ぷちぱら文庫 天使とお姫さまのイチャラブ性旅行!


4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公兼ヒロインの「アイリア・ハルストレーム」(以下アイリア)は、大国で知られる「ハルストレーム」の王女です。
王族である彼女ですが、ずっと外の世界に憧れていますが、それは叶っていません。
そんな彼女が、青年「レイト」とあるできっかけで出会った事で、彼との旅を始める事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

王女の「アイリア・ハルストレーム」(以下アイリア)
女騎士の「ルノン・アーラム」(以下ルノン)
謎の占い師の「ナウタ・ブリス」(以下ナウタ)がいます。

アイリアは、大国のハルストレームの王女です。
しかし、第5王女という立場で政治的な実権などとは無縁の存在でもあります。
小説好きであり、妄想が度々エスカレートする事があります(汗)

ルノンは、ハルストレームの女騎士です。
家の事情により、男子としての騎士の教育を受けており、自身の事を「ボク」と呼んでしまいます。
金髪ツインテールが特徴でもあります。
男としての感覚が強いため、アイリアに対して恋愛対象として見てしまっています。

ナウタは、謎の占い師です。
アイリアたちの前に突如現れた謎の女性です(汗)
さばけた性格をしており、様々な知識に精通しています。

ストーリー展開


展開的には、アイリアが青年「レイト」と知り合った事で、外の世界に旅立つ事になる流れですね。

元々、アイリアは大国ハルストレームの王女な訳ですね。
とは言え、第5王女である彼女には、政治に関われる様な立場ではないんですね。
しかし、決して彼女の立場は良いとは必ずしも言えない状態ではあります。

生まれてから城の外に出た事がないんですね。
正にかごの鳥状態な訳です。
そういった境遇のせいか、彼女は小説にハマり込んでおり、度々妄想をこじらせている訳ですな(汗)

そんな彼女を待つのは、いつか有力貴族に嫁ぐという未来だけ…。


そんな中、アイリアはある話を耳にする事になり、強い興味を抱く事になります。
それは、牢獄にいる者が普通の人間とは何か違うのではないかというものでした。
普段から空想、妄想癖のある彼女が、こんな話に食い付かない訳がありませんよね(汗)

こっそり様子を見に行った牢獄内で、彼女が出会ったのが青年レイトだった訳ですね。
この出会いをきっかけにして、アイリアの人生は大きく動き出し、結果として彼女は外の世界に旅立つ事になる流れですね。


Hシーン


Hシーンは、アイリア、ナウタ、ルノンの行為が描かれています。

今作は、アイリアとレイトのイチャラブってのがメインなので、基本的にこのふたりの行為が中心になっています。
他のヒロインのふたりに関してですが、正直微妙ですね(汗)

ナウタは、一応レイトとの行為もあるんですが、ちょっと行うシチュエーションもあって、少し物足りないかな。
ある意味、ちょっと切ない行為とも言えなくもないですかね(汗)
彼女に関しては、レイト以外の名も無き男たちとの行為も一部あるのも特徴的ですね。
凌辱されるとかではないですよ、念のため(汗)

ルノンに関しては、更に扱いが微妙だったのが…。
彼女は、キャラ紹介でもある様に、アイリアに好意を抱いているので、アイリアとの行為がありますが、正直そこまで本格的なものではなかったですね、描写も。
レイトとも少し絡んでいますが、これは一緒の場にいるって位なレベルなので、彼との行為とは言えないレベルですね。
Hシーン自体も、これだけなので、ナウタ以上に少なく、物足りなかったのは残念です(汗)

なので、同月に発売されている同著者作品の「学園を救うのはハーレム生徒会」の様なハーレムものではないですね。

アイリアに関しては当然メインな訳ですから、他のふたりの分を余りある程のボリュームや濃厚な描写になっていますね。
アイリアは、かなり早い段階から、レイトにベタ惚れ状態になるので、序盤から甘いイチャイチャぶりを感じられるかと思います。
彼女は、Hに関してはかなり積極的な面もありますね♪

行為シーンでは、彼女たちの心情描写もあるので、より感情移入しやすく、イチャイチャを味わえると思います♪


挿絵


挿絵は「水月あるみ」さんが手がけています。
PCゲームの原画やコミック、同人活動などをされているみたいですね。
けいれん~こんな可愛い子がトロ顔痙攣するなんて~

パチッとした瞳のキャラクターが愛らしいですねぇ♪
全体的に童顔というか、どこか幼さを感じさせる可愛らしいデザインですね。
まぁ、ナウタは分かりませんけども、アイリアとルノンはまだ少女って年齢ですから、幼さがあっても別段不思議ではないんですけどね(汗)

Hシーンでも、可愛らしさは当然ですが、それに加えてしっかり色気を感じさせてくれますね。
欲を言えば、アイリア以外のシーンももっと見たかったかな。
でも、Hシーンそのものが他ヒロインは少なかったから、無理か(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、タイトル通りにイチャラブ三昧でしたね。
でも、途中から結構ストーリーに大きな展開が起こり始めて、結構終盤は真面目な感じになっていったのはちょっと予想外でした。
てっきり全編でイチャイチャするってコミカルなノリかと思ってたので(汗)

ついでに言えば、アイリアが妄想癖があるってので、もっとぶっ飛んだ性格をしているのかと思ってたんですね(汗)
でも、意外って言うのも失礼ですが、まともでしたね(汗)
何だかんだ、王族の教育を受けているって感じで、好感の持てるキャラクターでした。
なので、愛らしい彼女に対して、より感情移入できて楽しめましたね♪

ちなみにキャラ紹介ページでは、アイリアはアイリスって載ってますが、どっちが正しいの?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫Creative 031【1000円以上送料無料】天使とお姫さまのイチャラブ性旅行!/愛内な...

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ