二次元ドリーム文庫 なりきりプリンセス

なりきりプリンセス (二次元ドリーム文庫)
神楽 陽子
キルタイムコミュニケーション

二次元ドリーム文庫の初期の頃の作品なので、大分古いですがレビュー(汗)

主人公兼ヒロインの「アリア」は、街の風俗店で働いています。
そんな彼女は、ある理由もあって店の人気を集める存在でもあります。
その理由とは、実は彼女はオルティッツ公国の王女「ミシェラ=シャルルドゴール」と瓜二つの容姿をしていたのです。

そんなアリアの元に、何と王女ミシェラが訪ねて来る事に。
何と彼女は、アリアを自分の身代わりとして王女になれと迫る事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、アリアとミシェラのふたりです。

アリアは、街の風俗店で働く性奴です。
そんな状況を極々当たり前の事と考えています。
性奴としての生き方しか知らないので、常識に疎い所があります。

ミシェラは、オルティッツ公国の王女です。
父親である国王に甘やかされて育てられた事もあり、かなりのワガママです。
今回も自身のワガママのために、アリアを身代わりとして仕立てようと画策する事になります。

ストーリー展開


展開的には、アリアが王女のミシェラそっくりの外見である事で、ミシェラの代わりに王女になる事になってしまう流れです。
かなりミシェラのワガママが過ぎますねぇ、理由もしょうもないし(汗)

そんな彼女のそっくりさんであるアリアが、これまた性奴であったってのは何とも皮肉と言うか…。
性奴とは、主人や客の性的な欲求を満たすための女奴隷を意味します。

この国では、昔から奴隷制度が根付いている土地なんですね。
そのため、性奴も国の制限こそあるものの、殆ど黙認状態であり、女性たちですらも、その状況を普通に受け入れている程です。
なので、この国では風俗店が大量に存在している訳ですが、その中でもアリアの存在は別格となっています。

そりゃ、この国の王女であるミシェラと瓜二つの容姿な訳ですからねぇ。
そんな彼女とHな行為が出来、更に性奴な訳ですから、彼女に命令しても何ら問題ないですし、やりたい放題ですもんね。

それに加え、アリアは性奴として出来た存在である事も大きいですね。
彼女は、物心ついた時から身寄りがなく、性奴としての生き方しか知らない訳です。
なので、性奴での常識が彼女の常識の全てとも言えるので、それを苦しいなどとは考える事はないんですね。

そんな彼女を見た目だけで王女の代わりをさせるのは、さすがにマズイので勿論出来るだけの王族としてのマナーなどを教え込む事にはなります。

そして、いざ入れ替わる事になった訳ですが、多少ボロを見せる事はあったものの、意外にうまくいく事に。
というか、むしろアリアの王女の方が周りからの評価が高くなるというまさかの展開になる辺り、よほどミシェラの態度は酷かったんだなと感じさせますなぁ(汗)

これだけならば、何も問題はないかと思われたのですが、アリアは性奴の考えで物事を考えるゆえに、その後城内をかき回す事になります(汗)
ぶっちゃけて言えば、Hの事ですね。
彼女にとって、優れた女性=上手に男を愉しませる存在であり、一国の王女であるミシェラともなれば、性奴など目ではないくらいのHであるという誤った考えを持っている訳です(汗)

なので、彼女はミシェラとして男性陣にHな行為をしなければならないと、行動を起こす事になり、騎士たちに迫るという流れになっていく訳です。

Hシーン


Hシーンは、アリア、ミシェラの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。

中盤くらいまでは、ミシェラがお忍びで出かけていったので、当然アリアばかりが目立ちますね。
彼女は、性奴なのでやはりHには積極的ですので、ノリノリですね。
王女のミシェラになりきって、城内の男を誘惑する姿は普段のポヤーンとした姿とはまた違って見えます。
ミシェラの様な高貴さは少ないものの、彼女にない艶気は分がありますね。

対してミシェラは、ワガママな王女様とは言え、そこはやはり王族。
勿論、未経験なのでアリアとのギャップがありますね。
やはり、未経験ゆえに恥じらいがあるのも、普段のワガママっぷりの目立つ彼女なだけに、初々しい態度は可愛らしく感じますねぇ。

終盤では色々な事情により、乱交状態みたいになってたりもします(汗)
挿絵だけ見ると、ある意味凌辱されているかの様ですが、別にそういうしんどい状況ではないので大丈夫かと思います(汗)

やはり個人的には、ミシェラよりも最初から出番があるアリアの方が印象に残りますねぇ。
もう少し、その頃ミシェラは~みたいな視点切り替えなりが少しでも要所要所であれば、もっと彼女に対する愛着も増したのかなとは思いましたけどね。

挿絵


挿絵は「ミヤスリサ」さんが手がけています。

最近の絵柄に比べると、若干ほっそりしている様な気もするかな?
私のイメージだと、もう少しふっくらしている感じなんですよね。
でも、ヒロインの愛らしい表情は変わりませんね♪

ふたりのヒロインなんですが、そっくり設定なので、実質ひとりみたいになっているのは残念ではありますね(汗)
でも、やはり表情は似ているんですが、何となく雰囲気などでどっちがどっちか分かるかな?

総評


全体的には、男主人公ではなく、女性ヒロインが主人公という最近では珍しい作りでしたね。
最近だと二次元ドリームノベルズくらいだしなぁ(汗)

まぁ、今作は別にノベルズみたく凌辱がある訳ではないですので、ご安心を。
乱交気味な展開はありますけども、別に嫌々って感じではないですし、明るい雰囲気の作風なので、楽しめる作品だと思います。


楽天はこちらからどうぞ
なりきりプリンセス

残念な事に古い作品なんで電子書籍あるかと思ったんですが、DMMにはないんですな(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事