ぷちぱら文庫 ナイものねだりはもうお姉妹


8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームのノベライズ作品です。

主人公には、ふたりの姉がおり、そんな姉たちから怒られたり、ドキドキさせられたりと平穏かつ楽しい日常を送っています。
しかし、そんな中、姉の留学話が持ち上がった事をきっかけにして、姉弟の関係に変化が生じる事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

雨宮 七海」(あまみや ななみ)
雨宮 美咲」(あまみや みさき)
七々原 彩花」(ななはら あやか)の3人です。

七海は、雨宮家の長女で主人公の姉です。
成績優秀であり、学園では様々所から頼られています。
真面目な性格で、色々と抑え込んでいる所があります。

美咲は、雨宮家の次女で主人公の姉です。
優等生な七海とは違い、自分の興味のある事だけ頑張る所があります。
基本ズボラで無気力なので、家でも全裸でいたりなどします(汗)

彩花は、主人公たちの学園に非常勤としてきた講師です。
独特の雰囲気を持っていますが、フランクな性格で生徒たちから慕われています。

ストーリー展開


展開的には、姉に留学の話が持ち上がった事から、姉弟のこれまでの関係が変わり始める事になる流れですね。
あ、勿論、姉の留学って長女の七海の事ですよ(汗)

元々、主人公を含めた姉妹弟の関係はかなり良好なんですね。

優等生な七海、ぐうたらな美咲とバランスが取れていますな(汗)
序盤は、そんなふたりの姉との関係を描いており、彼女たちの魅力が分かる様になっていますね。

そんな関係がいつまでも続くのかと思ってた中、七海に留学の話がある事を主人公が知る事になります。
まだ正式に決まった訳ではないのですが、この事は主人公に大きく響いたんですね。

七海が遠くに行ってしまう…。
その事が、主人公に姉である七海への感情を再確認させることになる訳ですね。

姉ではなく、ひとりの女性として好きだという事ですね。
これまでは、姉である事で諦めようとしていたのですが、今回の話を受けて一気に七海に対しての想いが溢れてしまったと。

その後、次女の美咲の後押しもあって、主人公は七海に自分の気持ちをぶつける事になります。
結果として、七海も主人公への想いに応え、ふたりは付き合う事になります。

当然、姉と弟という関係は、公にはできない関係性なので、周囲に秘密で付き合う事になる訳ですが…。
まぁ、うかれまくりの主人公と七海は学園でも結構なイチャイチャぶりを発揮して、美咲を呆れさす事になりますけどね(汗)

Hシーン


Hシーンは、七海との行為が描かれています。
他のヒロインたちとの行為は一切ありません。
一応、美咲の自慰を覗いてしまったという展開自体はありますけども、美咲はそれだけですね。

行為的には、自慰、フェラ、手コキなどがありますね。

純愛物なので、七海だけとの行為だけな分、彼女との行為はかなり描写されていますね。

優等生的な彼女でしたが、意外にもHに関しては中々の貪欲さを見せてくれます♪
恥ずかしがる様な初々しさもあれば、調子に乗った主人公に対して姉らしく?Sな態度で接して責めてきたりと様々な表情が見れて魅力的ですね。

猫を思わせる様なSな感じの七海は、かなり印象が強かったですね。
美咲も猫っぽい所があるんですが、やはりそこは姉妹って事なんでしょうねぇ。
かと思えば、主人公の行為に顔を蕩けさせていたりするのだから、ギャップがたまりません♪

個人的には、Sモードの七海の手コキ(正確にはパンツコキ?)で言葉責められながらのシーンが結構好きですね。
あえてどうして欲しいのかと、主人公に聞いてくる辺りがいやらしいですね♪
また、その時の彼女の表情が良い具合なS具合なんですよね(汗)

勿論、可愛らしいSじゃない表情もありますから、ご安心を。
こちらでは、お姉さんらしい優しい穏やかな表情を見せてくれますね。
ギャップが凄いですな(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使っているので問題なく楽しめると思います。
Hシーンの所でも書きましたが、七海たちはどこか猫っぽさがあるんですね。

口をωの様にさせていると、猶更強くそう思ってしまいますねぇ。
この口の時にチラッと垣間見える八重歯がまた猫っぽさに拍車をかけていますね(汗)

そんな表情で責めているだけに、責めるというよりかは弄られるって言葉が合っているかな?

もうひとりの姉である美咲もそっくりですね。
ってか、彩花も雰囲気そっくりですけどね、同じ人のデザインなのかな(汗)

挿絵数:22枚

総評


全体的には、王道的な姉との物語でしたね。
ただ明るいだけではなく、途中では若干関係がギクシャクしたりなどのシリアス色があったりするなど、安定感のある展開ですね。

次女が長女のためにフォロー役に回る流れあたりが、良くある展開ではありますけどね(汗)
美咲とのストーリーも見たかったですが、今作は七海がメインヒロインですから仕方ないですね。


ちなみに原作版では、もう一組の隣に住んでいる幼なじみのヒロインたちがいるんですね。
彼女たちは、一切名前も何も登場していない不遇の存在と化しています(汗)
彼女たちと出会いたい場合は、原作版をって事ですね。

特にあとがきで、そっちの姉妹の話が出るみたいな事はなかったですね(汗)


楽天はこちらからどうぞ
ナイものねだりはもうお姉妹

原作PC版


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事
 カテゴリ
 タグ