ぷちぱら文庫 ヤンキー彼女と子作り学園ライフ


9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、気弱な所のある男子学生です。
そんな彼なので、クラスメートから半ば使いっ走りの様な扱いをされています。
そんな時に出会ったのが、ヤンキーの「アヤ」でした。

言葉こそキツイものの、主人公を助けてくれたアヤに主人公は好意を抱く事に。

そんな中、主人公はアヤが強引にお見合いをさせられると知り、勢いで彼女に告白をしてしまいます。
この行動に惚れてしまったアヤと主人公は、ラブラブな恋人生活を送る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、アヤのみです。

霧島 あやめ」(きりしま)

あやめ(以下アヤ)は、主人公のクラスメートです。
学園で誰もが恐れるヤンキーとして有名です。
自分の価値観を持っており、弱い者いじめなどを嫌っています。
自分の事をアヤと名乗っています。
ヤンキー彼女と子作り学園ライフ

ストーリー展開


展開的には、主人公が好意を抱いているアヤが見合いをさせられると知った事で、まさかの勢いで彼女に告白し、付き合う事になる流れですね。

主人公も元々、彼女の事は知ってはいましたが、有名な不良という認識だったので、怖い存在だったんですね。
でも、それが主人公が使いっ走りをされていた所を彼女に助けてもらった事で、一気に憧れの存在になった訳です。
噂されている様な人間ではなく、心優しい人だと。

それから、度々主人公はアヤと話す様になっていく事に。
たわいもない会話ですが、それでも主人公としては嬉しい時間だった訳ですね。

そんな中で知った、アヤのお見合い話。
勿論、アヤ本人が望んだ事ではなく、彼女の親が企てた事だったのです。

無理やり彼女が結婚させられると思った主人公は、その場の勢いでアヤに愛の告白。
そして、彼女を連れて逃げ出す事に(汗)

いつも弱気な態度だった主人公のまさかの行動にビックリのアヤですが、見せた男らしさにすっかりウットリ。
主人公の告白を受け入れて、ふたりは結ばれ、恋人同士になる事になります。


ここからふたりの甘い恋人生活が始まる事になる流れですね。
しかし、親の前から娘を奪って逃げて、その後一切音沙汰ないのはどういう事なのかとか突っ込み所はありますけどね(汗)

Hシーン


Hシーンは、アヤとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

サブタイトルにもある様に、子作りという要素も含んでいるんですね、この作品は。
そのため、行為の大半が中出しという事になります。

行為も中々Hなんですが、やはり何と言っても魅力的だったのは、ヒロインのアヤですね。
不良キャラで突っ張っている彼女ですが、もう見てすぐ根は良い娘と思う様なキャラクターなんですよねぇ。

実際、キツイと感じる様な言動も特になく、むしろ可愛さが出てた格好になっている位ですね。
なので、ツンデレっぽいのかなと思いきや、ほぼ普段からデレに近いです、性格が。
キツイ性格を期待していた人には物足りないかもしれませんが、個人的には問題なしですね♪

気弱な主人公ですが、愛する彼女に対してはかなりはっきりと臆面もなく、可愛いなど言えるタイプです。
そのため、可愛いなど言われ慣れていない彼女は耐性がないので、一々真っ赤になっている姿がたまりませんね。
ぶっきらぼうな物言いも、彼女の照れ隠しだと思うとニヤニヤものですね♪

Hシーンでも、主人公にキスされたりするとメロメロになるアヤなので、結構主導権は主人公が握る事が多いです。
すぐアヤの姿に興奮して勃起するので(汗)
ヤンキー彼女と子作り学園ライフ ヤンキー彼女と子作り学園ライフ

強い女性が、Hな事には弱い感じがまた良いんですよねぇ。
勿論、彼女が主導権を取る事もありますが、基本的には主人公からのがメインですね。
アヤも色々言うものの、結局は折れる事になるってのが、お約束になっています。

個人的には、猫耳ビキニ姿のコスプレが良かったですね。
そんな姿で「にゃん♪」とかひとり言っている姿は、たまりません♪
この時は、彼女もなり切っているのか、言葉使いもにゃんが語尾だったりと普段とはまた違った愛らしさを感じました。


挿絵


挿絵は原作版の画像を使用しているので、違和感なく楽しめると思います。

原画は「綾瀬はづき」さんが手がけています。
以前レビューした「ヌキどきッ!~天使と悪魔の搾精バトル~」も同様ですね。

柔らかさを感じさせる絵柄が印象的ですね。
この絵柄なので、不良で恐れられているというアヤも全然怖くないですな(汗)
むしろ彼女の愛らしさが強く伝わりますね♪

たまにコスプレしての行為もありますね。
でも、挿絵があるシーンが殆ど衣装が分からない様なものもあったのは残念ですね(汗)
もう少しじっくりと見たかったので。
ヤンキー彼女と子作り学園ライフ

勿論、大半はしっかり見えていますけどね。

個人的には、Hシーンでも挙げた猫耳ビキニ姿が好きですね♪
彼女のスタイルの良さがしっかりと確認できますしね、普段は胸はサラシ巻いてたらしいし(汗)

一番残念だったのは、ラストシーンで挿絵がなかった点ですね。
エピローグの彼らのその後を絵で見てみたかっただけに、成長した姿を見れなかったのが心残りでしたね。

挿絵数:21枚

総評


全体的には、イチャイチャ甘い展開が目白押しな作品でしたね。
個人的に、こういうちょっと不良なヒロインとの恋愛ものって、好みのシチュエーションのひとつなので、これは良作の予感と思いましたね。

実際、結構なニヤニヤっぷりで、傍から見たらさぞ気持ち悪かった事でしょう(汗)
まぁ、それでも多々展開で気になる所はありますし、基本的にH三昧なだけにもう少しH以外の部分でもイチャイチャを表現しても良かったのではないかなとは思いました。

まぁ、PCゲームですが、いわゆる低価格系な作品らしいので、そこまでバリエーションや掘り下げたストーリー展開を期待しすぎるのも酷かなとは思いますけどね(汗)
どうしても、その手の作品はHをメインとしたボリュームで勝負している様な所がありますからねぇ。

それでも十分、甘さは堪能できましたので結構満足です♪

楽天はこちらからどうぞ
ヤンキー彼女と子作り学園ライフ

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ヤンキー彼女と子作り学園ライフ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ