ぷちぱら文庫 ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記


9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ごく普通の男子学生です。
そんな彼にはふたりの美しい双子の姉がいます。

いつしか主人公は、彼女たちを姉ではなく異性として見てしまう様になっており、このままでは間違いを起こしてしまいかねないと、家を出る覚悟を決める事に。

しかし、主人公の決意をあざ笑うかのように、主人公を家に監禁してしまう事になるのです。
そう、彼女たち姉は、弟である主人公を好きでたまらないヤンデレだったのです(汗)

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

有明 いそら」(ありあけ)
有明 咲耶」(ありあけ さくや)がいます。

いそらは、主人公の姉であり、双子姉妹の姉です。
冷静で文武両道であり、看護師としての実績も確かな完璧な姉です。
しかし、主人公に対してはあまり近寄らず距離を置いて接しています。
ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記

咲耶は、主人公の姉であり、双子姉妹の妹です。
常に着物を着用している事や物腰で大和撫子として周りからは通っています。
主人公の世話を焼きたがる性分であり、過保護です。
ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記

ストーリー展開


展開的には、主人公は姉たちを好きになってしまい、一線を越えない内にと、家を出る決意を固める事になるのですが、姉たちに監禁されてしまう事になる流れですね。
…何故に、こうなった(汗)

まぁ、主人公としては悩んだ末の決定だった訳ですね、家を出るというのは。
このままでは、いつか姉たち相手に間違いを起こしてしまうと思ってしまう程、彼女たちに対する感情は膨れていたんですね。
なので、これが最善の方法かと思ったのですが、それが主人公の思いもよらぬ結果を引き起こす事になったのです…。

主人公が目覚めたら、部屋の中に見慣れぬ物が存在していたのです。
何とそれは、鉄格子(汗)
そう、主人公を外に出したくない姉「いそら」は、部屋に鉄格子を設置し、主人公を閉じ込めたのです(汗)


これには、主人公は困惑する事に。
何せ、双子の姉である「いそら」と「咲耶」ですが、ずっと過保護に世話を焼きたがる妹の咲耶とは違い、いそらはこれまで主人公に対してはクールで冷静な態度を見せてたんですね。
なので、今回の暴走はまるっきり予想外な行動に映ったんですね、主人公には。

しかし、主人公はその後嫌と言う程知るのです、クールな態度は彼女の仮の姿だったという事を。

実は、咲耶だけではなく、いそらもまた主人公を溺愛していたんですね。
それは溺愛以上の激しい感情であり、彼女も主人公を愛しており、出ていくと聞いて感情が爆発したのです。
そして、それは彼女だけではなく、妹の咲耶までも同様であり、主人公は彼女たちに迫られる事になる流れですね。

つまり、姉たちとHな事をしてはまずいと悩む主人公と真逆な訳ですね、彼女たちの想いは(汗)
勿論、いそらもそれは間違っている事と思ってはいるんですね、それゆえに主人公と必要以上に接触しないように接してた訳なんですね。
接触してしまったら、もう歯止めがきかないと理解してたという事ですね。

しかし、今回の件でそれももうおしまい。
自身の感情に素直になったいそらを始めとした、姉たちに主人公は性的に愛されていく事になります。


とにかく、彼女たちの主人公に対する感情は相当なものです。
確かにこれを愛情と言えば愛情なんでしょうけども…、かなりキテいる愛な訳ですね(汗)

特にギャップと言う意味では、いそらの変化は相当なものでしたね。
冷静な性格から、一気にネガティブさが出まくる変貌ぶりには、これまでの冷静で頼れる彼女の姿はもはやどこにもないです(汗)
つまり自虐的な性格になってしまったんですね。
自信に満ちた感じから一転、自分を人間失格でクズ虫などと言い、それこそ生きててごめんなさいな態度になっており、かなり厄介な事に…。

まぁ、一見これまでと変化がない様な咲耶も、主人公の食事を全部自身の手で食べさせたりに始まり、主人公の下の世話までやりたがるなど過保護ぷりに拍車がかかっているなどパワーアップをしています(汗)

Hシーン


Hシーンは、ふたりの姉との行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、素股などがあります。
他の要素では、オナホールなどを使った行為も一部あります。

監禁されてしまった事で、主人公は彼女たち姉に搾り取られていく事になりますね。
なので、基本的には主人公は受け身になる展開が主ですね。
そもそも逃げ場などどこにもないですからねぇ…(汗)

しかし、そんなある意味姉たちにとっては、何でもできる状況なのですが、意外にも本番行為はしばらくないですね。
まぁ、主人公にとっては幸いなんですけどね、彼にとってはこの状況になるのを危惧しての家を出るって話になってた訳ですからね。

とは言え、本番行為がないってだけであり、それ以外の行為はある訳ですから、大して変わらない様な気もしますが(汗)
監禁早々にいそらの手コキ+咲耶のキス攻めのダブル攻撃で大量発射してしまってた訳ですしね(汗)
ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記

病んでいる彼女たちですが、主人公に対する愛自体は本物。
なので、行為中の彼女たちの反応は基本的には甘さのあるものが多いです。
なぁ、瞳に生気がない事も間々ありますが(汗)

下の世話をしてオシッコまで手伝う事になった流れで、弄られた事で勃起してしまい、白いオシッコをする事になる流れやオナホールで嫉妬しながらの扱きなどは、中々良かったですね♪
一番最初の手コキ+キス攻めも、かなりの興奮度で見入ってしまいましたし、主人公の反応は置いとくと、中々そそる展開は多かったですね。

反面、中盤辺りまで本番行為はなかったんですが、いざ本番になったらあっさりと挿入で破瓜するって流れは肩透かしだったかな。
余りにもあっさりとしてたので、もう初めてじゃなくなってた? 見落とした?と思ってしまう程でした(汗)
せっかくの姉弟と言う関係の初体験なのだから、もう少し盛り上がった状態で行って欲しかったかなってのはありましたねぇ。

個人的には、それ以外は中々楽しめただけに残念というか勿体なかったという思いが残りました。

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しているので、違和感なく入り込めるかと思います。
原画担当は「空想科学青年」さんが手がけているそうです。
凄い名前ですね(汗)

かなり色っぽい艶気のある絵柄で、人を惹きつける魅力がありますねぇ♪
特に和服キャラの咲耶との相性も良いですね。
勿論、いそらも魅力的ですよ、念のため(汗)

しかし、個人的に困ったのはふたりは双子であるので、似ているんですね。
そのため、シーンによってはどっちがどっちか判別つきにくい所がある事ですね(汗)

ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記

後、ヤンデレと言う事で表情が気になる所かと思います。
確かに所々で瞳に光が無くなる事がありますが、これ自体はあまりエグいのはないかと思います。

でも、あるシーンで隙間から主人公を病んでる表情で見ていた場面があるんですが、その挿絵の表情が光のない顔のアップなので、何か生首っぽく見えてしまったんですよね、私には(汗)
なので、何か怖く感じてしまいました(汗)
またこの時の表情が整っていて人形のような無機質感がより怖く感じますね…。

挿絵数:27枚

総評


全体的には、ヤンデレヒロインたちとの触れ合い?の物語な訳ですけども、独特な魅力、迫力を感じましたね(汗)
終盤に向かうにつれて、増々エスカレートする彼女たちの行動は見所でもありますね。
何だかんだ勢いというかパワーは感じましたね。

しかし、気になった点が…。
ラストの展開は、微妙だったのが残念でしたねぇ。
あまり詳細は書けませんけども、何か肩透かしでしたねぇ、しっかりとしたオチをつけるのかと思ってただけに。

フワッとした結末だったのを抜きにすれば、中々病んだ姉の姿などである意味引き込まれただけに、悪くはなかったかなって感じですね。

楽天はこちらからどうぞ
ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ヤンデレお姉ちゃんの弟飼育日記

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事
 カテゴリ
 タグ