Paradigm novels 今宵も召しませAlicetale

今宵も召しませ▼アリステイル (Paradigm novels (172))
岡田 留奈
パラダイム
売り上げランキング: 981,356

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、一人暮らししている普通の大学生です。
そんな彼の元に、海外へ単身赴任している親から怪しげな荷物が届く事に。
主人公が首をかしげながらトランクを開いてみると、何と、その中で小さな少女が眠っていたのです(汗)
目覚めた少女は、自身を「アリス」と名乗り、主人公は彼女と共同生活をする事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
アリステル=レスデル」(通称:アリス)
沖野 未育」(おきの みいく)
水無瀬 綾乃」(みなせ あやの)
汐月 夜」(ゆうづき よる)
ハルモニ」がいます。

アリスは、主人公の所にやって来た少女です。
実は人間ではなく吸血鬼です。
普段から主人公の事を「お兄様」と呼んで慕ってきますが、気が強く、少し生意気な所があります。
今宵も召しませAlicetale

未育は、主人公の住むマンションの大家の娘です。
活発な性格と好奇心旺盛な所がありますが、ちょっと甘えん坊な面も。

綾乃は、主人公の住むマンションの住人のひとりで、主人公の隣人でもあります。
寡黙で大人しい性格で、主人公も殆ど会話をしていません。

夜は、主人公のかつての中学、高校で一緒だったクラスメートです。
成績優秀であり、主人公もかつて勉強を教えてもらってた事があります。

ハルモニは、謎の少女です。
詳細は、謎って事で(汗)


ストーリー展開


展開的には、主人公の元にアリスが荷物として送られてきて、一緒に生活する事になってしまう流れですね。

当然、見知らぬ少女がやって来た事に主人公も困惑する訳ですが、情けない事に初対面の彼女にすっかり場の主導権を握られてしまい、渋々了承する事になってしまいます(汗)

そもそも何故にアリスがやって来たのかと言うと、主人公の母親から主人公に面倒を見てもらえという事だったんですね。
そして、更に彼女が吸血鬼というぶっ飛んだ事のオンパレードともなれば、困惑しても仕方ないですな(汗)

実際に、主人公も空腹を訴えたアリスに血を吸われてしまうので、これは紛れもない事実な訳です。
まぁ、別に吸血鬼になるとかではないですが、やはり血を吸われるのは良い気持ちはしない訳で、何とか方法はないかと悩む事に。
一応、普通の食事でも足しにはなるんですが、大量の食糧を必要とするし、あくまでもメインの食事ではなく、おやつみたいな扱いなので、却下となります。
食費がとんでもない事になりますしね(汗)

そこで吸血鬼ものでお約束?なのが、体液である精液でもOKという事になり、これからは毎日精液を摂取する事になる訳ですね。
血液よりはマシですけどね(汗)

こうして、何とかアリスとの共同生活にも慣れてきた主人公ですが、主人公の周りで何やら動きが…。

Hシーン


Hシーンは、アリス、未育、夜、ハルモニとの行為が描かれています。
夜に関しては、フェラシーンが少しだけある程度で、綾乃は裸は見れるものの、端折られた様で行為の描写はありませんでしたね(汗)

行為的には、フェラ、足コキ、パイズリなどがあります。

吸血鬼で吸精って事もあり、フェラというか精飲の描写が少し多めかな?
でも、意外な事に主人公がマニアックな嗜好があるので、そっち方面の要素もありますね。
それは、メガネやニーソックスが好きな事(汗)

アリスもニーソックス着用している事もあり、堪能していますね。
その状態での足コキは分かるんですが、さすがにニーソックスを引っ張って肌にパチンとゴムが当たる音に興奮する主人公はちょっと理解できませんな(汗)
…奥が深いなぁ(汗)

メガネをアリスにかけさせてのフェラで放たれた精液がメガネのレンズにかかるなどのマニアックなシーンも見所ですね。
メガネをかけるだけで、一気にアリスが知的に見える…!(汗)
今宵も召しませAlicetale 今宵も召しませAlicetale

その他にもスク水などやローションプレイといった主人公の趣味が炸裂しております(汗)  

個人的には、精液をコンドームから飲むアリスの姿に興奮する主人公に少し共感しました(汗)
直に口内に発射したりするのとはちょっと違うんですよねぇ、いやらしさが。

まともに本番があるのは、アリス、未育、ハルモニの3人ですね。
とは言え、アリス以外は1回だけなので、やはりメインはアリスですね。
今宵も召しませAlicetale

挿絵


挿絵はそのまま原作版の画像ではないですが、結構きれいな仕上がりなので、そんなにしょぼさは感じないと思います。
古い作品にありがちな白っぽさもないですし、そんなに違和感なく見れるかと。

全体的に、どのヒロインも比較的童顔というか幼さを残した印象ですね。
なので、色気ってよりも可愛さの方が強いですね。

挿絵数:18枚

総評


全体的には、吸血鬼ものですけども、結構ほのぼのとした感じでしたね。
とは言え、勿論?吸血鬼もので定番な吸血鬼同士の対立などのバトル要素も、そこまで激しくはないもののありましたね。

個人的には、あまり出番、存在感の薄かった夜、綾乃らとのエピソードも気になる所ですけども、ページの都合上仕方ないですかね。
そこら辺は原作版でって事ですね。


ちなみに、私は以前どっかでこの作品に似た作品を見た様な記憶があったんですけども、調べたらこれでした。
今夜のオカズはレンジdeまりね (PARADIGM NOVELS (321))
村上早紀
パラダイム
売り上げランキング: 1,149,234


似ているのも当然で、両方とも「赤丸」さんが原画を手掛けているそうですね。
まぁ、見比べると発売が4年程の時間が経過しているせいもあり、絵柄が少し等身が上がっている感じがしますね。
この作品もヒロインが人外だったり、ワルモニというキャラがいたりと、今作との類似点があるのも面白いですね。
機会があれば、こちらもノベル版が出ているのでレビューしたいと思います。


楽天はこちらからどうぞ
今宵も召しませ アリステイル

原作PC版
今宵も召しませ▼Alicetaleおかわり
んの
売り上げランキング: 11,640


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
今宵も召しませAlicetaleおかわり

「おかわり」の意味は、元々はCD-ROM版であった原作版にイベントグラフィック(=エッチ)やボイスを追加したDVD-ROM版が「おかわり」表記となっています。
上記のは、そのバージョンになります。

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事