リアルドリーム文庫 混浴ハーレム生徒会 恋と選挙と温泉旅行と

混浴ハーレム生徒会~恋と選挙と温泉旅行と~(リアルドリーム文庫 107)
伊吹泰郎
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 4,107

3月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、学園の生徒会で副会長という立場にいます。
そんな生徒会のメンバーは、前生徒会長の提案から前生徒会の打ち上げ旅行に参加する事になります。
しかし、その最中で生徒会の女性陣からの告白を皮切りに、次々と迫られてしまう事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…

現生徒会長の「柚木 茜」(ゆずき あかね)
書記の「遠野 いずみ」(とおの)
前生徒会長の「桧山 冴子」(ひやま さえこ)がいます。

茜は、現生徒会長です。
勝ち気で負けず嫌いな性格の持ち主です。
凛とした雰囲気があります。
主人公を生徒会にスカウトした張本人でもあり、クラスメートです。

いずみは、書記兼会計を担当する後輩です。
主人公にいつも甘えたりからかったりと積極的な行動をしてくる、小悪魔的な所があります。

冴子は、前生徒会長だった先輩です。
朗らかな性格をしており、細かい所を気にしない面があります。
行動力がかなりあり、周りが想像できない行動をとる所があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公たち生徒会メンバーが、前生徒会長の冴子の発案で、生徒会の打ち上げ旅行に出かける事になる流れですね。

何故、主人公たち現生徒会メンバーが前生徒会の打ち上げ旅行に参加するのかと言うと、実は後輩であるいずみは違いますが、主人公と茜は前生徒会メンバーでもあったんですね。

ちなみに、茜が生徒副会長で主人公が書記でした。
それが生徒会長だった冴子が退いた事で、選挙自体は行われたものの、茜がそのまま副会長からスライドするかの様に、茜が生徒会長、主人公が副会長へと移行した形なのです。

なので、主人公たちも前生徒会のメンバーである事で打ち上げ旅行に参加する事になった訳ですね。

それだけならば、ただ楽しみな打ち上げ旅行な訳ですけども、その直前に主人公の身に問題が起こったのです。
それは、書記であるいずみからの、冗談ではない真剣な告白を受けてしまったから。
更にその状態で、彼女と関係を持ってしまったんですね。

その事自体は、特に問題ではないです。
ですが、問題なのは主人公は彼女からの告白まで、全く好意を持たれていると自覚が乏しかった事にあります。
それまでも甘えてきたりとアプローチはあったのですが、そういう娘だと思って逆に勘違いしない様にと思ってたくらいの鈍感さだった訳ですね(汗)

更に困った事に、主人公に好意を持っているのはいずみだけではなかった訳です。
その事を、いずみから聞かされた事で、主人公の悩みは増す事になってしまいます。
まぁ、いずみに甘えられていると、茜は不機嫌になったりでバレバレなんですけども、主人公は全く自覚ないと(汗)

こうして、旅行に来たものの、相手には告白され関係を持ってしまった後輩、そして自分を好きであると知ってしまった生徒会長が一緒である事で、とてもギクシャクしてしてしまう羽目になる訳で、とても旅行を楽しめる心境ではないですね(汗)

それなのに、更に冴子まで絡んできて主人公の取り巻く状況は大きく変化する事になる流れになっていきます。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、パイズリ、フェラ、アナルセックスなどがあります。
他には、ローションを使ったプレイなどもありますね。

いずみ⇒茜⇒冴子の順で個々にHをする事になり、終盤で3人一緒のハーレムプレイになる流れですね。
途中、いずみ&茜のふたりとの行為シーンもありましたけども。

個人的には、いずみのキャラクターが好みでしたねぇ。
後輩なんですけども、ちゃんと先輩である主人公に対する気持ちが言動に表れていると感じました。
小悪魔的って話もありましたけども、告白してからはいじらしさなどの方がより強く出てた印象がありましたね。

茜も序盤では、ツン態度で接する事になりますけども、旅行先で告白してからは、周りにごまかさずにかなり積極的になりましたね。
まぁ、元々ツンツンって感じではなかったですけどね、明らかに主人公に好意を持っているのはバレバレでしたし(汗)

基本的に主人公にベッタリな上記のふたりに対して、冴子はちょっと違うタイプでしたね。
彼女は、積極的に主人公に迫って、主人公と他の女性陣の反応を面白がっている節もありましたしね。
まぁ、たきつける役回りのキャラとも言えますね、その辺り。
旅行も彼女提案でしたし。

冴子だけ、経験者なので最初からかなり迫力のある行為が拝めますね。
他のヒロインは、未経験なので、どちらかと言うと主人公が主導権を取っている事が多いんですが、冴子との場合は逆転しますね。
まぁ、行為の中で所々彼女の性感帯を責めたてて、追い込む場面もあり、意地を見せますけどね。

終盤では、前述した様に3人一緒のハーレムプレイとなっています。
行為がエスカレートしていく中で、周りを気にせず、はしたなくもいやらしいな姿を見せてくれる女性陣は魅力的です♪

挿絵


挿絵は「猫丸」さんが手がけています。
同レーベルでは「放課後美術レッスン ヌードモデルは美姉と部長」や「散らされた純潔2」などがありますね。

前回、担当された放課後美術レッスン~でも書きましたが、それまでは凌辱的な作品の挿絵のイメージがあったので、やはり今作の様なハーレムものは新鮮に感じますね。

安定のむっちり感のある肉体美は魅力的ですね。
この年頃の女性の健康的な色気を感じさせてくれます。
また、この細すぎない身体つきが何とも言えない色気がありますねぇ。

まぁ、冴子などの胸はかなり発育良すぎな感はありますけども(汗)

しかし、今作の挿絵でちょっと気になったのは、顔の表情かな。
表紙絵はいつもの感じなんですけども、何か挿絵の表情が挿絵によっていつもと違った印象を受けましたね
気のせいですかね(汗)

挿絵数:5枚

総評


全体的には、ハーレムとタイトルにある通りでしたね。
温泉旅行がメインの展開なので、あまり生徒会色はないかなとは感じましたね、当初は。

でも、ラストの方で生徒会らしく?選挙をする展開があったので、少しはあったかな。
一応、選挙もタイトルに含まれていますしね。
大半が温泉旅行での展開なので、学園内での描写は控え目ですね、終盤学園内でも行為が行われていますけど。

ラストの展開は、あまりない感じで独特の余韻がありましたね。
でも、結局落ち着いた先は大体同じですけどもね(汗)

まぁ、生徒会は分かるとしても、温泉旅行の必要性はあまり感じなかったのが正直な所でしたね(汗)
旅先で開放的になった事で、ヒロインたちの行動も積極的になれたって側面も確かにあるとは思いますけどね。
それでも、若干理由付けとしては弱かった気はしますな(汗)

混浴ハーレム生徒会 恋と選挙と温泉旅行と 混浴ハーレム生徒会 恋と選挙と温泉旅行と

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
混浴ハーレム生徒会~恋と選挙と温泉旅行と~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ