ぷちぱら文庫 初恋の戦姫と誘惑の小悪魔


4月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

今作品は「ぷちぱら文庫 Creative」なので、原作がない純粋なオリジナル作品となっています。

主人公は、極々平凡な生活に閉塞感を感じている高校生です。
そんな彼の前に突然現れたのは、見知らぬ美少女「月見 愛梨紗」(つきみ ありさ)に迫られ、童貞を奪われてしまう羽目に(汗)
困惑する主人公でしたが、更に愛梨紗が、これまた謎の美少女と激しい戦いを繰り広げているのを目撃してしまう事に…。

こうして、平凡な生活に退屈していた主人公の日常は、大きく変化する事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

月見 愛梨紗」(つきみ ありさ)
志倉 歌奈」(しくら かな)がいます。

愛梨紗は、主人公の前に現れた美少女です。
この学園には最近転校してきたばかりです。
凛々しい見かけに違わず、あまり女の子っぽい話し方をしなかったりします。
クールな様で、実は情熱的な面があります。

歌奈は、主人公のクラスメートの少女です。
小柄な体格で可愛らしい容姿ですが、クラスでは孤立気味になっています。
クラスでは言葉数が少なく、目立たない存在でもあります。

ストーリー展開


展開的には、主人公の前に愛梨紗が現れた事をきっかけに、今までの退屈な日常からかけ離れた状況に巻き込まれていく事になる流れですね。

何故にそんな事になったのかは、学校の屋上で愛梨紗と出会う事から始まります。
そして、いきなり彼女の発言は、主人公の想像もしない内容だったのです。

何と主人公の精液を奪いに来たというトンデモ発言(汗)
当然、困惑する主人公ですが、何故か身体の自由が利かずに主人公は愛梨紗にされるがままとなり、まさかの童貞卒業となってしまいます(汗)
ある意味、逆凌辱的な展開になった訳ですが、主人公には少し出会った当初の印象よりも気になる存在に感じる様に。

まぁ、行動派ぶっ飛んでますが、美少女である彼女とあんな事になれば、気持ちも入るのも分かりますけどね(汗)

しかし、更に主人公を驚かせる光景が目の前に起きる事になります。
それは彼女の姿が一変した事。
どういう仕掛けか、目の前で光に包まれた愛梨紗の姿は、ゲームのコスプレかと思う様な長剣やコスチュームを着用した姿に変化したのです。

驚く主人公に彼女は、今回の件の事を記憶から消すと告げ、主人公の前から立ち去るのでした。


話は、これで終わるはずだったのですが、どっこい主人公の記憶は何故か消えていなかったのです。
主人公は愛梨紗を追って彼女を発見するも、そこには彼女ひとりではなく、もう一人…。
何と、愛梨紗は先ほどの長剣でもうひとりの少女と戦闘をしていたのです(汗)

劣勢だった愛梨紗のピンチに乱入した事で、相手は立ち去る事になったのですが、ここで主人公は愛梨紗から様々な話を聞く事になります。

ここで主人公に精液をねだったのかや、相手の少女の事など、様々な事を知る訳ですけども、普通に聞いたら頭おかしいと思われる内容ですが、彼女たちの戦いなどを目の当たりにした主人公は、それを信じる事になる訳ですね。

全部、説明すると長くなるのでザックリ言うと…。
愛梨紗は「戦姫」と呼ばれる一族の最後の存在であり、戦姫は人類の敵となる存在「邪の王」と戦ってきた経緯があります。
そして、戦姫はエナジーを吸収する事でパワーアップする事ができます。
それが、あの精液発言だった訳です(汗)

そんなエナジーは誰でもいいのではなく、主人公は特別な存在だという事。
対立してた相手は、「戯れの悪魔」という存在であり、まだ愛梨紗では勝てないので、エナジーを蓄えるためにHをするって訳ですね。
まぁ、ここら辺はお約束ですね(汗)

こうして、主人公は愛梨紗と一緒に行動を共にする様になり、Hをしていく流れですね。
気になるのは、あくまでもエナジーのためだけに関係を持とうとするのか否かで大分雰囲気が変わる訳ですけども、ちゃんと愛があるので大丈夫です♪

最初は、あんなぶっ飛んだ出会いでの行為でしたけども、主人公も愛梨紗も少しづつお互いを意識していくので、そんな違和感は感じないかと。
ってか、思ってた以上に愛梨紗がデレてたのが印象的でしたねぇ。
ピンチの際に助けに飛び出してきたのが、結構大きかったっぽいですな。

Hシーン


Hシーンは、愛梨紗、歌奈との行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、アナル舐め、パイズリなどがあります。

やはりエナジー云々な設定もあり、Hする必要があるので、行為は結構多いですかね。

興奮する方がエナジー吸収の効果も高まるらしく、愛梨紗は積極的に応じてくれますね。
台詞も結構はっきり隠語を口にしたりと、大胆な姿を見せてくれます♪
でも、それゆえにもっと恥じらいを持った方が主人公は好みなのかと不安になったりする辺りが可愛らしいですねぇ。

主人公は、どうもお尻好きな様で、そっち方面の描写も意外にありましたね。
愛梨紗のアナルを舐めたり、アナルセックスなどですね。
マニアックな要素では、アナルセックス後に放たれた精液が尻穴から下品な音を立てて出る描写もあります(汗)

終盤では、ふたり一緒の行為もありますね。
どちらも基本、積極的な肉食系なので、同時に相手するのは大変そうですな(汗)

挿絵


挿絵は「」さんが手がけています。
コミックやイラスト、同人活動などもされているみたいですね。

可愛らしく柔らかい絵柄が印象的ですね。
なので、作品とのイメージがちょっと違うかなと思ったんですけども、これはこれでアリですね。
当初は、もっと世界観や設定的にハードでかっつりした絵柄のが合うのかなと思ったけども、そこまで重い話、雰囲気ではなかったので。

歌奈も可愛らしいけども、やはりメインヒロインである愛梨紗が良いですね。
凛々しさと可愛らしさの塩梅が良い感じですね♪

しかし、ちょっと気になったのは愛梨紗の巨乳描写ですかね。
挿絵によっては、構図、アングルの効果もあってか、かなりデカく見えますね(汗)
それこそパイズリのシーンでは、かなり強調したものになっており、パッと見アンバランスさすら感じますな。
言葉を変えれば、迫力があるって事でもありますね。

歌奈では、フェラシーンの表情がお気に入りですね。
主人公の肉棒をしっかりと口内に収めているんですが、可愛らしさと良い意味での下品さ、いやらしさの塩梅がこれまた絶妙だったかなと。
あれ以上やると、見た目がエグくなるだろうし、これくらいが丁度いいかもしれませんね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、設定的にバトル要素があるので、結構期待していたのですけども、思ったよりもそうではなかったかな(汗)
まぁ、あくまでもバトル要素はオマケ程度のものですね。

あとみっく文庫の様なドンパチを期待するのは酷ですかね(汗)
序盤からかなり設定が多く、個人的に期待値が上がってただけに、そっち要素を期待してしまったんですけども、ラスボスが結構しょぼかったな(汗)

そういう点を除けば、中々楽しめる作品だとは思います。
もっとバトル以前に緊迫感が欲しかったかなとは思ったけども、この位のライトな感じが丁度いいのかもしれませんね。


ちなみに、今作の著者さんの「亜衣まい」さんはぷちぱら文庫、初ですかね?
新しい人が出てくるのは良い事だと思いますね。
来月も新刊を出される様で、今後も期待ですね♪

楽天はこちらからどうぞ
ぷちぱら文庫creative 029【1000円以上送料無料】初恋の戦姫と誘惑の小悪魔 世界を救うには俺...

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ