ぷちぱら文庫 はじめてどうし2


12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、極々平凡な男子生徒。
しかし、そんな主人公ですが最近付き合い始めた彼女「柳原 藍」(やなぎはら あい)がいます。
とは言え、まだ付き合いだして3ヶ月になりますが、藍の大人しい性格ゆえに中々イチャイチャ恋人らしい展開にはなっていません。
何か、関係を進展させるきっかけはないものかと思い悩む主人公でしたが、それは思わぬ形で現れる事になるという展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは、藍のみです。

藍は、主人公のクラスメートであり、恋人でもあります。
真面目で大人しく口数があまり多くないので、あまりクラスでは目立つ存在ではないです。
主人公の事を以前から好意を持っていて、彼女の方から告白してきて今に至ります。
はじめてどうし2

ストーリー展開


展開的には、藍と付き合いだしてはいるものの、未だに清い交際止まりな事に男子として悶々とする主人公でしたが、思わぬ形できっかけが起こる事になる流れですね。

まぁ、主人公の悶々とした気持ちも分かるんですけどね(汗)
付き合って3ヶ月、手を繋いだり、軽いキスはするものの、そこから先はまだ進んでいないんですね、ふたりは。
主人公としては、もう少し関係を進展させたい気持ちがある一方で、藍に対して積極的に行ってもいいのだろうかという悩みがある訳です。

そんな中、主人公は話の流れで初めて藍の自宅に上がる事になります。
両親もいないと彼女の発言にいよいよ進展が!?と緊張する主人公は、ある事がきっかけとなり、一気に初Hまで進展します♪

無事に主人公たちは初Hを経験した事で、主人公と藍はどんどんHにハマっていく事になる流れですね。
とは言え、一気に凄い行為をし出す訳ではないんですけどね、あくまでも彼らの中で、ですし(汗)

ぶっちゃけ、それからは基本Hなので、あまりストーリーはないんですよね(汗)
勿論、他の生徒には秘密の学園生活の描写もあるんですけども、特に特筆すべき展開はないかな。
あくまでも、藍とのイチャラブを活かす程度の味付けかなって感じですね、ニヤニヤしますけども(汗)

Hシーン


Hシーンは、藍との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。

ドンドン過激になるって感じではないので、アナルセックスとかの濃い展開はないですが、ラブラブ感の強さはありますね。
まぁ、マニアックな行為を期待してた人には物足りないかもしれませんけどね(汗)

何と言うか、ドンドンHな行為になっていく一方で、普段のふたりの感じって初々しさがあるんですよねぇ。
それがまた何とも言えないギャップでもあり、ニヤニヤしてしまいますね。
個人的には、お互いの呼び方をそれまでのと変えてみて、名前を呼び合って「ん?」「呼んでみただけ」みたいな、やり取りなんかは読んでて気恥ずかしくなりますね(汗)

藍のキャラクターも可愛らしいですね♪
大人しい控え目な性格なんですけども、彼女なりに積極的にしようという感じは伝わってくるのが良いんですよね。
付き合って時間が経つと、少しづつ彼女の新たな面も見えてきますね。

特に意味はないんだろうけども、この時の藍がテンション高かった事もあり、主人公に甘えたくなって「きゅ~っ」って謎の声を出して身体を摺り寄せてきたのはビックリでした(汗)
まぁ、可愛らしくは感じますけどね、現実だと微妙でしょうが(汗)

最初は恥ずかしがって口にもできなかった隠語も、行為を重ねる様になると恥じらいつつも口にしてくれる様になるのはHですね。
恥じらいつつってのが大事なんですよね、あっけらかんと言われては冷めちゃいますしね(汗)

でも、前作のはじめてどうしを考えると、行為の過激さは幾分低くなっている感じはありますけどね。
前作は若干ですけども、SMチックな要素もありましたし。

挿絵


挿絵は原作版の画像を使用していますので、クオリティーの問題はないですね。
前作にあたる「はじめてどうし」と同じ「熊虎たつみ」さんですね、原画は。

やはり藍のデザインは、可愛らしさがあっていいですね♪
ちゃんと作られているんだなって感じたのは、別の容姿が用意されている点ですかね。

特に一部シーンでは、普段コンタクトらしいのですが、この時はメガネを着用しているんですね。
普段も賢そうな藍ですけども、やはりメガネがあると一気に知的で大人びて見えますねぇ♪
この状態でのHシーンもあり、中々見所なシーンではないでしょうか。
はじめてどうし2 はじめてどうし2

総評


全体的には、ひたすらイチャイチャ藍との恋人生活を体験するって展開でしたね。
なので、一切波乱らしい波乱は存在せず、藍との甘い生活を堪能するという事を重視した作りです。

あ、今更ですけども、今作は「2」と銘打たれていますが、前作の「はじめてどうし」とはコンセプトが同じであるだけであり、キャラクターなどの繋がりはありませんので、今作からでも楽しめる様になっていますので、ここからでも大丈夫です。
逆に、2から前作って流れもアリですね。

楽天はこちらからどうぞ
 はじめてどうし 2 (ぷちぱら文庫) (文庫) / ディーゼルマイン/原作 島津出水/著

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
はじめてどうし2~HAPPY・バカップル~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ