リアルドリーム文庫 狙われた女子高生姉妹 腐蝕の失踪調査

狙われた女子高生姉妹 腐蝕の失踪調査 (リアルドリーム文庫)
草飼晃
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 2,511

8月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「里深」(さとみ)は、生徒会で副会長をしています。
そして、ひとつ年上の姉の「友梨」(ゆり)は、生徒会長であり、姉妹で生徒会で活動しています。

しかし、ある日を境に姉の友梨が突如行方不明になってしまう事態が起こる事に…。
姉を心配し、行方を捜そうと単身調査を始める里深は、学園内であるものの噂を知る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

春菜 友梨」(はるな ゆり)
春菜 里深」(はるな さとみ)がいます。

友梨は、里美の姉であり、学園の生徒会長を務めています。
真面目で正義感の強い性格の持ち主です。
それゆえに融通の利かない所があります。

里深は、友梨の妹であり、学園の副生徒会長を務めています。
快活な性格で姉よりも子供っぽさがあります。
好奇心旺盛で行動力があります。

ストーリー展開


展開的には、里深が行方不明となった姉、友梨を捜す中で、ある存在を知る事になる流れですね。

物語は、時系列通りで展開される訳ではなく、姉の友梨、妹の里深の視点それぞれで進行する事になります。
ヒロインが変わると日時が戻ったりしているので、若干分かりにくいですけども(汗)

さて、序盤はふたり姉妹揃ってのエピソードが描かれており、その後に友梨が失踪したという事になります。
そこから里深は、姉の消息を調べる事になります。

家族たちは単なる家出だと思っているのですが、真面目な姉の事。
里深は、友梨がそんな家出をする様な訳がないと確信めいたものを感じているんですね。
何かが姉の身に起きたのだと。

手がかりを探す彼女は、姉の日記からある記述を見つける事になります。
それは「ホットフルーツ」なる名前。
里深は、日記にホットフルーツと共に書かれてた学園の不良の名前を元に調べる事に。

そんな中、友梨は男の毒牙にかかっているとは知らずに…。


まぁ、この手でこんな名称の物なんて、大体そっち系の媚薬的なものですよね(汗)

Hシーン


Hシーンは、友梨、里深の姉妹の行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナル挿入(肉棒ではなく道具による)などがあります。
作中では、浣腸もあるみたいですが、省略されていて、そういう行為をしたってだけのものなので、カウントには入らないかな?

まぁ、凌辱ものなので、至る所で凌辱されていますね、姉妹共々(汗)
前半部は主に姉、友梨の凌辱描写が中心となっており、中盤から後半にかけて里深の凌辱展開になっていますね。

最初は分からなかったんですが、この作品の主人公は姉の友梨ではなくて、妹の里深なんですね(汗)
里深は、護身術を習っていたりと結構行動派だったりしますし、何よりも男たちの相次ぐ凌辱にも健気にも耐え続ける所が姉よりも強いですね。
友梨も最初こそ抵抗していますけども、どうしても途中からかなり堕ちてしまってただけに、歯応えはあまりなかったですからねぇ。

まぁ、あのホットフルーツなるものを飲まされてたり、注射されていれば、普通の女子高生に耐えろというのも酷な話ですけどね(汗)

そんな方法を使われ、姉妹は男たちから凌辱を受ける事になります。
相手は名前ありが3、4人おり、その他に何人かが参加という形ですね。

個人的には序盤の方が良かったですね。
相手は中年男なんですけども、中年らしい?ねちっこい行為が印象的でした。
まぁ、主にこの男とは姉、友梨が凌辱される事になるんですが、いかにもな脅し方からの行為、そしてねちっこい語り口などはいかにもって感じで読みやすくて良かったですね。

終盤の相手は、ちょっと個人的にあまり好みではなかったので、あんまりでしたね。
別に男の性格とかが気に入らないって訳ではないですよ、全員男はクズばっかしだし(汗)

気になったのは、やり方ですね。
個人的にはこういう作品は、いかに脅迫材料を作ったりして、そこから凌辱に至って、それを更なる凌辱につなげていくかって所が醍醐味だと勝手に思っているんですが、これはそういうのがあまり感じなかったですね。

やはり媚薬というか、そういう類の奴を多用するのはあまり面白みに欠けるかなって。
凌辱の導入に使って、無理やり凌辱に持って行くってのは分かりますけども、ちょっと使いすぎだなと。
いくら中々堕ちないとはいえ、16本注射するとかやり過ぎだよなぁ(汗)

ショック死しそうですよねぇ(汗)

もう少し別のやり口で、ヒロインたちを貶めていく様な過程が見たかったかなとは思いました。
ヒロインたちが絶望していく様が、もっとあれば尚良かったかなって。

挿絵


挿絵は「ジェントル佐々木」さんが手がけています。
リアルドリーム文庫では「売春契約」や「穢された競泳水着」などがありますね。

この人の絵柄は表紙絵はいいんですけども、何か挿絵のモノクロになるとちょっとテイストが違うというか…。
何とも味気ない感じになるのが、気になるんですよね、毎回(汗)

結構作中の描写は生々しいんですが、あんまりそういう雰囲気は薄かった様に感じましたね。
カラーの表紙絵は、雰囲気が出ていてそそるものがあるのになぁ(汗)

作中では、レオタード姿での行為もあるんですが、残念ながらはっきりとレオタードの行為が描かれているのが、多分殆どなかったのは残念ですね(汗)
一応ラストに友梨がそれらしきのを着用しているっぽいんですが、あんまりピンと来ないです(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、色々惜しい感じの強い作品でしたね(汗)
何だろ、もっと良くなりそうな感じもあるんだけに、何か勿体ないと言うか。

里深のキャラクターは、魅力的なだけにもっと色々な責めのアプローチを見たかったですね。
反面、友梨はちょっと最初がピークだったので、終盤あまり存在感がなかったかな。
最初は友梨視点などもあって良かったんですが、途中からはなくなってしまい、それも影響してか空気になってしまったのは勿体なかった気がします。

まぁ、一番災難だったのは、誰とは言いませんが、あの娘でしょうね(汗)
あんなオチに使われてしまってねぇ…。

狙われた女子校生姉妹 腐蝕の失踪調査 狙われた女子校生姉妹 腐蝕の失踪調査

楽天はこちらからどうぞ
狙われた女子高生姉妹 腐蝕の失踪調査

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
狙われた女子校生姉妹 腐蝕の失踪調査

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事