二次元ドリーム文庫 トリプルお嬢様とお見合いしておねだり孕ませな件


2月発売の二次元ドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、学校の生徒会で会計を務めています。
そんな生徒会には、学園でもトップの存在感を放つ美少女3人も所属しています。
容姿だけではなく、家柄も凄いまさしくお嬢様な彼女たちに、主人公は憧れてはいるものの、能力のない自分には無理な存在だと悲観する主人公でしたが、何とそんな彼女たちと見合いをする事になるという展開です。


登場ヒロイン


登場するヒロインは…
寿々風 凛」(すずかぜ りん)
瑠璃宮 姫乃」(るりみや ひめの)
天ヶ瀬 さやか」(あまがせ)

凛は、主人公と同じく生徒会のメンバーで書記を担当しています。
主人公とは、幼なじみの関係です。
いつも元気なボクっ娘でもあり、活発な性格でボーイッシュな所があります。
家は、日本有数の総合グループであり、お嬢様という立場でもあります。

姫乃も、主人公と同じく生徒会のメンバーで副会長を担当しています。
仕事に厳しい性格できつい言葉も口にしますが、根は素直ないい子です。
彼女の家も、世界的な総合商社であるお嬢様でもあります。

さやかも、主人公と同じく生徒会のメンバーで生徒会長を担当しています。
おっとりとした物腰で生徒会をまとめています。
彼女も名家のお嬢様であり、華道をしているなど大和撫子らしい存在です。


ストーリー展開


展開的には、主人公は自身が所属する生徒会のメンバーに好意を持っていますが、何故か彼女たちと見合いをする事になる流れです。

見合いの話が出るまでは、主人公は3人に好意を抱いていますが、自分との差に諦めが入っている状態なんですね。
まぁ、生徒会の仕事ぶりでも、主人公はまともな仕事が出来ずに彼女たちの足を引っ張っている様な状態なので、余計引け目を感じているんですね。
加えて、3人は皆、お嬢様なので、増々立場がない訳ですね。

でも、主人公も実は家は結構なお金持ちなので、その点では不釣合いではないんですけどね。
とは言え、家が釣り合っても、それで彼女たちが惚れる訳ではないですから、結局主人公は可能性がないと思い込んでいる訳ですね。

そんな主人公に突如舞い込んで来た、見合い話。
しかし、その話を持ちかけてきたのは、主人公の父親、母親、祖父の3人だったんですね。
何と、3人はそれぞれ勝手に見合い話を持って来ており、それが凛、姫乃、さやかの3人だった訳です(汗)

こうして、主人公はそれぞれ3人と見合いをする事になるのですが、主人公は嫌々彼女たちが見合いする事になったと思い込んでいる辺りは、この手の主人公にありがちな自信の無さですね(汗)
ですが、そんな主人公の思いに反して、彼女たちの反応はかなり熱の入ったものであり、主人公に惚れているのがバレバレですね♪

結局の所、主人公の予想に反して全員満更ではない反応だった訳ですが、ここで問題なのが、なら誰を選ぶのかという事ですね。
更に、困った事にそれぞれ個別に見合いをしてたのですが、ここでそれぞれ全員が主人公と見合いをした事がバレてしまう事になって、状況は一気に動き出す事になってしまいます。

見合い相手がそれぞれ彼女たちだったのが分かった事で、3人に焦りが生まれる事になってしまったんですね。
やはりそこは女性同士、皆、主人公の事を好きだという事が分かっているだけに、主人公を奪われてしまうのではないかと思う訳です。
そこで考えた策は、主人公と関係を持って、主人公の子供を妊娠するというぶっ飛んだ作戦だったのです(汗)

まぁ、この策はあるヒロインが思い余って独断で事に及んだものなのですが、当然それが明るみになったら他のヒロインも…という事になるのはお約束ですね(汗)


気になったのは、主人公が序盤から中盤にかけて、かなり鈍感な所ですかね。
最初の見合いの段階でも、結婚を意識して各ヒロインが舞い上がっている様を見ても、これでは自分に気があるみたいとか思っているくらいですからねぇ(汗)
さすがに妊娠させてと、迫ってくる頃になれば、ようやく理解する訳ですけども、何ともじれったいですな(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキ、フェラ、アナル舐め(主人公に)などがあります。

正直、行為としてはバリエーションが少な目な印象がありますね。
これはストーリーの設定的に、彼女たちヒロインを孕ませるという目的があるので、中出しがメインとなっているからですね。

ちなみに言っておくと、孕ませるという目的なんですが、腹ボテ状態での行為などのシーンは一切ありませんので、期待しない様に(汗)
あくまでも口実といった目的付けの意味合いが強いですかね。

それぞれのキャラクターは中々魅力的ですね。
ボクっ娘の凛に、ツンデレの姫乃、おっとり系のさやかとバランスが取れていますね。
どのヒロインも可愛らしいので、確かに主人公がひとりを選べないのも分かりますな(汗)

かなり行為に積極的だったのが、さやかなのは意外でしたね。
普段はお淑やかで控え目な彼女ですが、思い込んだら結構行動派な所がありましたね。
見合いの頃から、想いが成就したと思ってニコニコと、舞い上がりっぷりはダントツ一番だったしなぁ(汗)

逆に普段引っ張っていく様な態度の姫乃は、かなり大人しかったというか、恥ずかしがっていますね。
この落差は、分かっていてもギャップにグラッときますね(汗)
行為中は、特に甘い言葉使いになったりとデレッデレな表情を見せてくれますので、愛らしかったです♪

ボクっ娘の凛も、普段は活発な服装が多いのですが、他の2人のライバルを意識した事で、女の子な格好にチャレンジしたりする姿もギャップがありますね。
でも、行為中でもいつもの様に主人公の事を愛称(アッキー)で呼ぶ辺りは、新鮮で可愛らしかったですね。

全員何かしらのギャップというか落差がありましたね、思えば。

全ヒロインともに、甘さがある行為中のやり取りは見所でもありますね。
ハートマークがより強調していますね。
まぁ、主人公側まで呂律が回らなくなるのは、いらないかなとは思いましたが(汗)
それだけ気持ちよさに惚けてしまったって事なんでしょうね。


挿絵


挿絵は「わつきるみ」さんが手がけています。
二次元ドリーム文庫では「ミルク温泉 イチャラブにゅ~よく合宿」が最近ありましたね。

可愛らしさが強調された絵柄で、3人のヒロインを魅力的に描いていますね。
今作では、特に年齢が近いヒロインが固まっているので、余計可愛さが増しているかな。

個人的には、ヒロインのニコニコとした笑顔が好きですね♪
あのニッコニコとした笑みは、見ててこちらもにやけてしまいますね。
どのヒロインも笑顔が反則ですな(汗)

透明感を感じる淡い色味も、いい塩梅だと思います。
線が薄いのってHはガツンとしたものが物足りない事もあるんですが、ただ淡いだけではないので、この雰囲気に合っているんじゃないかな。
ニュアンスとしては、エロいってよりも、ニヤニヤって感じですかね(汗)

挿絵数:14枚

総評


全体的には、まさしくタイトル通りの内容でしたね。
最近の作品は、その傾向が多いですね、そのまんまっていう(汗)

基本的にコミカルなハーレム展開なので、分かりやすく楽しめると思います。

まぁ、Hシーンの所でも書きましたが、孕ませた状態での行為などは一切ないので、そこに期待するとガッカリですかね(汗)
そこに至る過程を楽しむって構成なので、中出しで我慢って事で(汗)

トリプルお嬢様とお見合いしておねだり孕ませな件 トリプルお嬢様とお見合いしておねだり孕ませな件

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】トリプルお嬢様とお見合いしておねだり孕ませな件 [ 筆祭 競介 ]

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
トリプルお嬢様とお見合いしておねだり孕ませな件

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事