二次元ドリームノベルズ 魔宝怪盗マジカルシャドー

魔宝怪盗マジカルシャドー (二次元ドリームノベルズ)
黒井 弘騎 桐島 サトシ
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 436,295


摩天楼のジャングルとも呼ばれている巨大都市「メガシティ」。
そのメガシティを騒がしている存在が、今巷の話題を集めています。

それは、魔宝怪盗(レガシィハンター)マジカルシャドーと自らを名乗り、どんな手段を用いたかは分からぬも、確実に狙ったお宝を盗み出しています。
そんなマジカルシャドーを捕まえるために、治安維持部隊である「ナイトハウンド」も乗り出すものの、女怪盗を捕える事はできません。

しかし、この日、新たな標的を狙ったマジカルシャドーは、罠にかかってしまう事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

女怪盗「マジカルシャドー
ナイトハウンド所属の「結城 沙羅」(ゆうき さら)
ナイトハウンド所属の「各務 舞夜」(かかむ まや)がいます。

マジカルシャドーは、今メガシティを騒がせている女怪盗です。
謎の力を使い、どこからでも狙った標的を盗み出しています。
市民からは、その鮮やかな手腕などから人気があります。

沙羅は、メガシティの治安維持部隊であるナイトハウンドの小隊長です。
女性ながらに、小隊長に就任して短期間で目覚ましい成果を挙げており、隊員たちからの信頼を得ています。
冷静沈着な性格であり、自身の考える正義のために突き進む、意志の強さをもっています。

舞夜は、ナイトハウンドに最年少で所属している新人の少女です。
しかし、性格は仕事に真面目ながら、天然でおっちょこちょいな所があるためにあまり結果が出せていません。

ストーリー展開


展開的には、マジカルシャドーが新たな品を狙いにやって来るも、逆に仕掛けられた罠によって、捕らわれてしまう事になる流れですね。

そもそもマジカルシャドーという、女怪盗。
彼女は、謎の多い存在なんですね、本名や目的など。

彼女が現状狙っているお宝は、大企業が保有している宝石ばかりなんですね。
そのために一般市民には手を出さない事もあり、市民からは怪盗であるにも関わらず、ある種のヒーロー、ヒロイン的な存在にまで昇華している節がある程なんですね。

当然、そんな義賊であるとは言え犯罪者を英雄視させるのは、警察にとってはマイナス以外にありません。
治安維持部隊であるナイトハウンドも、そのため相当マジカルシャドーを捕えるために全力を尽くしているものの、彼女の謎の能力によって、手も足も出ない状態なんですね。

普通の犯罪者らには、その強さで恐ろしい存在と恐れられているナイトハウンドですら、このザマなのですから、それが皮肉な事に余計市民の興奮を高めてしまっていますね(汗)


そんな女怪盗が狙っているのは、宝石なんですが、ただの宝石ではないんですね、実は。
魔宝と称されている、不思議な力を秘めた宝石なのです。
その力によって、ナイトハウンドたちを手玉に取れる訳なんですね。

マジカルシャドーは、そんな魔宝の力は常人には御せる物ではないと所有者から盗み、これを封印するという目的のために動いているのです。
そして、今回、魔宝の中でも強力な力を秘めた「罪過のブラックダイア」を標的にする事になるのですが、逆に彼女は罠にかかってしまう流れになります。


Hシーン


Hシーンは、全ヒロインの行為が描かれています。

行為的には、手コキや自慰、フェラ、アナルセックスなどがあります。
他の要素としては、女性陣によるレズ行為や触手もあったりしますね。

個人的に怪盗ものっぽさを感じたのは、侵入した室内に設置されたレーザー的な要素ですね。
まぁ、こういうのって赤外線のセンサーだったり、レーザーだったりしますけども、本来の用途以上に改良されたレーザーによって、破壊力というか殺傷力が増している高出力のレーザーの中を傍目からは不自然で滑稽な恰好でやり過ごしていく所が良かったですね。

これは直接的な行為でも何でもないんですが、その周囲に張り巡らされているレーザーの出力が半端ないので、近くを通るだけで肌が焼ける様な程の熱量を感じる訳ですね。
正に命がけな状態ながら、レーザーが乳首を掠める様な状況に、マジカルシャドーは鋭い熱さによる痛みに悶絶する様は淫らですね♪
またボディスーツが緊張もあり、汗をかいている様なのが、より興奮をそそりますねぇ。


触手要素は、生物ではなくメカ的な物なので、個人的には見た目こそ近いものの、何となく無機質感があるせいか嫌悪感は薄れますね。
まぁ、やっている事は生物もメカも関係ない訳ですが(汗)

終盤近くまでは、沙羅との女同士や機械などのメカなどにいたぶられる展開がメインなので、男性相手の行為がないんですね。
終盤近くになってようやくちゃんとした人間の男性たちとの行為がありますけども、ガッツリ男相手な展開は控え目なのは、人によっては物足りないかもしれませんね。

その分、沙羅とのレズ的絡みなどが多めなので、そっち方面が好みな人には嬉しいのかな?
沙羅のSな感じが、よくハマっていますね♪

挿絵


挿絵は「桐島サトシ」さんが手がけています。
二次元ドリームノベルズでは、「特捜姫兵アルテミス」シリーズや「超昂閃忍ハルカ」シリーズなどがありますね。
上記の2作品よりも、今作の方が巻数は早いですね。

やはり、この方の描くキャラクターは独特の魅力がありますねぇ♪
繊細で緻密に描きこまれたヒロインたちが、これまた色気が凄いですな。

この絵柄だからこそ、こういうマジカルシャドーという存在も、ある種の説得力がありますね。
普通なら、かなり怪しさ爆発なだけにね(汗)

マジカルシャドーのボディスーツ姿がまたHで良いんですよねぇ♪
でも、あんまりスーツって感じではない印象もあるんですが、似合っているからいいか(汗)

沙羅も、これまたいかにもなキャリアウーマン的なキャラクターで、メガネが似合っていますね。

この人の描く冷静でクールなヒロインの切れ長な眼差しが、色っぽいんですね。
マジカルシャドーも、どちらかというとそっち系なんですけども、ちょっと小悪魔的な性格があるので、また雰囲気が違いますね。
それらを考えると、唯一舞夜は可愛らしい幼い顔立ちなのである意味、ギャップがありますね(汗)

挿絵数:16枚

総評


全体的には、女性同士の絡みが多いせいか、独特の雰囲気がありましたね。
魔宝による不思議な力があるって設定なためか、どこか怪盗ものっぽくない所もあるんですが、それでも基本的な要素は抑えていましたし、中々読み応えのある展開になっていましたね。

個人的には、あのラストの後もどうなるのか見たかったですねぇ。
まぁ、あそこで終わるのが、余韻のある区切りなんだろうけど(汗)

魔宝怪盗マジカルシャドー

楽天はこちらからどうぞ
魔宝怪盗マジカルシャドー

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
魔宝怪盗マジカルシャドー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪


関連記事