二次元ドリーム文庫 隷属ツンメイド 引っ越し祝いになってあげるんだからっ!


9月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、最近一人暮らしを始めたばかりの男子学生です。
そんな彼の元に届けられたのは、何と女性型のメイドロボだったのです(汗)

そして、その外見は密かに気になっている「奈津美」(なつみ)そっくりだったのです。

主人公にきつい奈津美とは違い、従順な彼女。
調子に乗った主人公の要求はエスカレートしていく事になり、ドンドンHな物へとなっていく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

倉山 奈津美」(くらやま なつみ)
TDX-001 ナツミ」がいます。

奈津美は、主人公のクラスメートであり、はとこの関係でもあります。
明るく人当たりの良さから男女問わず人気があります。
しかし、何故か主人公に対してはきつい態度で手も出す反応を見せます。

ナツミは、主人公の大叔父の会社で開発されたアンドロイドです。
外見は人間のそれと見分けがつかない程、酷似しています。
奈津美をモデルとしているので、主人公はナツミと名付けて呼んでいます。

ストーリー展開


展開的には、主人公の元に奈津美そっくりなアンドロイドのナツミが届いたという流れですね。

何という展開(汗)
でも、この世界では実際にアンドロイドが市販化される様になっています。
とは言え、高級車程の金額がかかるだけにまだまだ一般層に普及しているとはまだまだ言えないんですけどね。

そんな中での、主人公への贈り物がこれだったんですね。
主人公の大叔父がアンドロイドの開発をしている会社の社長だからこその特権ですねぇ♪

どう見ても普通の女性かと思う程の肌の柔らかさ、伝わる温もりなど、とても作り物とは思えないクオリティーに主人公は戸惑いつつも、興奮する事に。
こんなのを好きにしていいって事になれば、そりゃ興奮するでしょうねぇ。

更に主人公を興奮させる要因となっているのは、このアンドロイドがどこか奈津美に似ているからなんですね。
彼女をモデルとしているのだから、似ていても不思議ではないのですけどね。

つまり身体も…、奈津美をモデルに…? と、若い男子なら想像して興奮も止まりませんな。


とまぁ、こんな事を書いていますが、ぶっちゃけこのアンドロイドは嘘です(汗)
本物の奈津美が、アンドロイドの真似事をしている訳ですね。

ネタバレかもしれませんけども、数ページ読めばすぐ勘づくレベルでしょう、これ(汗)
幸いな事に、ネタばらし(読み手への)も開始30ページも足らずに行われているので、大丈夫かと思います。

…いやぁ、ネタばらしが早くて良かったです。
こんな茶番に長々と付き合い続けるのかと思ったら、しんどいので早くて良かった良かった(汗)
とは言え、主人公は馬鹿なので、こういうものなんだと信じ込む事に成功するので、ずっと騙されたままです。


何故、こんなアンドロイドのフリまでして主人公の元に来たのかは大体分かるでしょう。
普段は面と向かうと、ついきつくなってしまい、手まで出してしまうので、会話らしい会話にならないですからねぇ(汗)
周りの協力も得ての行動だった訳ですね。

そんな不可思議な生活を送る中で、主人公はすっかり信じ込んでいるのでドンドンナツミ(奈津美)に対する扱いにも変化が…。
徐々にHな命令をしたりなどしていく事になり、奈津美は動揺を押し隠して演じる事になる流れになっていきます。

Hシーン


Hシーンは、ナツミ(奈津美)との行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、フェラ、アナルセックスなどがあります。

やはり今作の見所は、奈津美の心情描写ですね。
普段はツンツンしている奈津美ですが、今回はアンドロイドのナツミとして振舞っているので、主人公に奉仕を要求されても、今までの様にぶっ飛ばして終わりではない訳です。
むしろ正体が奈津美だとバレない様に、従う必要があるんですね。

なので、いつもとは違う主人公との関係性があり、それに戸惑いつつも、普段ではありえない主人公からの強気な要求に従い奉仕する事に身体が反応するのは見所のひとつですね。
奈津美がこれまで気づかなかった、新たな一面を知る事になる訳ですね。
反対に主人公もまたドンドン好き勝手に彼女に要求して来る事になり、エスカレートしていく事になると。


行為と呼べるかは微妙ですが、マニアックな所では剃毛シーンもありますね。
私は、別に毛の有無でそんなに興奮するとかはないんですが、このシーンでは挿絵の効果もあって、中々そそるものがありましたね♪
他にも縄で緊縛したり、バイブ責めしたりとと、主人公のSっぷり、マニアックさにも拍車がかかっていますね(汗)

何せ「隷属メイド」ってタイトルなので、徐々にそういう感じに向かっていますね、
ご主人様とメイドという関係性がより強固なものへとなっている訳です。

ですが、終盤近くでそれまでとの関係に変化が起こる事で、またそれまでのとは違った雰囲気が出ていますね。
より甘さが増している事になります。


挿絵


挿絵は「とめきち」さんが手がけています。
今作が初めてですかね?
挿絵の他に、コミックや同人活動などもされているみたいですね。

調べたら、以前レビューしたハーヴェストノベルズ「Cross Days」のノベル挿絵をされていましたね。
確かに自分の記事にも、お名前が書かれていましたね。
3年前の作品なので、全く覚えてなかったです(汗)

漫画、コミックを雑誌で多く描かれている様なので、絵柄もしっかりとしたものになっていますね。
そのせいか、動きを感じさせる様な勢いがありましたね。

絵柄もかなり描きこまれているので、H度の高さもあります♪
汗ばむ身体の描写も中々いやらしさがあって、好みですね。

個人的に気になったのは、ある挿絵での主人公の表情ですね。
ナツミの背に教科書などを広げて、勉強するって場面なんですが、その時の主人公の何と涼しい顔ときたら(汗)
背中で勉強しているだけでも、頭おかしいレベルなのに彼女の股間にバイブまで突っ込んでの、その冷静さはドSですねぇ。

終盤のナツミではなく、奈津美のあるシーンは、彼女の感情が溢れ出ている挿絵になっており、引き込まれ胸にグッとくるものがあり、お気に入りですね。

挿絵数:14枚

総評


全体的には、最初の茶番でどうなるかと思いましたが、終盤近くでだいぶ盛り上がっていましたね。
ああいう始まり方だったので、正直コミカルなネタ的作品かと思いましたが、途中から少しシリアスさも出てきて読み応えがありましたね。

ベタですけども、アンドロイドを演じている以上、生身の奈津美とは別人として扱われている、そのギャップ。
生身との関係の濃密な埋めれない差を悩んだり、主人公は主人公で奈津美とナツミのふたりに対しての想いの板挟みという、歪な方法でくっついてしまったがゆえの葛藤がちゃんと描かれていたのは良かったですね。

まぁ、私はあまりSM色、調教色のある展開は好みではないので、途中のエスカレートしていく過程はさほどハマらず、主人公にも感情移入できなかったんですけどね(汗)
それらが気にならない場合は、かなり楽しめるのではないでしょうか?

隷属ツンメイド 引っ越し祝いになってあげるんだからっ! 隷属ツンメイド 引っ越し祝いになってあげるんだからっ!

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】隷属ツンメイド [ 千夜詠 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
隷属ツンメイド 引っ越し祝いになってあげるんだからっ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事