ぷちぱら文庫 高貴なプリンセスを飼育調教!


5月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、ある王国の姫「アイリス・ファ・ラルスル」(アイリス)に仕え、彼女の世話役をしています。
しかし、主人公の目的は彼女の世話ではなく、彼女を調教するためだったのです。
そのために主人公は媚薬を用い、アイリスを調教していく事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、アイリスのみです。

アイリスは、ある王国の姫です。
一人娘であり、父である国王からは過保護な程に大切に育てられています。
そのため良くも悪くも素直で純粋な性格をしています。

ストーリー展開


展開的には、主人公がアイリスの世話役になり、彼女に調教を行う事になる流れですね。

しかし、何故にアイリスを調教する必要があるのかというと、主人公にはある目的があるんですね。
それは、この国を変えるため…。

元々、この国は貧富の差が激しく、裕福な環境か貧しい環境か、生まれた環境でその後の人生が決まるという状態なんですね。
そして、主人公も貧困街の生まれであり、それを嫌という程感じて生きて来た訳です。

生きるために人殺し以外の悪事をやりながら、生きて来た訳なんですね。
そんな彼にある転機が…。
ある女性と初めて一晩過ごした事から、自分の容姿が金になると理解したのです。

それまでは、鏡など見る様な生活を送っていた訳ではなかっただけに、自分の見てくれには全くの無頓着だったという事ですね。
そこから、主人公は様々な女性、娼婦と寝る事で金銭や情報を手に入れる事が出来る様になったのです。

そして、主人公は理解する事になります。
この国の国王は身勝手な人間であり、私利私欲のために政治を行っていると。
それを変えようと、主人公は思い立つ訳なんですね。

そこで彼が思いついたのが、国王の一人娘であるアイリスの存在。
彼女に近づき、そして今まで数多くの女性をモノにしてきた性技で彼女を調教し、傀儡にし、裏から国を変えようと考えた訳です。


その後、主人公は協力者の協力を得て、予定通りにアイリスの世話役という立場を手に入れる事に成功する訳ですね。

そして、彼は彼女に少量の媚薬を食事に混ぜ、長期間に渡って身体を少しづつ性奴隷へと仕立てていくのです。

Hシーン


Hシーンは、アイリスとの行為が描かれています。

行為的には、フェラ、手コキ、素股、尻コキ、アナルセックスなどがあります。

調教するって展開なので、当然そっち方面の要素が強いと思うでしょうが、正直調教色は控え目な印象がありましたね。
イメージする様な、SM的な激しいものではなく、Hを覚えさせて淫らにさせていくってノリですね。
なので、ガツガツした展開、行為を望むと肩透かしだと思いますね。

あくまでも、大切に育てられた姫である彼女をHで淫らに仕立てていくため、過度にエグい行為描写はないです。
主人公からの快感に逆らえなくするための物ですからねぇ。

行為を嫌がる要素も殆どないですし、何だかんだやってしまうので、苦手な人も大丈夫かと思います。
主人公は、一応形だけでも世話役なのでアイリスに対しては敬語で接するんですね、「アイリス様」と。
そういう事も影響してか、丁寧な受け答えなので、命令しても無理強いした感じがあまりないのかもしれませんね。

初心な彼女ですが、確実に行為を経ていく事に身体は淫らになっていく過程が描かれており、可愛らしくもHな彼女を堪能できると思います♪
展開が進むと、序盤は主人公の指示で動いていたのが、アイリス自ら積極的に行為を望んでくるなどの意識の変化などを見る事も出来ますね。

アイリス自身はお姫様で丁寧な受け答えなんですね。
そのため、お嬢様的なツンデレな性格ではありませんので、実に素直に物事を吸収していきますね。
そういうのも自ら奉仕をするなどの積極性に繋がっているのかな。

挿絵


挿絵は「クロエ」さんが手がけています。
ぷちぱら文庫では「俺とメイドの仲を女執事が邪魔をする」がありますね。

俺とメイドの仲~同様に、繊細でありながら、しっかりエロさがあるので、完成度が高く興奮できる仕上がりですね♪
まぁ、このクオリティーの高さは俺とメイドの仲~を読まれていれば、分かるでしょうけどね。

個人的には、フェラ顔のアイリスは肉棒を頬張っているせいで、顔がちょっと歪んでいる様がまた下品でお気に入りですね。
後は、お尻を強調するシーンが印象深いですね。
しかも正面から太い肉棒をアナルや膣で受け入れ、咥え込んでいる様を描いているので、中々見応えがあります♪

挿絵数:10枚

総評


全体的に調教って言っても、痛々しい描写はないので、調教要素が苦手な人も問題なく読めると思います。
ってか、そもそも調教ものって思わない方が良いですね(汗)

展開については、結構ベタな展開ですね。
でも、その定番のベタさ加減が読んでて心地良いんですけどね♪

最終的には、イチャラブ的な甘い雰囲気を味わえるので、そういう展開が好みであれば、読後感も良く中々楽しめると思います。

Amazon版 電子書籍
高貴なプリンセスを飼育調教! (ぷちぱら文庫Creative)

DMM 電子書籍
高貴なプリンセスを飼育調教!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ