事が他作品では珍しくはないですし、今作でもそういう展開もあるにはありますが、あまりにも限定的な物であり、実質無い様なものですね(汗)
まぁ、この主人公では、彼女たち姉妹を出し抜くのはかなり難しい気がしますな(汗)


文乃のキャラは、好みが分かれるかもしれませんねぇ。
最初はもっと可愛らしい感じかと思ってたんですが、毒舌的なキャラでしたね。
小柄で幼さのある毒舌系のヒロインが好みであれば、これはこれで悪くはないですけどね。

ってか、彼女はてっきり三女で凛緒花が次女かなと思ってたので、次女って知ってちょっとビックリ(汗)


個人的には、彩妃がスーツ姿で女教師のコスプレHが良かったですね。
かなり彼女のキャラだとハマり役ですよねぇ♪
しかし、一緒に文乃がいた事もあり、彼女との教師シチュでの行為が専念できなかったのが残念でしたね(汗)
ここは、ふたりっきりでじっくり堪能したかったなぁ…。

終盤近くでは、全員一緒での行為になります。
それ以前から、前述の彩妃と文乃のふたりとの行為や彩妃と凛緒花の組み合わせなどもありましたけどね。

上記でもありましたが、コスプレ要素もちょっとありましたね。
彩妃らのスーツ姿だけではなく、犬耳やしっぽでの犬のコスプレもあります。
なぜ犬なのかは、やはり狗上だから?(汗)

挿絵


挿絵は「立羽」さんが手がけています。
美少女文庫では「天下統一! メイド選手権」以来ですかね?

可愛らしい文乃や凛緒花も魅力的ですが、彩妃の美人さも魅力的ですね。
まぁ、整いすぎな事もあって、少し取っつきにくさはありますけども、これはこれで♪


あるシーンで、見慣れない顔がいて一瞬誰?って思ったら、これ主人公ですか?(汗)
思ってたよりも女顔でしたね。
行為中で顔を赤らめているってのもあるんでしょうけども。

犬コスプレは、個人的には可愛らしくなりそうなので期待していましたが、何か挿絵では殆ど描かれてなかったなぁ。
それぞれの娘の全体像を見たかったですね。

特に個人的には、いかにもハマりそうな文乃もですが、ギャップが一番ありそうな彩妃が見たかったですけどね(汗)

後、ちょっと気になったのは、挿絵によってクオリティーに差がある様に感じた事ですね。
まぁ、私がそう感じたってだけなので、実際は違うかもしれませんけども、何かバラつきを感じましたね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、メイドものとしては、ベタな展開が多かったかな?
でも、そういうメイドのお姉さんが筆下ろし~みたいな展開は好物なので、気になりませんでしたが。

主人とメイドという関係性なので、基本的に世界は狭かったですね。
大体は自宅の屋敷内に終始し、たまに学校とかが舞台ってだけですかね。
まぁ、普段から高級車で送り迎えされているだけで個人で出歩く事も許されないだけに、行動範囲が狭いのも納得ですけどね(汗)

メイドたちの押しが割と強いというか、主人公が弱いのもあって、押されっぱなしの展開は好みが分かれるかもしれませんね。
そのせいか、若干読んでてハマり切らなかった所がありましたねぇ。
別に受け身の主人公は、そこまで嫌いではないのだけども、メイドたちにもう少し主人公に愛情を持っているのを出しても良かったかなとは思いました。
読んでいれば、それは伝わるんですけども、もっとあっても問題はなかったですね。

しかし、千年世の扱いには涙が…。
彼女は、ああいう仕打ちされるためだけに登場させられていると思うと、不憫ですなぁ(汗)
もう少し見せ場が欲しかったですけどねぇ、結構いいキャラしてたっぽいだけに勿体ない話ですな。

彼女もお嬢様ですけども、これまた良くあるパターンで彼女もメイドになって~みたいなノリでも面白かったかな?
まぁ、そうすると4人のヒロインになるし、ページ数的に難しいでしょうが(汗)


楽天はこちらからどうぞ
メイド三姉妹 忠誠のケルベロス

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事