Harvest novels CAFE LA SUNSET

CAFE LA SUNSET (ハーヴェストノヴェルズ)
高森亜理紗
ハーヴェスト出版

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、伯父から頼まれて喫茶店「サンセット」のマスターとして、働く事に。
そこで働く主人公は、お客と数多くの出会いを経験していく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

高月 歩」(たかつき あゆむ)
守谷 悠里」(もりや ゆうり)
浜岡 穂波」(はまおか ほなみ)
川村 橙子」(かわむら とうこ)がいます。

歩は、主人公の喫茶店でアルバイトとして働く女性です。
明るく活発な性格をしています。
主人公に淡い好意を抱いています。

悠里は、喫茶店「サンセット」の常連客です。
優雅な振る舞いの中に、どこか憂いを帯びた顔を垣間見せます。

穂波は、悠里の友人であり、幼稚園で保母をしています。
母性的な雰囲気を持っています。

橙子は、漫画家志望の女子高生です。
赤面症な所があり、すぐ顔を真っ赤にしてしまいます。
時々、店で絵を描いています。

ストーリー展開


展開的には、主人公が喫茶店のマスターとなった事で、様々な女性たちと知り合う事になる流れですね。

主人公が、この喫茶店のマスターになった経緯は、伯父の頼みからだったんですね。
元々、この喫茶店「サンセット」は、叔父の妻である伯母がマスターをやっていたのですが、伯母が亡くなった事で、店は閉店していました。

しかし、伯父の意向で伯母の三周忌である、一ヶ月間だけ営業を再開させたいというものがあり、そこで主人公がマスターになったという事情があります。

つまり、この喫茶店は、期間限定の営業という訳ですね。
それでも、かつての店の味を求めて、常連客だった人らがやって来る事になり、その存在感の大きさを改めて感じる事になります。

主人公は、料理人だった事で伯母の作る料理やコーヒーの味を再現には成功しており、それがかつての常連客の心を掴んでいるんですね。
しかし、それでも再現できないコーヒーがあり、その事が主人公は思い悩んでいる事でもあります。


この作品は、ヒロイン視点での目線で描かれている描写も所々あるのが特徴的ですね。
彼女たちには、それぞれ悩みだったりがあるんですが、そういったのも彼女たちから見る事で伝わりやすいですね。
そして、主人公に対しての淡い感情も。
まぁ、お約束で主人公自身は、それらの感情には疎いというのは基本ですね(汗)

マスターとして働く中で、主人公はこの状態に愛着を抱く様になり、何とか喫茶店の継続を願う様になるのは、ある意味当然かもしれませんね。
何とか継続するために奔走する主人公の姿に、また女性たちの視線は熱いものになっていく訳ですね。

Hシーン


Hシーンは、悠里との行為が描かれています。
歩は、あると言うには微妙なボリュームですね(汗)

行為的には、フェラがあります。
作風として、行為は控え目ですね。

落ち着いたストーリー展開の作品であるゆえか、Hシーンまでの時間が結構かかりますね。
というか、殆どそんな甘い雰囲気にまで発展していない段階なので、行為になる訳がないですね(汗)
なので、Hシーン目当てでは物足りなさが正直あると思います。

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく、ハーヴェストノベルズ恒例の挿絵になっています。
繊細な原作版の絵柄を良く再現していると思うので、個人的には全く問題なく堪能できましたね。

個人的には、当時原画担当されている「厘京太朗」さんの絵柄が結構好きでしたね。
最近は、あまり見なくなった気がしますが…。

DMMで検索したら、2作品程ありましたが、…結構絵柄が変わった様な?
まぁ、時間経過していますしねぇ、今作からは。

挿絵数:17枚

総評


全体的に、喫茶店が舞台だったりするせいか、どこかゆったりと時間が流れているかの様な雰囲気がありましたね。
話も、凄いシリアスで激しいって感じではなく、ある意味淡々とした落ち着いた流れなので、しっとりとした印象があります。
…地味っちゃ地味かもしれませんけどね、人によっては(汗)

しっとりとした作品が好みであれば、結構楽しめるのではないでしょうか。


楽天はこちらからどうぞ(中古のみ)
買取時のポイントが10倍!本・ゲーム・DVDなど買い取ります。申込はこちら【中古】afb【古本】CAFE LA SUNSET

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事